• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ロック画面・ホーム画面のカスタマイズ方法:壁紙・フォント変更・ウィジェット設定

ロック画面では、背景画像を変更するだけでなく、時刻表示のフォントを変更したり、ウィジェットを配置して、より多くの情報をアンロックすることなく確認できます。 また、ロック画面と壁紙のセットを複数準備しておいて、いつでも切り替えることができます(iOS16以降)。
ここでは パスコードロック 時のロック画面とホーム画面の壁紙の変更方法を解説します。
なお、ロック画面のカスタマイズができるのはiOS16以降にアップデートしたiPhoneシリーズのみです。 iPadシリーズでは 壁紙の変更 のみが可能です。

ウィジェットとは

ウィジェット(Widget)とは“小さな部品・機器”といった意味で、ホーム画面などに置くことができるアプリの通知画面です。 気になるアプリからの情報をいつも目に留まるところに置いておくことができます。
ウィジェットは、ロック画面のほかに、 ホーム画面 「今日」の情報画面 にも置くことができます。

ロック画面・壁紙のカスタマイズ開始方法

ロック画面・壁紙のカスタマイズを開始する方法は2つあります。 一つはロック画面を長押しする方法、もう一つは 設定(設定)-壁紙(壁紙)メニューから行う方法です。 どちらもカスタマイズの操作手順は同じです。

設定画面からカスタマイズを開始する

ここでは 設定(設定)-壁紙(壁紙)メニューから ロック画面・壁紙のカスタマイズを開始する方法を説明します。
iPhone 設定(設定)-壁紙(壁紙)画面を開きます。
iPhone すると、このような画面になります。 ロック画面、ホーム画面の下に表示されている「カスタマイズ」をタップすると、現在表示中のロック画面・ホーム画面の壁紙をカスタマイズできます。
「新しい壁紙を追加」をタップすると、新しい壁紙を追加してカスタマイズできます。
iPhone 上の画面で「新しい壁紙を追加」をタップすると、このような画面になります。 ロック画面とホーム画面の壁紙に使用したい画像を選択します。
この画面の上部には、丸いアイコンで 「 写真」 「 ピープル」 「 写真シャッフル」 「 絵文字」 「 天気」 「 アストロノミー」 「 カラー」 という7つのカテゴリが表示されています。 各アイコンをタップすると、カテゴリーに従った壁紙を選択できます。
あるいはこの画面をスクロールすると、「おすすめ」「提案された写真」「写真シャッフル」など、iPhoneが提案するいくつかの壁紙が表示されます。 このなかから選ぶのも簡単です。
iPhone 好みの壁紙を選ぶと、このような画面になります。 ロック画面のカスタマイズができます。
画面左上の「キャンセル」をタップすると、カスタマイズを中止することができます。
この画面では ロック画面の壁紙のカスタマイズ 時刻表示のカスタマイズ ウィジェットのカスタマイズ ができます。
カスタマイズが完了したら、画面右上の「追加」をタップします。
iPhone すると、このような画面になります。 「壁紙を両方に設定」をタップすると、このプレビュー画面で見えている壁紙が、ロック画面とホーム画面に設定されます。 「ホーム画面をカスタマイズ」をタップすると、さらに ホーム画面の壁紙のカスタマイズ ができます。

ロック画面からカスタマイズを開始する

ここでは ロック画面を長押しして、 ロック画面・壁紙のカスタマイズを開始する方法を説明します。
iPhone iPhoneを使用中の時は、ホーム画面を上端から下に向かってスワイプし、通知画面(ロック画面)を開きます。 そしてそれを長押しします。
iPhoneがロック中の時は、それを長押しします。
iPhone すると、このような画面になります。
この画面を左右にフリックすると、すでに作成済みのロック画面・壁紙を閲覧することができます。 タップすると、そのロック画面・壁紙に切り替えられます。
画面中央下の「カスタマイズ」をタップすると、表示中のロック画面・壁紙をカスタマイズできます。
画面右下の「+」をタップすると、新しい壁紙を追加してカスタマイズできます。
集中モードとリンクする
iPhone 上の画面で をタップすると、このような画面になります。 このロック画面に対して、 集中モード を紐づけることができます。
ロック画面と集中モードを紐づけると、以降このロック画面に切り替えたときに、リンクされた集中モードがオンになります。
iPhone いちばん右までフリックすると、このような画面が現れます。 これをタップしても、新しい壁紙を追加してカスタマイズできます。
iPhone 上の画面で「+」をタップすると、このような画面になります。 ロック画面とホーム画面の壁紙に使用したい画像を選択します。
この画面の上部には、丸いアイコンで 「 写真」 「 ピープル」 「 写真シャッフル」 「 絵文字」 「 天気」 「 アストロノミー」 「 カラー」 という7つのカテゴリが表示されています。 各アイコンをタップすると、カテゴリーに従った壁紙を選択できます。
画面をスクロールすると、iPhoneが提案するいくつかの壁紙が表示されます。 このなかから選ぶのも簡単です。
iPhone 好みの壁紙を選ぶと、このような画面になります。 ロック画面のカスタマイズができます。
画面左上の「キャンセル」をタップすると、カスタマイズを中止することができます。
この画面では ロック画面の壁紙のカスタマイズ 時刻表示のカスタマイズ ウィジェットのカスタマイズ ができます。
カスタマイズが完了したら、画面右上の「追加」をタップします。
iPhone すると、このような画面になります。 「壁紙を両方に設定」をタップすると、このプレビュー画面で見えている壁紙が、ロック画面とホーム画面に設定されます。 「ホーム画面をカスタマイズ」をタップすると、さらに ホーム画面の壁紙のカスタマイズ ができます。

作成したロック画面・壁紙を切り替える

iPhone 作成したロック画面・壁紙を、好きな時に切り替えることができます。 ロック画面を長押しすると、このような画面になります。
この画面を左右にフリックすると、すでに作成済みのロック画面・壁紙を閲覧することができます。 そしてタップすると、そのロック画面・壁紙に切り替えられます。

作成したロック画面・壁紙を削除する

iPhone 作成したロック画面・壁紙を削除することができます。 ロック画面を長押しして、ロック画面の編集モードに入ります。 そして表示中のロック画面・壁紙を上に向かってスワイプすると、削除ボタンが現れます。 それをタップすると削除できます。

ロック画面の壁紙のカスタマイズ方法

iPhone 設定(設定)-壁紙(壁紙)画面を開き、 「新しい壁紙を追加」をタップします。
あるいはロック画面を長押しして「+」をタップします。
すると、このような画面になります。 ロック画面とホーム画面の壁紙に使用したい画像を選択します。
この下で、7つのカテゴリ 「 写真」 「 ピープル」 「 写真シャッフル」 「 絵文字」 「 天気」 「 アストロノミー」 「 カラー」 の詳細な設定方法を説明します。

写真/ピープル

iPhone 写真」または「ピープル」を選ぶと、このような画面になります。 写真(写真)アプリ に格納している写真から、壁紙用の画像を1枚選択することができます。 Live Photos を指定すれば、長押しでアニメーションする壁紙も作れます。
最初は「おすすめ」の写真が表示されています。 画面上部に並ぶボタンから、特定のアルバムの中を探したり、「ピープル」「自然」「都市」などのテーマに沿った写真から探すこともできます。
iPhone 好みの写真を選ぶと、このような画面になります。
画面をピンチオープン/ピンチクローズすると、写真を拡大・縮小することができます。
画面を二本指でドラッグすると、写真の位置を変更することができます。
画面を左右にドラッグすると、フィルターを適用することができます。
画面左下のアイコンをタップすると、上の画面に戻ります。写真を選びなおすことができます。
画面右下のアイコンをタップすると「被写界深度エフェクト」(下記)のオン/オフが指定できます。
被写界深度エフェクト
iPhone 「被写界深度エフェクト」とは、写真の「前景」と「背景」を判断して、その一部(前景)が時計表示を隠すことで、画面に奥行きがあるように錯覚させる機能です。 ただし、選択した写真、または時計表示のフォントによっては、これが指定できない場合があります。

写真シャッフル

iPhone 写真シャッフル」を選ぶと、このような画面になります。 写真(写真)アプリ に格納している写真から複数の画像を選択し、自動的に切り替えるロック画面や壁紙を作ることができます。
画面中央部には、壁紙として使用する写真のカテゴリ一覧が表示されています。 タップしてチェックを外すと、そのカテゴリの写真は表示されなくなります。
「シャッフルの頻度」をタップすると、写真を切り替えるタイミングを指定することができます。 「毎日」「1時間ごと」「ロック時」「タップ時」から選べます。
「おすすめの写真を使用」をタップすると、デバイスが自動で選択したおすすめ写真が壁紙として使用されます。
「写真を手動で選択」をタップすると、シャッフルする写真を自分で選ぶことができます。
iPhone 設定を終えるとこのような画面になります。
画面をタップするたびに、選択した写真を切り替えることができます。
画面を左右にドラッグすると、フィルターを適用することができます。 「自然光」「白黒」「デュオトーン(2色カラー)」「カラーウォッシュ(1色カラー)」から選べます。
画面左下のアイコンをタップすると、上の画面に戻ります。カテゴリを選びなおすことができます。
画面右下のアイコンをタップするとシャッフルの頻度を選びなおすことができます。

絵文字

iPhone 絵文字」を選ぶと、このような画面になります。 壁紙に絵文字を並べることができます。
iPhone 絵文字を選択するとこのような画面になります。
画面を左右にドラッグすると、絵文字の並び方を変更することができます。
画面左下のアイコンをタップすると、上の画面に戻ります。絵文字を選びなおすことができます。
画面右下のアイコンをタップすると背景の色を変更することができます。

天気

iPhone 天気」を選ぶと、このような画面になります。 壁紙として (天気)アプリ に登録している「現在地」の天気を示すアニメーションを表示することができます。

アストロノミー

iPhone アストロノミー」を選ぶと、このような画面になります。 壁紙として、地球や月、太陽系を表示することができます。 画面を左右にフリックすると、画像が変更できます。
地球を選ぶと、あなたの現在位置に緑色のマークが表示されます。
月を選ぶと、現在の月齢に応じた満ち欠けが表示されます。
太陽系を選ぶと、現在の太陽と惑星の位置が表示されます。

カラー

iPhone カラー」を選ぶと、このような画面になります。 壁紙として、好きな色で塗りつぶした画像を使うことができます。 ここで画面左上のボタンをタップすると...
iPhone このような画面になります。 思い通りの色を設定することができます。
「グリッド」「スペクトラム」「スライダ」をタップすると、色の選択方法を変更することができます。
「+」をタップすると、現在の色をパレットに記憶することができます。 またパレットに保存した色を長押しすると、それを削除することができます。
iPhone 色の選択を終えるとこのような画面になります。
画面を左右にドラッグすると、カラーパターンを変更することができます。
画面左下のアイコンをタップすると、色を選びなおすことができます。

ホーム画面の壁紙のカスタマイズ方法

iPhone ホーム画面の壁紙をカスタマイズするには 設定(設定)-壁紙(壁紙)画面を開きます。 そしてホーム画面の「カスタマイズ」をタップします。
iPhone あるいはロック画面を長押ししてカスタマイズを開始する時に 「ホーム画面」をタップします。
iPhone あるいはロック画面のカスタマイズ終了時に 「ホーム画面をカスタマイズ」をタップします。
iPhone すると、このような画面になります。 画面の下部には「オリジナル」「カラーグラデーション(2種)」「写真」「ぼかし」の5つのボタンが並んでいます。
オリジナルをタップすると、ロック画面で使用している画像がホーム画面にも使用されます。
カラーグラデーションをタップすると、好きな色でホーム画面を塗りつぶすことができます。 左の「カラーグラデーション」ボタンは単色のグラデーション、右の「カラーグラデーション」ボタンは2色のグラデーションで塗りつぶせます。
写真をタップすると、 写真(写真)アプリ に格納している写真から画像を選択することができます。
ぼかしをタップすると、壁紙にぼかしを加えるか否かが選択できます。 ただし「ぼかし」が指定できるのは、壁紙に「オリジナル」または「写真」を選択した場合だけです。
設定が完了したら、画面右上の「完了」をタップすると、カスタマイズを終了します。
iPhone 「カラーグラデーション」を選択したうえで、再度そのボタンをタップすると、このような画面になります。 グラデーションに使用する色が選択できます。 ここで画面左上のボタンをタップすると...
iPhone このような画面になります。 思い通りの色を設定することができます。
「グリッド」「スペクトラム」「スライダ」をタップすると、色の選択方法を変更することができます。
「+」をタップすると、現在の色をパレットに記憶することができます。 またパレットに保存した色を長押しすると、それを削除することができます。

時刻表示のカスタマイズ方法

iPhone 時刻表示をカスタマイズするには、ロック画面のカスタマイズ画面で、時刻表示をタップします。
iPhone すると、このような画面になります。 フォントは8種類から選べます。 また、フォントの下には、選択した壁紙に合ったカラーパレットが表示されます。 好みの文字色が選べます。
iPhone 上の画面でフォント一覧の左上にある をタップすると、このような画面になります。 数字の言語を変更することが可能です。
iPhone カラーパレットの右端にはこのようなアイコンが表示されています。 これをタップすると...
iPhone このような画面になります。 思い通りの色を設定することができます。
「グリッド」「スペクトラム」「スライダ」をタップすると、色の選択方法を変更することができます。
「+」をタップすると、現在の色をパレットに記憶することができます。 またパレットに保存した色を長押しすると、それを削除することができます。

ウィジェットのカスタマイズ方法

iPhone ウィジェットは、時計表示の上に1個、下に最大4個、合計最大5個を設置することができます。 ウィジェットをカスタマイズするには、ロック画面のカスタマイズ画面で、ウィジェットを置きたい場所をタップします。
iPhone 時計表示の上のウィジェットをタップすると、このような画面になります。 設定可能なウィジェットの一覧が表示されます。 いずれかをタップすると、ウィジェットがセットされます。 ウィジェット一覧の右上にある「×」をタップすると、ウィジェットの編集を終了します。
iPhone 時計表示の下のウィジェットをタップすると、このような画面になります。 ここに設置可能なウィジェットには3種類の大きさがあります。
新しいウィジェットを設置するには、事前に をタップして、既存のウィジェットを削除して、場所を空けておく必要があります。
なお、設置済みのウィジェットは、左右にドラッグすると、その表示位置を変更することができます。
iPhone ウィジェット一覧をスクロールすると、このような画面になります。 ウィジェットを提供しているアプリの一覧が表示されます。 いずれかのアプリ名をタップすると...
iPhone そのアプリが提供するウィジェットが表示されます。 多くのウィジェットを提供するアプリの場合は、この画面を左右にフリックすると、別のウィジェットを選択することができます。

ロック画面と壁紙を自動的に切り替える

(ショートカット) アプリまたは (集中モード) のスケジュール機能を使うと、時間や場所など様々な条件に従って、iPad/iPhoneのロック画面と壁紙を自動的に切り替えることも可能です。 詳しくは下記をご覧ください。