• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneで写真を編集・加工する:マークアップの使い方

ここではiPhoneの写真アプリで、写真を編集・加工する方法を解説します。

写真の簡易編集

(写真)の中から任意の写真を選び、 画面右上にある「編集」(iOS11以降)または をタップすると、写真の簡易編集を行うことができます(iOS5以降)。 ただしカメラを搭載していないモデルには簡易編集の機能はありません。
iPhone これが「編集」画面です。 一番下にならぶアイコンで機能を選択すると、その上に詳細機能のメニューがアイコンで表示されます。
でLivePhotoのON(動画付き)/OFF(動画無し)を切り替えることができます(iOS9以降)。 LivePhotoをONにすると、キーフレームを変更したり、トリミングすることができます。 これについては Live Photosを編集・エフェクトをかける/アニメーションGIF形式に変換する をご覧ください。
で写真の各種パラメーターが調整できます。(iOS8以降)。
でフィルタ効果が設定ができます。(iOS7以降)。
でトリミング(部分切り取り)と回転ができます(iOS8以降)。
右下に表示される をタップすると、編集結果がコピー保存されます。元の写真はそのまま残されます。
をタップすると簡易編集をキャンセルします。
なお、iOS7以前にあった赤目補正は、iOS8以降なくなりました。

パラメーターの調整

をタップすると写真の各種パラメーターが調整できます(iOS8以降)。 露出/ブリリアンス/ハイライト/シャドウ/コントラスト/明るさ/ブラックポイント/彩度/自然な彩度/温かみ/色合い/シャープネス/精細度/ノイズ除去/ビネット と非常に多くのパラメータが調整できます。
自動画質補正
iPhone をタップするたびに自動画質補正がオン/オフされます。 明度や彩度、コントラストやシャープネスなどのパラメータが自動補正されます。 ただし、明るいところで撮影した、もともと美しく撮れている写真では、あまり効果はわかりません。
逆光や暗いところで撮影したなど、いまいちの撮影条件で撮影した写真の場合に試してみると良いと思います。
その他多くのパラメータがありますが、まずは効果の分かりやすい 露出/コントラスト/明るさ/彩度 あたりを試してみると良いと思います。

フィルタ

iPhone をタップするとこのような画面になります。 (iOS7以降)
画面下部に各フィルタのサンプル写真が並びます。 いろいろなテーマに従って、色調などが変更されます。 左右にフリックして、任意のサンプル写真をタップすると、そのフィルタが適用されます。

トリミングと回転

iPhone をタップするとトリミング(部分切り取り)と回転ができます(iOS8以降)。
写真を1本指でドラックすると、写真の位置を移動できます。
写真を2本指でピンチオープン/ピンチクローズすると、拡大・縮小できます。
写真の四隅の「カギかっこ」マークをドラックすると、画面に格子状の線が表示され、トリミングする選択範囲を変更できます。
で、傾き補正ができます。
で、上下方向の台形補正ができます。
で、左右方向の台形補正ができます。
で、90度ずつ右回転できます。
で、左右反転できます。
iPhone をタップすると、このようなメニューが表示されます。 選択範囲の縦横比を変更することができます。スクエア(正方形)など、狙った縦横比で一発選択したいときに便利です。
フレームの外側の撮影内容を使用する
iPhone トリミング画面で をタップするとこのような画面になります(iOS10以降)。 iPhone 11以降の超広角レンズ搭載機では 「フレームの外側の撮影内容を使用」メニューが選べます。 これをタップすると、選択した写真を撮影したときに、同時に超広角レンズで撮影した写真を呼び出します。
ただし、この機能を使うには撮影時に 設定(設定)-(カメラ) -[構図]-[写真のフレームの外側を含めて撮影]/[ビデオのフレームの外側を含めて撮影]を タッチパネル:ON(オン) にしておく必要があります。 また、フレーム外の映像は、30日後に自動的に削除されます。 このため、この操作は撮影後30日間だけ有効です。

写真に文字や絵を書き込む:マークアップの使い方

iOS10から「マークアップ」という、写真に文字や絵を書き込めるツールが搭載されました。
iPhone をタップするとこのような画面になります(iOS10以降)。 ここから「マークアップ」を選びます。
iPhone 「マークアップ」ツールを起動するとこのような画面になります(iOS10以降)。
画面下に並ぶペンやマーカーを選択し、写真を指でなぞると、手書きイラストが描けます。 消しゴムペンや、透明ペン、直線が引ける「ものさし」も使えます。
で「テキストボックス」が置かれ、テキストが書き込めます。 「テキストボックス」のへりにある青色の点をドラッグすると「テキストボックス」の大きさが変更できます。 「テキストボックス」はいくつも置くことができます。 色の選択、3種のフォント、文字の拡大縮小、文字の右寄せ・センタリング・左寄せの指定が可能です。
で手書き文字の「署名」が描けます。 一度描いた「署名」は記憶されます。ほかの写真にも貼り付けることができます。
で「拡大鏡」が置けます。 「拡大鏡」の位置は自由に変更できます。 「拡大鏡」のへりにある緑色の点をドラックすると拡大率が変更できます。青色の点をドラッグすると「拡大鏡」の大きさが変更できます。 「拡大鏡」はいくつも置くことができます。
四角、円、吹き出し、矢印などの図形も書き込み可能です。
で直前の操作が取り消せます。 タップするたびにどんどん過去に戻すことができます。
「完了」をタップすると、変更結果をがコピー保存されます。元の写真はそのまま残されます。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい