• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

写真アプリの基本:ライブラリを見る

ここではiPhoneの写真アプリで、写真アプリの基本:ライブラリを見る方法を解説します。

写真のクイックアクション

iPhone アイコンを長押しするか、または 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus(2015年)~iPhone XS / XS Max(2018年)、ただしSE, XRを除く)では、 アイコンを強く押すと、図のようにクイックアクションを呼び出せます。 最新アルバム、お気に入りアルバム、検索、 の3つの機能に直接アクセスできます。
また「ホーム画面を編集」をタップすると、 ホーム画面の編集・アイコンの並べ替え ができます(iOS13以降)。

日別の表示:メモリームービーを見る

(写真)のメニューから (ライブラリ)を選びます。 ここには、iPod/iPad/iPhoneで撮影したすべての写真が、撮影日時、場所別に自動分類されています。
ただしiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真でない場合(パソコンから取り込んだ写真など)は、撮影日時が正しくならない場合があります。
iPad iPhone 最初の画面は「日別」表示です。 上下にフリックすると、すべての写真を閲覧できます。
なお、写真に撮影位置情報を書き込むには、撮影前に「位置情報サービス」を「オン」にしておく必要があります。 詳しくは 写真やアプリに撮影場所(位置情報)を渡す/削除する/精度を調整する をご覧下さい。
iPad iPadの場合は、画面左上の「<写真」をタップすると、このようにメニューが表示されます(iOS14以降)。 写真をより簡単に検索できます。
iPad iPhone 画面右上の「選択」をタップすると、このように写真の選択モードになります。 1枚もしくは複数の写真をタップして選択したうえで
をタップすると、それらの写真を削除します。
(共有)をタップすると、 その写真をメールで送ったり、印刷したり、各種操作ができます。 詳しくは 写真を共有する をご覧下さい。
iPad iPhone 画面右上の をタップすると、このようなメニューが表示されます。
「マップを表示」をタップすると、写真の撮影場所が地図上で表示されます。 そして「メモリームービーを再生」をタップすると・・・
iPad iPhone 自動的に写真からショートムービが作成されて再生されます。
再生画面をタップすると、ムービーの編集画面になります。 作成されるムービーの長さは「短編/中編/長編」から選択します。 その上の部分を左右にスライドすると、BGMを変更できます。 (共有)をタップすると、 完成したショートムービを保存したり、メールで送ったりできます。

月別/年別の表示

iPad iPhone 画面の「月別」をタップすると、このように月別の分類となります。 上下にフリックすると、別の月を見ることができます。
同様に「年別」をタップすると撮影年別の分類となります。 上下にフリックすると、別の年を見ることができます。
iPad iPhone 「月別」画面でも をタップすると、このようなメニューが表示されます。 「日別」同様、ショートムービを作成したり、撮影場所を表示できます。
「年別」の画面にはこの機能はありません。

すべての写真:表示方法の変更、フィルタで分類

iPad iPhone 画面の「すべての写真」をタップすると、このようにすべての写真がサムネイル(縮小)画像で並びます。 上下にフリックすると、過去の写真を見ることができます。
画面右上の「選択」をタップすると、「日別」同様写真の選択モードになります。 複数の写真を選択して、まとめて削除したり (共有)で メールで送ったり、印刷したり、各種操作ができます。
iPad iPhone 「すべての写真」画面で をタップすると、このようなメニューが表示されます。 写真の表示方法が変更できます。
「拡大」「縮小」をタップすると、一覧のサムネイルのサイズが変化します。
「アスペクト比グリッド」をタップすると、写真の全体が表示されるようになります。
iPad iPhone 上のメニューで「アスペクト比グリッド」を選択すると、このような画面になります。 iPadの場合は、画面右上の「アスペクト」をタップしてもこのようになります。
元に戻すには、上記メニューから「スクエア」をタップします。 iPadの場合は、画面右上の「スクエア」をタップしても元に戻せます。
iPad iPhone 上のメニューで「フィルタ」を選択すると、このような画面になります(iOS14以降)。 「お気に入り」「編集済み」「写真」「ビデオ」のいずれかを抽出することができます。

写真の詳細表示:「お気に入り」に追加、エフェクト、撮影地、キャプション

iPad iPhone いずれの表示モードでも、任意の写真/ビデオをタップすると拡大表示されます。 さらにタップすると全画面表示になります。 さらにピンチオープンすると拡大表示することもできます。
写真を左右にフリックすると、次々と写真をめくっていくことができます。
Live Photos の場合は長押しでアニメーションします。
をタップすると、この写真を削除します。
をタップすると、この写真を「お気に入り」としてマークすることができます(iOS8以降)。 「お気に入り」というアルバムが自動生成され、そこに表示されます。
「編集」をタップすると表示中の写真の簡易編集を行うことができます。 詳しくは、iPhoneで写真を編集・加工する:マークアップの使い方のコーナーをご覧下さい。
iPad iPhone 全画面表示された写真を上に向かってフリックすると、撮影場所が地図で表示されます(iOS10以降)。 Live Photosの場合は、各種エフェクトの提案も表示されます。
ただしiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真でない場合(パソコンから取り込んだ写真など)は、これらは表示されません。
iPad iPhone この画面で「キャプションを追加」をタップすると、写真やビデオにキャプション(コメント)を追加することができます(iOS14以降)。 キーボードが表示されるので、任意の文章を入力します。 写真の検索時には、このキャプションもキーとして使われます。

写真を共有する

「写真」「For You」「アルバム」から写真を選んで、それを印刷したり送信するには (共有)をタップします。
iPad iPhone (共有)をタップすると、このような画面になります。 自分のデバイスや、最近連絡を取った人の顔写真やアプリのアイコンが並んでいます。 これをタップすると、選択した写真を友人に送る/共有することができます。
「写真をコピー」をタップすると、選択した写真をクリップボードにコピーします。Eメールなど、コピー&ペーストに対応したアプリに、写真を引き渡すことができます。
位置情報を削除する
iPad iPhone 上の画面で「オプション>」をタップすると、このような画面になります。 共有する方法を選択できます。 送信する写真に、位置情報やその他のExif情報(すべての写真データ)を含めるか否かが指定できます。
AirDrop
近くにiPod/iPad/iPhoneユーザーがいて、デバイスを操作していると、 マーク付きで、その人の顔写真が表示されます。 この顔写真をタップすると、 AirDrop を使って近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーと、この写真を共有できます。
メール/メッセージ
「メール」「メッセージ」をタップすると、現在表示している写真をメールメッセージで送ることができます。
iPad iPhone スクロールすると、このようなメニューが表示されます。 アルバムに追加 したり、 ファイルアプリ に保存したり、 連絡先 の自分の写真として使ったり、 印刷 したりできます。