• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

写真やアプリに撮影場所(位置情報)を渡す/削除する/精度を調整する

位置情報(ジオタグ)について

カメラ(カメラ) アプリで撮影した写真には、撮影場所を示す「位置情報(ジオタグ)」が埋め込まれます。 このような写真を他人に配布したりSNSなどにアップすると、撮影場所も併せて公開されることになり、注意が必要です。
また、最近ではSNSやショッピングアプリなど、あらゆるサービスでユーザーの位置情報を収集して、マーケティングに利用しようとする傾向があります。 放っておくと、あなたのいる場所は、あらゆるアプリやサービスに筒抜けになってしまいます。
iOSでは、アプリに位置情報を与えるか否か、与える場合の精度などを調整することができます。

位置情報のON/OFF

アプリに対して位置情報の利用を許可するか否かの指定は、 設定(設定)- プライバシー(プライバシー)- 位置情報サービス(位置情報サービス) 画面で、一括で、または各アプリごとにオン/オフできます。
iPad iPhone [位置情報サービス]を タッチパネル:OFF(オフ) にすると、すべてのアプリに対して位置情報が提供されなくなります。
[位置情報を共有]メニューでは、あなたが持っている複数のiPod/iPad/iPhoneのどれか一つの位置情報を、その他のデバイスで共有することができます(iOS8以降)。 たとえばGPSを搭載したiPhoneで計測した正確な位置情報を、iPod touchで撮影した写真に埋め込んだり、アプリで利用したりすることが可能です。
また、 設定(設定)- 一般(一般)- [リセット]-[位置情報とプライバシーをリセット]を選ぶと、各アプリごとのオン/オフ設定をリセットします。
iPad iPhone [位置情報サービス]画面で、アプリの一覧から任意のアプリ、たとえば (カメラ) を選ぶとこのような画面になります。
なし」を選ぶと、アプリには位置情報は渡されません。カメラの場合は、今後撮影される写真には位置情報が書き込まれません。
このAppの使用中のみ許可」を選ぶと、位置情報が書き込まれるようになります。
次回確認」を選ぶと、アプリを起動するたびに位置情報をアプリに提供するか否かの確認画面が表示されます(iOS13以降)。
正確な位置情報」を タッチパネル:OFF(オフ) にすると、このアプリに渡される位置情報が、「おおよその」位置情報(約10平方マイル=約26平方キロメートル単位)となります(iOS14以降)。 天気予報系アプリや、ショップやレストランの検索系アプリなど、特に正確な位置情報を必要としないアプリでは、ここを タッチパネル:OFF(オフ) にしておくことで、あなたの個人情報の保護になります。

写真の送信時に位置情報を削除する

iPad iPhone 写真を表示しているときに (共有)をタップすると、このような画面になります。 選択した写真を友人に送る/共有することができます。
iPad iPhone 上の画面で「○枚の写真を選択中」と書かれているすぐ下の「オプション>」をタップすると、このような画面になります。 共有する方法を選択できます。 送信する写真に、位置情報やその他のExif情報(すべての写真データ)を含めるか否かが指定できます。

デジカメで撮った写真の位置情報を確認/削除する

写真に埋め込まれた位置情報を地図に表示するには、フリーソフトの「画像位置情報取得ツール」が使えます。 また、写真に記録された位置情報を削除するにはフリーソフトの「ExifEraser」などが使えます。 その他、位置情報関連の多くのフリーソフトが公開されています。 なお、デジカメで撮った写真に、あとからiPhoneで採取したGPS位置情報を書き込むことも可能です。 詳しくは下記をご覧ください。