• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

QNAP NASの初期設定

ここではQNAP NASの初期設定の方法を紹介します。
なお、QNAP NASの使い方全般についてはQNAP NASの使い方をご覧ください。
  • QNAP実践活用ガイドブック~クラウド時代のネットワークストレージ活用術

    技術評論社 2017/10/20 2160円

    海外で定番のNAS「QNAP」の基本から応用までを1冊に!クラウドの浸透により,情報システムの世界が大きく変わりました。ネットワークストレージもその1つです。今では多くの企業がクラウドを活用したITビジネス戦略を採用しています。一方で,企業内システムではクラウドだけで情報を扱えるとは限りません。本書は,クラウド時代に最適なネットワークストレージ活用を目的に,企業内ストレージシステムを対象としたシステム構築・運用について解説します。扱う製品は,欧米での人気を誇り,ここ日本でも数年前からシェアを伸ばしている台湾メーカQNAPの製品群です。目的別・規模別による解説のほか,実際の製品を利用した構築・運用事例まで徹底的に解説します。

    Amazon.co.jpで買う

初期セットアップ

QNAP NASはどのモデルも共通のシステムを搭載しています。 設定の手順もほぼ共通です。
機器のセットアップ
PC 今回使用したのはQNAP NAS TS-228A。これに6TBのハードディスク2台を搭載して RAID0でストライピングに構成すると、総容量10.6TBのサーバができます。
なお、2020年には、後継モデルともいえる TS-230 Amazon.co.jpで買う が発売されました。
機器のセットアップは単に説明書に従って2つのハードディスクを搭載するのみ。 ドライバーさえいりません。 後は本体付属の電源とLANケーブルを配線すればOKです。
QNAP Finderのインストール
PC まずは、パソコンからLAN上のQNAP NASにアクセスするためのツール:QNAP Finderをインストールします。 QNAP社のサイト から最新版をダウンロードしてインストールします。
ダウンロードセンターで、ベイ数(ドライブ数)とモデル名を指定すると、 「3 - 次のダウンロード アイテム」欄で、関連するソフトやマニュアルが選べます。
ここから[ユーティリティ]-[QNAP Qfinder Pro for Windows (Mac/Ubuntu)]の最新版を選んでインストールします。 ダウンロードリンクは「USA」「Europe」「Global」の3種から選べます。 どれを選んでも構いません。
起動
PC QNAP NAS本体正面の電源スイッチを数秒長押しすると電源ランプが点灯し、ピッと音が鳴り電源が入ります。 そのまましばらく(約1分)待つと「ピーッ」とやや大きなビープ音が鳴り響き、電源ランプが緑点灯から緑点滅に変化します。
つづいてパソコンで「QNAP Qfinder Pro for Windows (Mac/Ubuntu)」を起動し、最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してください。
ここでは2台のQNAP NASが見えています。 初期化されていないNASはステータス欄が「?」になっています。 このNASの名前をクリックします。
PC あるいはしばらくたつと自動的に初期設定されていないQNAP NASが検出されます。 このような画面になります。 「はい」をクリックします。
PC するとデフォルトブラウザが立ち上がってこのような画面になります。 まずは最新ファームウェアへのアップロードです。 「開始」をクリックします。
PC 最新ファームウェアがあるときはネットワークからのダウンロードと更新が始まります。 5分ほど待つとこのような画面になるので、表示に従ってさらに5分ほど待ちます。
NASが再起動するとまた上の画面に戻るので、再度「開始」をクリックします。
PC 今度はこのような画面になります。 「スマートインストールガイド開始」をクリックします。
PC 基本情報の設定です。 「NASの名前」欄をクリックして、QNAP NASの名前を決定しましょう。 また、adminのパスワードはしっかりと設定しましょう。
なお、この設定は、あとから
NASの名前:「コントロールパネル」-[システム]-[一般設定]-[システム管理]
パスワード:「コントロールパネル」-[権限設定]-[ユーザ]で、対象ユーザーの「パスワードの変更」アイコンをクリック
で変更可能です。
PC つぎはタイムゾーンの選択と、NTPサーバーの設定です。 初期値ではNTPサーバーとして NTP POOL PROJECTが提供する 「pool.ntp.org」を利用するようになっています。 特に変更の必要はありませんが、 情報通信研究機構(NICT)が提供する 日本標準時プロジェクトの公開NTP「ntp.nict.jp」を使用するのもよいでしょう。
タイムサーバー名の右にある「テスト」をクリックすると直ちにサーバーから時刻の取得を行います。 「成功」と表示されたらOKです。
なお、この設定は、あとから 「コントロールパネル」-[システム]-[一般設定]-[時刻] で変更可能です。
PC つづいてネットワーク/IPアドレスの設定です。 家庭内ファイルサーバーとして使用するだけなら変更は不要です。 外出先からアクセスしたり、FTPサーバーを立てたいときは、固定IPにするとよいでしょう。
なお、この設定は、あとから 「コントロールパネル」-[ネットワークサービスとファイルサービス]-[ネットワーク]-[TCP/IP] で変更可能です。
PC 次はファイルサーバー:Sambaの設定です。LAN内で使用するOSを列挙しましょう。
なお、この設定は、あとから 「コントロールパネル」-[ネットワークサービスとファイルサービス]-[Win/Mac/NFS] で変更可能です。
PC いよいよディスクの構成の設定です。 「静的(固定)ボリューム」 、「シックボリューム」 、「シンボリューム」のいずれかを選択できます。 QNAP NASのディスク構成の説明を参考に選択してください。
2ベイモデルの場合は、RAID0(ストライピング), RAID1(ミラーリング), JBODから選べます。 その他の設定は初期値のままでもよいでしょう。
RAIDは信頼できる?
RAID1以上のRAIDシステムを構築することにより、ハードディスクにデータが分散・冗長して保存されるため信頼性が上がる、と言われています。 しかし私の業務経験からは、HDD故障が発生したときのリビルド時には、RAIDコントローラーのバグの発現や、HDDが高負荷となることによるHDDの多重故障が頻繁に発生するため、データーを救える機会は非常に少ないと考えています。 信頼性を重視する場合はRAIDだけに頼らず、複数のNASを準備して、 自動的にNASからNASへバックアップするシステムを組む のが良いと思います。
PC 今回はシックボリューム、RAID0で全容量を有効にし、このように構成しました。 画面をスクロールさせると、さらにディスクの暗号化や不良ブロックのスキャンも行えます。
PC 最後の確認です。問題なければ「適用」をクリックします。
PC 警告画面が表示されます。「確認」をクリックします。
PC 設定内容に従った初期化とディスクのフォーマット、その後NASの再起動が始まります。
PC 何度かビープ音が鳴って、NASが再起動します。 10分ほどでこのような画面となり、セットアップが完了します。 「NAS管理に移動」をクリックします。
もしここまででブラウザを閉じるなどしてNASを見失った場合は、しばらく放置し、電源ランプが緑に、またすべてのディスクのアクセスランプが点滅し終わるまで待ちます。 つづいてパソコンで「QNAP Qfinder Pro for Windows (Mac/Ubuntu)」を起動し、最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してNASを探してください。
PC 管理画面のトップ画面です。左にある「ログイン」をクリックします。
なお、このログイン画面のデザインは、あとから 「コントロールパネル」-[システム]-[一般設定]-[ログイン画面] で変更可能です。
PC QNAP NASのログイン画面です。 「ユーザー名」に「admin」、「パスワード」に先ほど設定したパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。
PC 最初のログインではガイド画面が表示されます。 画面に表示されているフキダシを順にクリックしていくと、最後にこのような解説画面が表示されます。ここはお好みで楽しんでください。 右上の「×」をクリックすると閉じることができます。
PC 以上で初期設定は完了です。 これがQTSのメイン画面です。モデルによって表示されるアイコンの数や種類が異なります。 App Centerで追加のアプリをダウンロードすることもできます。
PC ここまで完了すると最低限ファイルサーバとしてのNASの設定は完了です。 パソコンのエクスプローラーのネットワーク欄には、QNAP NASの初期設定画面で指定した「NASの名前」が見えているはずです。
ただしこの時点で利用できるユーザは「admin」だけです。 「NASの名前」の下に見えるフォルダをクリックするとユーザーIDとパスワードを聞いてくるので、 ユーザーID:admin、パスワードにadminのパスワードを指定すると、QNAP NASのフォルダが見えます。 共有ファイルは「Public」フォルダの下に新たにフォルダを作成して格納するのが良いでしょう。

Windows10からのアクセス

Windows10からQNAP NASがアクセスできない!?
PC 解決方法として最もシンプルなのは、NASのフォルダをWindowsのネットワークドライブに割り当ててしまう、またはエクスプローラーのアドレスバーに「\\[NASの名前]」を入力することです。 この他の方法としては、Qfinder Proをインストールする。 QNAP側で[コントロール・パネル]-[ネットワークサービスとファイルサービス]-[Win/Mac/NFS]-[Microsoftネットワーク]-[詳細オプション]-[最上位SMBバージョン]の設定を「SMB 1.0」にする。 Windows Firewallの設定を見直す/Local Group Policy Editorを使ってWindows DefenderをOFFにする。 等があります。
Windows10でNASのアクセスが重くなる!?
NASに大量に保管したファイルに対するセキュリティスキャンが終わらず、Windows10でNASのアクセスが重くなることがあります。 こんな時は、Windows Defenderの設定を見直します。 詳しくはNASを使うとパソコンが重くなる!?をご参照ください。

ファームウェアの更新

初期設定直後にはファームウェアは最新になっています。 しかしQNAPのファームウェアは数か月程度の間隔でバージョンアップが行われます。
最新ファームウェアのインストール
PC QNAP社のサイト からパソコンに、最新版のファームウェアをダウンロードします。 ダウンロードセンターで、「1 - ベイ」にドライブ数、「2 - モデル」にモデル名を指定すると、 「3 - 次のダウンロード アイテム」欄で、関連するソフトやマニュアルが選べます。
「オペレーティングシステム」をクリックし、最新のファームウェアのダウンロードリンクをクリックしてパソコンにダウンロードします。 ダウンロードリンクは「USA」「Europe」「Global」の3種から選べます。 どれを選んでも構いません。
PC “TS-269_20180215-4.3.4.0486.zip”といったような名前のzipファイルが入手できるので、これを解凍します。 すると“~.img”といったファームウェアのイメージファイルができます。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックします。 つづいて[システム]-[ファームウェア更新]-[ファームウェア更新]を選びます。
このような画面になるので「参照」ボタンを押して、ファームウェアのイメージファイル“~.img”を指定します。 つづいて「システムの更新」をクリックします。
すると更新が始まります。

ユーザーの作成

つづいて「admin」以外のユーザーを作成しましょう。 家庭での使用で、利用者が一人だけの場合も、「admin」以外に一般ユーザを設定して利用するのが良いと思います。 家族で利用するときには、家族分のユーザーを設定するのが良いですが、家族で共通の、1つのユーザーだけを設定するのでも構いません。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックします。 つづいて[権限設定]-[ユーザ]-[作成]-[ユーザの作成]を選びます。 するとこのような画面になります。 ユーザIDとパスワードを設定します。
右の画面では「ユーザグループ」と各フォルダへのアクセス権、アプリケーションの実行権を設定することができます。 全てを設定したら「作成」をクリックすればOKです。
ユーザーを作成すると、各ユーザごとに“home”フォルダが作成されます。 ユーザの個別データはここに格納します。 なお、このフォルダの実体は“homes\[ユーザID]”にあり、adminユーザーはQTSの「File Statiion」アプリから見ることができます。

シャットダウン/電源OFF/電源スケジュール

シャットダウン/電源OFFはブラウザのQTSの画面から行います。
PC ブラウザのQTSの画面で、右上の「admin」をクリックすると図のようなメニューが表示されます。 ここで「シャットダウン」を選べばOKです。
ビープ音が鳴動し、電源ランプが点滅をはじめ、数分間のシャットダウン処理の後、自動的に電源が切れます。
PC また、ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [システム]-[電源]画面を開くと、「電源スケジュール」で起動・シャットダウンのスケジュールを設定したり、 「ウェイク・オン・ラン(WOL)」で、ネットワークからの起動(WOL)を設定することができます。
iPhone MyQNAPcloudの設定を済ませていれば、iPhoneアプリ Qmanager を使って遠隔操作でQNAPをスリープに入れたりシャットダウンすることができます。
その他の方法としては、本体正面の電源ボタンを数秒押して、ビープ音がしたら指を離すとシャットダウンが始まります。 ただしこの方法だと、その後一度電源をコンセントから抜かないと再起動できないことがあるようです。
注意: 電源ボタンの長押しでも電源OFFできますが、これは動作中の強制電源OFFとなり、QNAP NASのデータが破壊されることがあります。緊急事態以外は行ってはいけません。 もちろん、電源をコンセントから抜いてOFFにするなどもってのほかです。

リモート起動:Wake on LAN(WOL)の設定

Wake on LAN(WOL)を設定すれば、リモート起動することができます。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [システム]-[電源]画面の「ウエイク・オン・ラン(WOL)」タブを開き、 「有効」を選び「適用」をクリックするだけで設定完了です。 (初期値は「有効」になっています。)
WOLで使用するQNAPのMACアドレスは、「コントロール・パネル」-[ネットワークサービスとファイルサービス]-[ネットワーク]画面の「TCP/IP」タブから確認できます。
あとは RemoteBoot WOL などのiPhoneアプリやルータから、QNAPのMACアドレスに向けてマジックパケットを送出すると、QNAP NASをリモート起動できます。

管理画面へのログイン

PC 管理画面へのログインには、ツール「QNAP Finder」を使う手もありますが、もっと簡単にエクスプローラーからも可能です。 エクスプローラーの[ネットワーク]-[メディア機器]欄に見えているQNAP NASのアイコンをクリックします。
なお、QNAP NASをエクスプローラーの[メディア機器]欄に表示するには、NASのDLNAメディアサーバー機能が有効になっていなければなりません。これは、 ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [アプリケーション]-[DLNAメディアサーバー]画面で設定できます。
PC するとブラウザが立ち上がり、ログイン画面が表示されます。

ローカルIPアドレスを固定する

FTPサーバーサービスを使う場合や、外出先からVPN接続でファイル読み書きする場合など、NASのローカルIPアドレスを固定したい場合があります。 これを設定しておけば、停電などでルーターを再起動してもNASのIPアドレスが変わらないので、いつも同じIPアドレスでアクセスできます。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [ネットワークサービスとファイルサービス]-[ネットワーク]画面を開くと、NASのローカルIPアドレスが確認できます。 QNAPの中級モデル以上には2つのLANポートが搭載されているので、インターフェース/IPアドレスも2つ表示されます(2回線に接続している場合)。 インターフェースの左の「編集」欄のアイコンをクリックすると・・・
PC このような画面になります。 「スタティックIPアドレスの使用」を選択し、 「固定IPアドレス」欄にNASに割り当てたいIPアドレスを、 「サブネットマスク」欄にLANのサブネットマスクを(通常“255.255.255.0”)、 「デフォルトゲートウェイ」欄に、ルータのIPアドレスを(通常“192.168.1.1”)、 セットし、「適用」をクリックするだけでOKです。
注意: NASに設定するIPアドレスは、ルーターがDHCPで配布する範囲の外の値を使ってください。 さもないとルーターがほかの機器に割り当てたIPアドレスと衝突する可能性があります。 ルーターのDHCPサーバー設定画面も確認して、IPアドレスプールの範囲を調整してください。
あるいはルーターの機能を使って、特定の機器(MACアドレス)に固定IPアドレスを与えることも可能です。

エラーをメールで通知する

ディスク容量不足やバックアップジョブの失敗など、発生したエラーや警告メッセージをメールで通知することができます。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [システム]-[通知]-[電子メール]画面を開くとこのようになります。 「SMTPサーバ」欄には、QNAP NASがメールの送信に使うアカウントを設定します。Gmailのアカウントも使用できます。 「アラート通知」欄には、通知メールを受信したいアドレスを入れます。 両方とも同じGmailのアドレスでも構いません。 そして画面の一番下にある「適用」をクリックします。
このほか「SMS」画面では携帯のショートメールへの通知が、「プッシュサービス」画面では、スマートフォン用アプリ「Qmanager」への通知も設定できます。

ビープ音の鳴動を抑止する

起動時、シャットダウン時、ファームウェアアップグレード時、その他イベント発生時のビープ音の鳴動を抑止することができます。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [システム]-[ハードウェア]-[オーディオアラート]画面を開くとこのようになります。 必要に応じてチェックボックスを設定し、画面の一番下にある「適用」をクリックします。 なお、ここをすべてOFFにしても起動時にビープ音が鳴動してしまうことがあるようです(バグ?)。

容量拡大:ごみ箱の保存日数を見直す

QNAPには、削除されたファイルを一定期間保存する「ネットワークごみ箱」というものが設定されています。 削除されたファイルは、各フォルダの下にある「@Recycle」というフォルダに移動され、所定の期間保存されます。 ただし初期値では保存期間が180日となっており、ごみ箱だけで多くの容量を消費し、場合によっては1TB近くも消費してしまいます。 こんな時はごみ箱を空にして、保存期間を見直しましょう。
PC ブラウザのQTSの画面で「コントロール・パネル」アイコンをクリックし、 [ネットワークサービスとファイルサービス]-[ネットワークごみ箱]画面を開くとこのようになります。 「ファイル保持期間」欄で保存期間を指定します。今回30日間に変更してみました。
この下にある「すべてのネットワークごみ箱を空にする」をクリックすると、すぐさま容量を拡大することができます。