• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

QNAPを外出先から操作する:MyQNAPcloudの使い方

ここでは高速、高機能なQNAP NASをクラウドストレージとして使用する無料のDDNSサービス、MyQNAPcloudの使い方を紹介します。
なお、QNAP NASの使い方全般についてはQNAP NASの使い方をご覧ください。
  • QNAP実践活用ガイドブック~クラウド時代のネットワークストレージ活用術

    技術評論社 2017/10/20 2160円

    海外で定番のNAS「QNAP」の基本から応用までを1冊に!クラウドの浸透により,情報システムの世界が大きく変わりました。ネットワークストレージもその1つです。今では多くの企業がクラウドを活用したITビジネス戦略を採用しています。一方で,企業内システムではクラウドだけで情報を扱えるとは限りません。本書は,クラウド時代に最適なネットワークストレージ活用を目的に,企業内ストレージシステムを対象としたシステム構築・運用について解説します。扱う製品は,欧米での人気を誇り,ここ日本でも数年前からシェアを伸ばしている台湾メーカQNAPの製品群です。目的別・規模別による解説のほか,実際の製品を利用した構築・運用事例まで徹底的に解説します。

    Amazon.co.jpで買う

MyQNAPcloudアカウントの作成

PC 初めてMyQNAPcloudを使うときは、アカウントの登録が必要です。 まだアカウントを持っていない時は、ブラウザで MyQNAPcloudオフィシャルサイト にアクセスして登録しましょう。 「今すぐサインアップ」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 必要事項を入力し「サインアップ」をクリックします。 最低入力必須な項目は下記のとおりです。
ニックネーム
あなたの名前/ニックネームを考えて入力します。漢字ひらがなより、半角ローマ字のほうが良いかも。
電子メール
あなたのMyQNAPcloudのIDとなるメールアドレスです。生きている、メールが受信できるアドレスを指定します。
注意:MyQNAPcloud IDとして携帯メールアドレスを設定すると、携帯電話キャリアの迷惑メールフィルタのために、QNAP社からの確認メールが届きません。 この場合は事前に携帯メールの迷惑メールフィルタの設定を修正して下さい。 迷惑メールフィルタ設定の修正方法は、ご利用の携帯電話キャリアにご確認下さい。
パスワード
MyQNAPcloudのパスワードを考えて入力します。英大文字、小文字、数字などを混ぜ、6文字以上のわかりにくい文字列を設定します。
誕生日
生年月日を入力します。
PC 上の画面で「サインアップ」をクリックしても画面は変わりません。焦らずしばらく待ちましょう。 するとMyQNAPcloudのIDとして指定したメールアドレスに 「[myQNAPcloud] myQNAPcloudアカウントとしてメールアドレスを確認してください」 というタイトルのメールが届きます。このメールの中の「登録の確認」をクリックすると、このような画面となり、登録が完了します。

MyQNAPcloudのセットアップ

アカウントの作成が終わったら、いよいよQNAP NASでMyQNAPcloudのセットアップを行います。
PC
ブラウザのQTSの画面で、「MyQNAPcloud」アプリを起動します。
PC するとこのような画面になります。「使用開始」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。「開始」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 上の「MyQNAPcloudアカウントの作成」で作成したID(メールアドレス)とパスワードを入力して「次へ」をクリックします。
PC つづいてQNAP NASに外出先からアクセスするための「デバイス名」を付けます。この名前が「MyQNAPcloud」に登録されます。 使用できる文字は半角英数字のみです。 なお、英大文字/小文字は区別されません。
過去に使用していた「デバイス名」を再利用したいとき(再セットアップしたとき)は「既存のデバイス名で・・・」の部分をクリックします。
入力した名前の背景がピンク色になるときは、すでにその名前はほかのユーザーによって予約済みです。 その時は前後に別の文字列を追加するなどして、新しい名前を考えてください。
注意: ここで指定した名前は、外部から MyQNAPcloudオフィシャルサイト で検索可能です。 特にQNAP NASの中身を他人に公開する予定のない人は、自分にわかりやすく、他人に想像つきにくい名前を付けるのが良いと思います。
PC するとこのような画面になります。 特に修正などは不要です。 「次へ」をクリックします。
PC 設定が始まります。そのまま待ちます。
UPnPによるルーターのポート解放、VPNサーバー設定、DDNSサービスの設定、がすべて自動的に行われます。
この画面で止まってしまう場合があります。 10分待っても変化がないときは、一旦ブラウザを閉じて管理画面に再ログインしてみてください。
PC このような画面となったら終了です。 「完了」をクリックして画面を閉じます。
PC 画面に表示されている「myQNAPcloudデバイス名」「SmartURL」を使って、外出先からもNASにアクセス可能になりました。 またDDNSが有効になり、自宅LANへは「インターネットアドレス」欄に書かれたURLで接続可能です。
なお、デバイス名を変更したいときは、その右の鉛筆アイコンをクリックすれば可能です。
PC ここで画面左のメニューから[CloudLink]を選択すると、このようになっています。

公開サービスの設定

つづいて公開サービスを設定しましょう。 いずれのサービスも、外部からアクセスするには、MyQNAPcloudのアカウントとパスワード、さらにQNAP NASに設定したユーザIDとパスワードが必要ですが、 MyQNAPcloudオフィシャルサイト からは、「デバイス名」が知られると、あなたのQNAP NASでどのようなサービスが外部へ公開されているかが見えてしまいます。 これを隠すことができます。
PC ブラウザのQTSの画面で、「MyQNAPcloud」アプリを起動します。 画面左のメニューから「公開サービス」をクリックするとこのような画面になります。
MyQNAPcloudで隠したいサービスの「プライベート」欄にチェックを入れます。 特に他人と情報を共有する予定がないなら、すべて「プライベート」をチェックしましょう。
PC するとこの画面の下に「myQNAPcloudアクセスコード」を設定する画面が現れます。 あなたにしかわからない「アクセスコード」を考えて入力します。
PC さらにこの画面の下に「ユーザー管理」の画面が現れます。 「プライベート」に設定したサービスの使用を許可するユーザーを選択します。 そして最後に「適用」をクリックします。

DDNSドメイン名を確認する

PC 左のメニューから「My DDNS」を選ぶと、このような画面になります。 あなたの自宅のLANをアクセスするためのドメイン名が確認・設定できます。

外出先からのアクセス

それでは外出先からあなたのQNAP NASに接続してみましょう。 接続方法は複数あります。

myqnapcloud.comからアクセス

PC ブラウザで MyQNAPcloudオフィシャルサイト にアクセスして「サインイン」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 MyQNAPcloudのID(メールアドレス)とパスワードを入力します。
PC するとこのような画面になります。 画面の左の「マイデバイス」欄には、あなたがMyQNAPcloudに登録したデバイス名が並んでいます。 使用したいQNAP NASのデバイス名を選び、そのNASに設定したいずれかのユーザー名とパスワードを入力します。
PC するとこのようにNASのフォルダが見えています。 任意のファイルを選択すると、画面右上に「ダウンロード」ボタンが現れます。 これをクリックすればパソコンにそのファイルをダウンロードすることができます。 その他、対応しているファイルであればプレビュー表示されます。 また、ブラウザ経由でファイルのアップロード、フォルダ作成もできます。

myqnapcloud.comからクラウドポータルをアクセス

PC ブラウザで MyQNAPcloudオフィシャルサイト にアクセスして、画面右上の「デバイスの検索」欄に、MyQNAPcloudに登録したデバイス名を入力し、その右の虫眼鏡アイコンをクリックします。
PC するとこのような画面になります。 公開サービスの設定を行ったサービスのアイコンが並んでいます。
PC 任意のアイコンをクリックするとこのような画面になります。 通常は、青い「進む」ボタンをクリックすればOKです。
PC するとログイン画面になります。 そのNASに設定したいずれかのユーザー名とパスワードを入力します。
PC するとこのようにQNAP上のアプリを開くことができます。

QNAP NAS スマートURLでアクセス

PC 「MyQNAPcloud」アプリの画面に表示されていた「QNAP NAS スマートURL」欄のURLを使う方法です。 ブラウザで、 “http://www.myqnapcloud.com/smarturl/(デバイス名)” を入力します。
すると図のようにQNAP NASのログイン画面になります。 通常自宅で使っているときと同様にログインして管理できます。

QNAPをiPhoneで操作する:Qmanager,Qfileの使い方

Qfile、Qmanager、Qmusicなど、QNAP社が公開しているオフィシャルの iPod/iPad/iPhone用QNAPアプリ からアクセスすることができます。 詳しくはQNAPをiPhoneで操作する:iPhoneをQNAPにバックアップする ページで紹介しているのでご参照ください。

VPN接続

QNAP NASでは PPTPとOpenVPN 2種類のVPNプロトコルをサポートしています。 MyQNAPcloudサービスを設定すると、自動的にVPNサーバ機能が有効になります。 Windows / Macパソコン、iPod/iPad/iPhoneいずれからもVPN接続が可能となります。 VPN接続の方法については、 QNAP NASでVPNサーバーを設定する方法 ページで紹介しているのでご参照ください。