• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

FaceTime(テレビ電話)を発信する

ここでは、FaceTime(フェイスタイム)を発信する方法を説明します。
なお、iPod/iPad/iPhoneのFaceTime(テレビ電話)の使い方全般についてはFaceTimeの使い方:テレビ電話/無料通話で紹介しています。併せてご覧ください。

通話相手の選択方法

初めてFaceTimeを使うとき
iPad iPhone FaceTimeを起動すると、このような画面になります。
初めてFaceTimeを使うときは、 画面右上のFaceTimeをタップします。
iPad iPhone (連絡先)アプリに登録している人から宛先を選ぶときは、 画面右上のFaceTimeをタップします。
(連絡先)アプリに登録されていない人と通話したいときは、 「宛先」欄に相手の電話番号/メールアドレスを入力します。 なお、ここで入力する電話番号/メールアドレスは、相手がFaceTimeの設定画面で、呼出しに使う電話番号/メールアドレスとして登録しているものでなければいけません。 詳しくはFaceTime(テレビ電話)の初期設定をご覧ください。 連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方 FaceTime(テレビ電話)の初期設定
iPad iPhone FaceTimeをタップすると連絡先の一覧が表示されます。 このなかから通話したい人を選びます。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 テレビ電話をしたいときは「ビデオ」をタップします。 音声のみの通話をしたいときは「オーディオ」をタップします。
外出中など、データ通信を節約したい場合、あるいは電波の状況が悪いところで通話したいときは「オーディオ」を使うとよいでしょう。
グループFaceTime
ここで名前欄または FaceTimeをタップすると 別の人の名前を追加入力することができます。 複数の人を指定して、同時に通話することが可能です。 これをグループFaceTimeと呼びます。
参加者全員を選択し終わったら、「ビデオ」または「オーディオ」をタップします。
ただしこの機能を使用するには、参加する人すべてのデバイスがiOS12.1以降にバージョンアップしている必要があります。
通話履歴から相手を選ぶ
iPad iPhone FaceTimeを使うのが二度目以降の場合は、「ビデオ」「オーディオ」別に過去の通話履歴が表示されます。 ここから名前を選ぶと、すぐさま通話が始まります。
なお、ここで通話履歴の右端にある をタップすると、連絡先情報を読むことができます。
連絡先から相手を選ぶ
iPad iPhone Contacts(電話)の Contacts(連絡先) または Contacts(連絡先)アプリ から通話相手を選ぶこともできます。
「FaceTime」欄の Video をタップするとビデオ通話を、 Audio をタップすると音声通話を開始します。
「FaceTime」欄以外の 発信 をタップすると、普通に電話をかけてしまう(通話料金がかかる)ので注意してください。 連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方

相手の呼び出し方法

iPad iPhone 相手の呼び出し中、フロントカメラで撮影された、あなたの姿が表示されています。 画面の上部には、呼び出し中の相手の名前が表示されています。
FaceTime をタップすれば呼び出しを中止します。 FaceTime(テレビ電話)がつながらない場合の解決方法
通話の開始
iPad iPhone 相手が呼び出しに答えてくれると、このような画面になります。
画面の中心には相手の姿が表示されています。 画面の右上には、フロントカメラで撮影されたあなたの姿(相手のiPod/iPad/iPhoneに写っている映像)が表示されています。
FaceTime をタップすれば通話が終わります。

通話中の操作方法

横長の画面を送信する
iPad iPhone iPod/iPad/iPhoneを回転して横長に持つと、カメラの撮影方向も横長になります。 相手にも横長の画面が送信されます。 画面の左上には、自分から相手に送信している横長の画像が見えています。
エフェクト(特殊効果)を付ける
iPhone 通話中に FaceTime(エフェクト) をタップすると、iMessageアプリを使ってビデオにエフェクト(特殊効果)をかけて送ることができます。 アニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)、フィルタ、テキスト書き込み、図形の貼り付けなどの効果を付けることができます(iOS12以降)。 詳しくは「メッセージ」「FaceTime」で写真/ビデオにエフェクトをかけて送るをご覧ください。 「メッセージ」「FaceTime」で写真/ビデオにエフェクトをかけて送る
カメラの切り替え
iPad iPhone 通話中に FaceTime をタップするとこのような画面になります(iOS12以降)。
FaceTime(反転) をタップする度に、送信に使うカメラが、前面カメラ/背面カメラに切り替わります。 自分の姿だけでなく、周りの景色などを相手に伝えるのに便利です。
FaceTime(消音) をタップすると、マイクがミュートとなります。 一時的に音声のみを切りたいときに使います。
FaceTime(カメラオフ) をタップすると、ビデオの送信を停止します。 一時的にカメラのみを切りたいときに使います。
FaceTime(スピーカー) をタップすると、相手の音声がスピーカーから聞こえるようになります。 こちら側で複数の人が集まっているときは、みんなで相手の声を聴くことができます。
FaceTime(メッセージ) をタップすると、FaceTime通話を一時停止して、 (メッセージ)アプリを起動します。 言葉や映像で伝えにくい、何かの固有名詞や住所、電話番号など、文字情報をその場で相手に伝えることができます。 詳しくはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方をご覧ください。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方
グループFaceTime
ここで通話相手の名前欄にある「+参加者を追加」をタップすると、別の人の名前を追加入力することができます。 現在のFaceTime通話に、別の人を招待して、同時に通話することが可能です。
ただしこの機能を使用するには、参加する人すべてのデバイスがiOS12.1以降にバージョンアップしている必要があります。
通話中に他のアプリを使う
iPad iPhone FaceTime通話中にホーム画面を呼び出して、他のアプリを使うことができます。
iPhoneの場合は、画面上部の、緑色の時刻表示をタップすると、FaceTime通話中の画面に戻ります。
iPadの場合は、画面に縮小表示されている通話画面の FaceTime をタップすると、FaceTime通話中の画面に戻ります。
Picture in Picture
iPad iPadシリーズ(2014年発売の iPad Air2 以降&iOS9以降)では、FaceTime画面を見ながらアプリを使うことができます。 これをPicture in Picture(ピクチャー・イン・ピクチャー)と呼びます。
画面に縮小表示されている通話画面をドラックして表示位置を変えたり、ピンチイン・ピンチアウトで表示サイズを変更することができます。 ビデオを見ながらアプリを使う:Picture in Pictureの使い方

相手が不在のとき

iPad iPhone もし2分半呼び出しを続けても相手が 応答(応答) しない場合、あるいは相手が 応答(拒否) した場合は、このような画面になります。 この場合、相手の履歴には「不在着信」の記録が残ります。
また、相手がネットワークに接続していない場合、相手がFaceTimeにAppleID/メールアドレスを登録していない場合も、このような画面になります。 この場合は、相手の履歴に「不在着信」の記録は残りません。
なお、この画面で「かけなおす」をタップすると、すぐにFaceTimeをかけなおします。
「メッセージを残す」をタップすると、 iMessage(iMessage) で文字のメッセージを送信することができます。 FaceTime(テレビ電話)がつながらない場合の解決方法 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

もっとFaceTime(テレビ電話)のことを知りたい