• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Googleアカウントのセキュリティ強化:2段階認証の使用方法

Googleアカウントのセキュリティを強化する

あなたのGoogleアカウントのセキュリティは十分ですか? 昔からのユーザは、セキュリティの甘いパスワードをそのまま継続して使用しているのではないでしょうか。 まずはパスワードを長く複雑なものに変更しましょう。
iPhone Googleのアカウント管理サイトアカウント情報に、Googleアカウントとパスワードを入力してログインします。 この中の「ログインとセキュリティ」メニューをタップするとこのような画面になります。 この画面の下のほうにある「パスワード」をタップすると、パスワードの変更ができます。 そこで英小文字、英大文字、数字を交えた、8ケタ以上のより長いパスワードを設定します。 「2段階認証」を利用すればより完璧です。 アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google)

2段階認証とは

2段階認証(2-Step Verification)とは Googleアカウントのパスワードを盗まれても、それだけではログインできなくする機能です。 新しく購入したデバイスなど、別のデバイスでGoogleアカウントでログインしようとすると、 あなたの「信頼済みのデバイス」(すでに所有しているiPod/iPad/iPhone)に表示される 6 桁の「確認コード」の入力が求められます。 この確認コードを入力して初めてログインに成功します。 Google 2 段階認証の設定(Google)

Apple IDやAmazonのアカウントにも2段階認証を設定する

Apple IDやAmazonのアカウントにも2段階認証の仕組み:2ファクタ認証が準備されています。 こちらも設定しましょう。 詳しくは下記をご覧ください。 Apple IDセキュリティ強化:2ファクタ認証の使用方法 Amazon.co.jpのセキュリティ強化:2段階認証の使用方法 Microsoft アカウント 2 段階認証について(Microsoft)

2段階認証の設定方法

注意: 2 段階認証を有効にすると、iTeleport等、Googleアカウントを利用してログインするアプリすべてで、App用パスワードの生成とそれを使った再ログインが必要になります。 また、このようなアプリの中には動作がおかしくなるものがあります。
こんな時は、アプリ専用のGoogleアカウントを別に取得し、こちらには2段階認証を設定しないなどの方法で回避してください。
iPhone (Safari)で Google 2 段階認証プロセス(Google) のページを開きます。ここでは2段階認証について詳しい説明を読むことができます。 このページをスクロールすると・・・ Google 2 段階認証プロセス(Google)
iPhone このような画面になります。 「使ってみる」をタップします。 あるいは直接 (Safari)で Google 2 段階認証の設定(Google) の画面を開いても構いません。 Google 2 段階認証の設定(Google)
iPhone するとこのような画面になります。 画面を下までスクロールすると・・・
iPhone 「開始」ボタンが現れます。これをタップします。
iPhone Googleのログイン画面になります。 Googleアカウントとパスワードを入力し「ログイン」をタップします。
iPhone この画面では、本人確認に使用する「信頼できる電話番号」を登録します。 iPhoneの場合は、iPhoneの電話番号が入力されています。 あなたがいつも使用している電話の番号を入力します。
ここでは「+81」に続けて、先頭のゼロを省いた市外局番を入力します。 「080-1234-5678」の場合は「+818012345678」と入力します。
その電話番号がSMSを受信できるときは「テキスト メッセージ」に、自宅の固定電話など、SMSを受信できないときは「音声通話」にチェックを入れます。 そして右下の「次へ」をタップします。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方
iPhone 「テキスト メッセージ」を指定した場合は、その電話番号に、すぐさまSMSで6ケタの、その時限り有効な「確認コード」が通知されてきます。 この確認コードを入力し「次へ」をタップします。
この確認コードには有効時間(30秒)があります。 入力に手間取っていると有効時間が過ぎ、エラーとなってしまいます。 そんな時は「再送信」をタップして、新しい「確認コード」を入手します。
iPhone つづいてこのような画面になります。 「オンにする」をタップします。
iPhone 以上で2段階認証の設定が完了しました。
iPhone 以降、Googleのサービスにログインしようとすると、このような画面が表示されます。 登録した「信頼できる電話番号」にSMSまたは音声で、6ケタのワンタイムパスコードが届きます。 これを入力します。

2つめの認証方法を登録する

登録した電話番号が使えなくなった場合に備えて、2つめの認証方法を登録しておきましょう。 ここでは、Google Authenticator(認証システムアプリ)を使って、登録した電話番号でインターネットが使えないときでもログインする方法を確保します。 まずはApp Storeで、無料の「Google Authenticator」アプリをインストールしましょう。
Googleの二段階認証は、時間によって確認コード(ワンタイムパスワード)が変化するTOTP(Time-based One-Time Password)であり、 その共通規格である「OATH(initiative for Open AuTHentication)規格」に沿っています。OATH規格に準じた認証アプリであれば、どれでも使用可能です。
注意: 認証システムアプリが使用できるのは、あなたがお持ちのデバイスのなかのどれか一つだけです。 使用するデバイスを変更するには、一旦認証システムの使用を「削除」して、別のデバイスで再登録する必要があります。
  • Google Authenticator(認証システムアプリ)

    Google, Inc. ユーティリティ 無料

    Google認証システムをGoogleアカウントの2段階認証プロセスで使用して、ログイン時のセキュリティを強化できます。2段階認証プロセスでは、アカウントへのログイン時にパスワードと確認コードの両方が必要になります。このアプリでは確認コードを生成でき、一度設定すればネットワーク接続や携帯電話回線を利用していない場合でも確認コードを受け取ることができます。

    詳細を見る(App Store)
アプリをダウンロードする方法 App Storeおすすめアプリ

認証システムアプリの設定方法

iPhone (Safari)で Googleの アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google) 画面にログインし、「2 段階認証プロセス」メニューを選びます。
iPhoneでQRコードを読み取るため、このGoogleアカウントのページは、パソコンやiPadなど、iPhone以外のデバイスで開くのがおすすめです。 アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google)
iPhone つづいて「認証システムアプリ」メニューを選びます。
iPhone デバイスの選択画面になります。 「iPhone」を選んで「次へ」をタップします。
iPhone すると画面にQRコードが表示されます。 別デバイスで登録する場合は、 (Google Authenticator)アプリの「バーコードをスキャン」メニューから、カメラを使ってこのQRコードを読み取ります。
登録するデバイスとQRコードを表示するデバイスが同じ場合は「スキャンできない場合」をタップします。
iPhone 「スキャンできない場合」を選んだ場合は、画面に「キー」が表示されます。これを認証システムアプリに入力してやる必要があります。 「キー」をクリップボードにコピーしておきます。 文字の編集&カット&コピー&ペースト
iPhone (Google Authenticator)アプリを起動して「手動で入力」をタップします。
iPhone Googleのアカウント(Gmailのアドレス)と、先ほどクリップボードにコピーした「キー」を入力(ペースト)します。 文字の編集&カット&コピー&ペースト
iPhone 設定が完了し、6ケタのワンタイムパスコードが次々と表示されます。 パスコードをタップすると、クリップボードにコピーされます。
6ケタのコードの右下の小さな円グラフが、現在のコードの有効時間(最大30秒)を示しています。有効時間が残り少なくなると、文字が赤くなります。
複数のGoogleアカウントを持っている場合は、右上の「+」をタップすると、アカウントが追加できます。
認証システムの使用をやめるときは、右上の編集マークをタップし、対象のアカウントをタップすると「削除」ボタンが現れるので、これをタップします。
iPhone ブラウザの画面に戻ると、ワンタイムパスコードの入力を促されるので、入力(ペースト)します。
iPhone 以上で設定は完了です。
iPhone 以降、Googleのサービスにログインしようとすると、このような画面が表示されます。 (Google Authenticator)アプリを起動すると表示される、6ケタのワンタイムパスコードを入力します。 ワンタイムパスコードは青字で表示されていることを確認してください。 赤字になっているときは時間切れ間近です、しばらく待って、新しいワンタイムパスコードを表示させてください。

Googleアカウントのセキュリティ設定を変更する

iPhone Googleアカウントのセキュリティ設定を変更したい場合は、 (Safari)で Googleの アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google) 画面にログインして操作します。多くのセキュリティに関する設定ができます。
現在あなたのアカウントでログインしているデバイスの一覧も見ることができます。 アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google)
iPhone 「2 段階認証プロセス」のOFF/ONをしたい場合は、ここから「2 段階認証プロセス」メニューを選びます。 複数の電話番号を持っている人は、ここで「電話番号を追加」をしておくとよいと思います。

アプリ用のパスワードを作る

iPhone 2 段階認証利用時、メールソフトやカレンダー、YouTubeなど、Googleアカウントを使ってログインするアプリを使うときは、 そのアプリ専用の「アプリ パスワード(application-specific password)」を生成して、それを使います。 (Safari)で Googleの アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google) 画面にログインします。 アプリ パスワードでログイン(Google アカウント ヘルプ)
iPhone つづいて「アプリ パスワード」を選びます。
iPhone 「端末を選択」でアプリを使用する端末を選び「アプリを選択」で、ログインするアプリを選んだうえで「生成」をタップすると16ケタのパスワードが生成されます。 これを目的のアプリに入力すればログインできます。
一旦画面を閉じると、生成した「アプリ パスワード」は二度と表示されなくなります。 もしパスワードを忘れた場合や、アプリにログインしなおす必要が生じた場合は、新しい「アプリ パスワード」を作り直す必要があります。 この画面で新たに「生成」するだけでOKです。

iPod/iPad/iPhoneを機種変更するとき

「認証アプリ」を使って2段階認証を行っているときは、機種変更するときに移行の手続きが必要です。
Googleの場合は アカウントへのアクセスとセキュリティ設定の管理(Google) 画面にログインし、新しいデバイスでバーコードを読み取るだけです。 iPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行
iPhone まずは新しいデバイスに(Google Authenticator)アプリをインストールします。 そして Googleアカウントのページ(Google) を開き、GoogleのIDとパスワードでログインします。
新しいiPhoneでQRコードを読み取るため、このGoogleアカウントのページは、パソコンやiPadなど、新しいiPhone以外のデバイスで開くのがおすすめです。
そして左のメニューから「セキュリティ」を選びます。
iPhone 「2段階認証プロセス」を選びます。
iPhone 再度GoogleのIDとパスワードを入力します。
iPhone 「スマートフォンを変更」を選びます。
iPhone デバイスの選択画面になります。 「iPhone」を選んで「次へ」をタップします。
iPhone すると画面にQRコードが表示されます。 新しいiPhoneで (Google Authenticator)アプリの「バーコードをスキャン」メニューから、カメラを使ってこのQRコードを読み取ります。
登録するデバイスとQRコードを表示するデバイスが同じ場合は「スキャンできない場合」をタップします。 この場合の手続は、 登録するデバイスとQRコードを表示するデバイスが同じ場合 をご覧ください。
iPhone 「バーコードをスキャン」を行うと、(Google Authenticator)アプリの画面に6ケタのコードが表示されます。 これを画面に入力し、「確認」をタップします。
iPhone 以上で新しいデバイスの設定は完了です。 つづいて 古いデバイスでアカウントを削除しましょう。

登録するデバイスとQRコードを表示するデバイスが同じ場合

iPhone 「スキャンできない場合」を選んだ場合は、画面に「キー」が表示されます。これを認証システムアプリに入力してやる必要があります。 「キー」をクリップボードにコピーしておきます。 文字の編集&カット&コピー&ペースト
iPhone (Google Authenticator)アプリを起動して「手動で入力」をタップします。
iPhone Googleのアカウント(Gmailのアドレス)と、先ほどクリップボードにコピーした「キー」を入力(ペースト)します。 文字の編集&カット&コピー&ペースト

古いデバイスでアカウントを削除する

iPhone 新しいデバイスの設定が完了したら、古いデバイスの (Google Authenticator)アプリ からアカウントを削除しましょう。 画面右上の「ペン(編集)」アイコンをタップします。
iPhone 削除したいアカウントの横にある“○”をタップし、画面下の「削除」をタップします。
iPhone するとこのような画面となるので「アカウントを削除」を選びます。 これで古いデバイスからアカウントが削除されます。