• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

VirtualBox6にLinux(Ubuntu20.04LTS)用の仮想マシンを作る方法

ここではDVD/Blu-rayディスクをiPod/iPad/iPhone用ビデオに変換できるフリーソフト「HandBrake」に対して 高音質のAACオーディオエンコーダーを組み込むことを目的に、 VirtualBoxにLinux(Ubuntu)用の仮想マシンを作る方法をご紹介します。
なお、VirtualBox、Ubuntuの使い方含めた、HandBrakeを作る方法の全般については、 faac(FDK-AAC)対応のHandBrakeを作るのページで解説していますので併せてご参照下さい。

作業用フォルダの準備

PC パソコンのハードディスクの任意の場所に、作業用フォルダを2つ準備します。 準備するものは「VMが使用する仮想ドライブを格納するフォルダ」と「ホストOS(Windows)とファイルをやり取りするための共有フォルダ」です。 ここでは「vm_drives」と「common_folder」という名称で作成しました。

Ubuntu用の仮想マシンを作る

PC デスクトップから アイコンをクリックして VirtualBox マネージャーを起動します。
PC VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックします。
するとこのような画面になります。 「名前」欄には、仮想マシンを区別するための任意の名前を考えて入力します。 「マシンフォルダー」欄には、先ほど準備した「VMが使用する仮想ドライブを格納するフォルダ」を入力します。 「タイプ」欄は「Linux」、「バージョン」欄は「Ubuntu(64-bit)」を選びます。
64-bitが選択肢に現れないときは、 VirtualBoxをWindows10にインストールする方法 を参考にして、BIOSの設定を変更してみてください。
PC つづいて仮想マシンに割り当てるメモリ容量を決定します。 最近のUbuntuは使用メモリ量が増えているのか、初期値の1024MBのままではインストール時にエラーとなることがあります。 2048MB程度は割り当てたほうが良いようです。
PC 仮想マシンにハードディスクを割り当てていきます。 「仮想ハードディスクを作成する」が選択されていることを確認の上、「作成」をクリックします。
PC 「VDI(VirtualBox Disk Image)」が選択されていることを確認の上、「次へ」をクリックします。
PC 「可変サイズ」が選択されていることを確認の上、「次へ」をクリックします。
PC 仮想ハードディスクのファイル(*.vdi)を格納する場所と、割り当てる最大容量を指定します。
場所については、フォルダアイコンをクリックして、最初に準備しておいた「VMが使用する仮想ドライブを格納するフォルダ」を指定します。
容量については、HandBrakeのビルドには初期値の10GBでは足りません。 少なくとも15GB以上は割り当ててください。
正しく指定できたら「作成」をクリックします。
PC 以上で仮想マシンの作成は完了です。 つづいて作成した仮想マシンに対して、Ubuntuをインストールします。

VMのカスタマイズはOSインストールのあとで

OSインストールの前に (設定)メニューから VMの設定画面をいろいろいじると、OSインストールの途中でストールすることがあります。 VMのカスタマイズは、OSインストールのあとで実施しましょう。
それではつづいて、VirtualBoxに作成した仮想マシンにUbuntuをインストールしましょう。