• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

VirtualBox6にLinux(Ubuntu20.04LTS)をインストールする方法

ここではDVD/Blu-rayディスクをiPod/iPad/iPhone用ビデオに変換できるフリーソフト「HandBrake」に対して 高音質のAACオーディオエンコーダーを組み込むことを目的に、 VirtualBox(6.x)にLinux(Ubuntu 20.04LTS)をインストールする方法をご紹介します。
なお、VirtualBox、Ubuntuの使い方含めた、HandBrakeを作る方法の全般については、 faac(FDK-AAC)対応のHandBrakeを作るのページで解説していますので併せてご参照下さい。

Ubuntuのダウンロード

PC Ubuntuのオフィシャルサイトから Ubuntuのisoファイル(約2.5GB)をダウンロードします。 サイズが大きいので、ダウンロードには数時間かかる場合もあります。
画面右上の「Download」を選択します。
[参考] Torrent経由で高速ダウンロード

PC Ubuntuオフィシャルサイトの Alternative downloads のページではisoファイルがダウンロードできるTorrentファイルも配布しています。 これを使えばBitTorrentなどで入手することもできます。 BitTorrentなら3分程度でダウンロードできます。
ただしBiglobeなど一部のプロバイダでは、BitTorrentは違法性が高いとして、日中は通信をブロックしている場合があります。 こんな時はBitTorrentをブロックしていないプロバイダに乗り換えましょう。
PC 「Ubuntu Desktop」を選びます。
PC Ubuntu 20.04.xx LTS が選択されていることを確認したうえで、 「Download」を選びます。
PC このような画面になり、しばらくするとダウンロードが始まります。 もしタイムアウトエラーになるときは、この画面に戻って「download now」と書かれたリンクをクリックします。
PC ダウンロードが始まります。 「ubuntu-20.04.1-desktop-amd64.iso」といった名前のファイルが得られます。 なお、夜などのネットが混雑している時間では、ダウンロードに何時間もかかったり、途中でダウンロードが中断してしまいます。 朝など、ネットがすいているときにダウンロードしてください。

仮想ドライブにインストールメディアをマウント

PC VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックします。
するとこのような画面になります。 VirtualBox マネージャー画面で選択中の仮想マシンに対して、各種設定を行うことができます。
左メニューから「ストレージ」を選び、「コントローラー:IDE」を選び、その右にある (光学ドライブの追加) アイコンをクリックします。
「コントローラー:SATA」を選んでいないことを確認してください。
PC するとこのような画面になります。 「ディスクを選択」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。再度 (光学ドライブの追加) アイコンをクリックします。 ファイル選択画面となるので、ダウンロードしたUbuntuのisoファイルを選択します。
PC 無事isoファイルがマウントできました。 「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

VM起動:Ubuntuのインストール

いよいよ仮想マシンを起動して、Ubuntuをインストールしていきます。
注意:VirtualBox以外のソフトは極力閉じてください。 他のソフトがサウンド、ビデオなどのデバイスを使っていると、インストールに失敗する場合があります。
PC VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックし、数分待ちます。
PC するとこのような画面になります。 左のリストから言語を選び「Ubuntuをインストール」をクリックします。 言語は「日本語」も選べますが、インストールの途中でエラーになる場合があります。 安定性を取るなら「English」のままでインストールすることをお勧めします。
初めてのVM起動時など、マウスが効かないことがあります。 こんなときは、VMウインドウのメニューから[ファイル]-[閉じる]-[仮想マシンの電源OFF]で一旦VMを終了し、再度 アイコンをクリックして再起動して見てください。
この画面に重ねて表示される「キーボードの自動キャプチャー機能が有効です・・・」「ゲストOSでマウス統合機能がサポートされています・・・」 のメッセージは、その右端にある「×」マークもしくは「次回から表示しない」アイコンをクリックして消します。
VirtualBox 6.x と Ubuntu 18.04 LTS使用時の注意
PC VirtualBox 6.x と Ubuntu 18.04 LTS の組み合わせは、まだ不安定なようで、 インストール作業中に、VMの画面解像度を上げようとウインドウのサイズを広げたり、 メニューの[表示]-[スクリーンショットを撮る]操作を行うと、 OSインストールの途中でストールすることがあります。 ボタンが画面からはみ出して見づらくとも、まずはOSインストール中はできるだけ余分な操作を行わずに作業を進めてください。
もしストールしてしまったら、 VMウインドウのメニューから[ファイル]-[閉じる]-[仮想マシンの電源OFF]で一旦VMを終了し、再度 アイコンをクリックして再起動して見てください。
PC キーボードの選択です。使用しているキーボードに合わせて選択してください。
「Continue(続ける)」をクリックします。
PC 「Download updates while installing Ubuntu(アップデートをダウンロードする)」は有効にしましょう。 「Install third-party software..(グラフィックス、Wi-Fi機器・・・)」は好みで選択してください。
「Continue(続ける)」をクリックします。
PC 「Erase disk and install Ubuntu(ディスクを削除してUbuntuをインストール)」が選ばれているのを確認します。 ここでいうディスクとは、仮想マシン上のディスク領域です。 Windowsが削除されるわけではないので安心してください。 その他は好みで選択してください。
PC このような確認画面が表示されます。
「Continue(続ける)」をクリックします。
PC タイムゾーンの選択です。日本在住の場合は「Tokyo」が選ばれているのを確認して 「Continue(続ける)」をクリックします。
PC ユーザー名とパスワードを考えて入力します。 仮想マシン上での運用なので「Log in automatically(自動的にログインする)」を選んでもよいと思います。
PC 仮想ハードディスクへのUbuntuのインストールが始まります。 マシンの性能などにもよりますが、約5分~20分ほどかかります。 ひたすら待ち続けます。
PC 「Restart Now(今すぐ再起動する)」をクリックします。するとUbuntuが再起動します。
ここで再起動されるのはVMのみです。パソコン自体は再起動しません。
PC このような画面になります。 「Please remove the installation medium, then press ENTER.」とのメッセージが表示されるので、 VMウインドウのメニューから[ファイル]-[閉じる]を選びます。
PC するとこのような画面になるので、 「仮想マシンの電源オフ」を選んで「OK」します。
VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンから設定画面を呼び出し、「ストレージ」メニューで光学ドライブにマウントしていたUbuntuのisoファイルを取り外します。 (自動的に取り外されているはずです)
そしてVirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックし、VMを再起動します。
PC するとUbuntuのログイン画面、もしくは「自動的にログイン」を選んだ場合は、このようなUbuntuのデスクトップが表示されます。 ログイン画面が表示されたときは、先ほどインストール時に入力したユーザーIDとパスワードを入力すればログインできます。
最初に表示されるのは、オンラインサービスアカウントでのログインを行うか否かです。 Ubuntu上でもこれらのオンラインサービスを使いたい場合はログインしてください。
Ubuntuをプログラム開発等で使うだけなら、ログインは不要でしょう。右上の「Skip」をクリックします。
PC つづいて自動でパッチをインストールしてくれる“Livepatch”機能の有効化についてです。 お好みで設定してください。 右上の「Next」をクリックします。
PC つづいてUbuntuの不具合などの情報を開発者に報告するか否かの選択です。 お好みで設定してください。 右上の「Next」をクリックします。
PC つづいて位置情報サービスの利用の選択です。 お好みで設定してください。 デスクトップPCで開発に使用する場合は、そもそもGPSもついていないので、OFFのままでよいでしょう。 右上の「Next」をクリックします。
PC ここまでで初期設定はおしまいです。 右上の「Done」をクリックします。
PC そしてこのように最新のアップデートがある旨が表示されたら「Install Now(今すぐインストール)」しておきましょう。
なお、インストール直後は様々なジョブが一斉に走り始めるため、ハードディスク使用量が100%に張り付き、ほとんど操作不能になります。 10分程度は何もせず放置しておくのが良いようです。
以上でUbuntuのインストールは完了です。 つづいて便利な設定を行います。

Ubuntuの使い方の基本

ロック画面からの復帰
PC Ubuntuの画面が時計表示のロック画面となったら、VMウインドウをクリックしたうえで、キーボードからEnterキーを打鍵します。 するとパスワード入力画面になるので、Ubuntuのインストール時に設定したパスワードを入力します。
電源OFF/シャットダウン
PC メニューバー右上の電源アイコンをクリックするとこのような画面になります。 ここから「Power off/Log out」をクリックするとメニューが拡張され、「Power Off」をクリックするとシャットダウンできます。
Terminal(コンソール)の表示
PC Terminal(コンソール)を開くには、Ubuntuのデスクトップで右クリックメニューから「Open in Terminal(端末を開く)」を選びます。 普通のLinux同様、コンソールから 「shutdown -h now」と打ち込めば、シャットダウンできます。 もちろん「shutdown -r now」で再起動が可能です。
Ubuntuのアップデートや設定変更など、システムそのものにかかわる操作を行った後は、 確実な設定完了のために、Ubuntuのシャットダウン、VirtualBoxマネージャの終了まで行った後に、VirtualBox、Ubuntuを再起動することをお勧めします。
設定画面の呼び出し
PC Ubuntuの設定画面は、左のアイコン列からドットの並んだアイコン(その他)をクリックし、 表示される検索テキストボックスに“settings”と入力します。
PC (システム設定) をクリックすると呼び出せます。 いろいろなシステム設定の変更が行えます。
ファイルの管理
PC Ubuntuデスクトップ左のアイコンから (ファイル) をクリックするとこのような画面になります。 Windowsのエクスプローラーのようにフォルダ/ファイルを操作することができます。

ネットワークProxyの設定

PC 会社内ネットワークなど、ネットワークアクセスにProxyサーバーを使う環境では、UbuntuにもProxyを設定しないとネットワーク接続できません。 これは、 (システム設定) -[Network]画面で設定できます。
「Network Proxy」欄にある設定アイコンをクリックします。
PC するとこのような画面になるので、「Manual」を選び、Proxyサーバーのアドレスとポート番号を設定します。
Ubuntu上で (FireFox) を起動して、Google等任意の外部WebサイトにアクセスできればOKです。
さらにapt-getコマンド実行時にもProxyを効かせるには、/etc/apt/apt.conf ファイルに 下記を記述します。
Acquire::ftp::proxy "ftp://userid:password@proxy.name:proxy.port/";
Acquire::http::proxy "http://userid:password@proxy.name:proxy.port/";
Acquire::https::proxy "https://userid:password@proxy.name:proxy.port/";
なお、一般家庭では通常Proxyの設定は不要です。

Ubuntuを最新にアップデートする

PC Ubuntuの最新アップデートモジュールをインストールします。 左のアイコン列から (ソフトウェアの更新) をクリックします。 またはドットの並んだアイコン(その他)をクリックし、検索テキストボックスに“software update”と入力して検索します。
PC するとソフトウェア更新の確認が始まります。
初期設定時に“Livepatch”機能を有効にしていると、パッチはバックグラウンドでインストールされています。 再起動が必要な場合には、このような画面になります。 「Restart Now」をクリックすればUbuntuが再起動します。
確実な設定完了のためには、Ubuntuのシャットダウン、VirtualBoxマネージャの終了まで行った後に、VirtualBox、Ubuntuを再起動することをお勧めします。

Guest Additionsのインストール

PC Guest Additionsとは、Oracle VM VirtualBoxが提供する、ゲストOSとホストOSをシームレスにつなぐための各種追加機能のパッケージです。 各ゲストOS用に準備されています。 インストールするには、VirtualBoxのメニューから[デバイス]-[Guest Additions CDイメージの挿入...]を選びます。
PC このようなメッセージが表示されます。「Run」をクリックします。
PC つづいてこのようなメッセージが表示されます。Ubuntuのインストール時に設定したパスワードを入力します。
PC インストールが始まります。 数分待つとコンソールに「Press Return to close this window...」というメッセージが表示されます。 [Enter]キーを入力すれば完了です。
つづいてコンソールで「shutdown -r now」でUbuntuを再起動すると有効になります。
確実な設定完了のためには、Ubuntuのシャットダウン、VirtualBoxマネージャの終了まで行った後に、VirtualBox、Ubuntuを再起動することをお勧めします。

ホストとクリップボードを共有する

PC UbuntuとWindowsの間でクリップボードを共有することができます。 コマンドなどのコピー&ペーストがシームレスにできます。 VirtualBoxのメニューから[デバイス]-[クリップボードの共有]-[双方向]を選択します。 つづいてコンソールで「shutdown -r now」でUbuntuを再起動すると有効になります。
確実な設定完了のためには、Ubuntuのシャットダウン、VirtualBoxマネージャの終了まで行った後に、VirtualBox、Ubuntuを再起動することをお勧めします。

共有フォルダを割り当てる

PC VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックします。
するとこのような画面になります。 VirtualBox マネージャー画面で選択中の仮想マシンに対して、各種設定を行うことができます。
しかし一部のメニューはVM起動中には変更できません。 一旦Ubuntuをシャットダウンしましょう。
そして左メニューから「共有フォルダ」を選び、右端にある (フォルダ追加) アイコンをクリックします。
PC するとこのような画面になります。 「フォルダーのパス」欄をクリックし、[その他]を選ぶと任意のフォルダが指定できます。 最初に準備しておいた「「ホストOS(Windows)とファイルをやり取りするための共有フォルダ」を指定します。 また「自動マウント」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
PC 無事共有フォルダーが追加できました。 「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

Ubuntuから共有フォルダにアクセスする

PC 仮想マシンを作成したときに準備した「ホストOS(Windows)とファイルをやり取りするための共有フォルダ」を、 Ubuntuからアクセスできるようにします。 自分のユーザーIDを「vboxsf」グループに追加します。
コンソールで「sudo gpasswd -a $USER vboxsf」と入力するとパスワードを聞かれるので Ubuntuのインストール時に設定したパスワードを入力します。 つづいて「shutdown -r now」でUbuntuを再起動します。
確実な設定完了のためには、Ubuntuのシャットダウン、VirtualBoxマネージャの終了まで行った後に、VirtualBox、Ubuntuを再起動することをお勧めします。
PC Ubuntuデスクトップ左のアイコンから (ファイル) をクリックするとこのような画面になります。 「sf_[共有フォルダ名]」というフォルダが見えています。 ここを介してUbuntuとWindowsの間でファイルをやり取りすることができます。

3Dアクセラレーションの有効化

HandBrakeのビルドを行うだけなら設定不要です。 仮想マシン上で、3Dゲーム等も動かしたい場合は、ここをセットしておきましょう。
PC VirtualBox マネージャー画面左上の アイコンをクリックします。
左メニューから「ディスプレイ」を選び、「アクセラレーション」欄を確認します。 あなたのパソコンに3Dアクセラレーターが搭載されていて、それがVirtualBoxで利用できるときは 「3Dアクセラレーションを有効化」がチェックできます。
もしこの後、画面描画に問題が出るときは、ここのチェックを外してください。
つづいて、このUbuntuを使ってHandBrakeをビルドしてみましょう。