• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ホームボタンの復活/故障対策:AssistiveTouchの使い方

iPod/iPad/iPhoneの故障で多いのが液晶ディスプレイの破損とホームボタンの故障です。 液晶ディスプレイの破損は交換修理してもらうほかありませんが、ホームボタンの故障時は、AssistiveTouch(アシスティブ・タッチ)という機能を使うと、それを代用することができます。
また、FaceID(顔認証)対応の、ホームボタンが無くなったモデルで、AssistiveTouch機能を使ってホームボタンを復活することができます。
そのほか、iPod/iPad/iPhoneの故障と修理については下記のページで説明していますのでご参照ください。 調子が悪い時の対策:iPhoneのリセット・再起動・アプリ強制終了の方法 iPhoneを修理するいくつかの方法

AssistiveTouchとは

AssistiveTouch(アシスティブ・タッチ)とは、スイッチのプッシュ操作などが困難な身体障害者等の方々のために、 画面タッチでスイッチ操作を代行するためのアシスト機能です。 これをオンにすると、いくつかの機能がタッチパネルのタッチだけで操作できるようになります。

AssistiveTouchを有効にする

iPad iPhone AssistiveTouchを有効にするには、 設定(設定)-(アクセシビリティ)(iOS13以降) または 設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ](iOS12以前) 画面で[AssistiveTouch]を選びます。
iPad iPhone するとこのような画面になるので、AssistiveTouchを タッチパネル:ON(オン)にします。
ここでホーム画面に戻ると・・・
iPad iPhone このようなAssistiveTouchのアイコンが表示されています。 このアイコンは、画面上をドラッグして、好きな位置に移動することができます。
iPad iPhone AssistiveTouchの動作は「カスタムアクション」欄で変更することができます。 任意の機能を割り当てることが可能です。

AssistiveTouchを使う

iPad iPhone 初期状態ではAssistiveTouchの「シングルタップ」に「メニューを開く」が割り当てられています。 このときAssistiveTouchアイコンをタップすると、このようなメニュー画面になります。 各アイコンをタップすると、その機能を呼び出すことができます。
「ホーム」をタップすると、ホームボタンを押した時と同じ動作をします。これでホームボタンの代用ができます。
iPad iPhone 上の画面で「デバイス」をタップするとこのような画面になります。 音量の操作など、本体のスイッチを使う操作が、タッチパネルから行うことができます。 中央の矢印マークをタップすると、ひとつ前の画面に戻ります。
iPad iPhone 上の画面で「その他」をタップするとこのような画面になります。 「ジェスチャ」を選ぶと、画面を2~5本指でタッチする操作も1本指でできます。 「スクリーンショット」を選ぶと、その時の画面を「写真」にキャプチャします。 画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮る
iPad iPhone 設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ]-[AssistiveTouch]の画面で 「最上位メニューをカスタマイズ」を選ぶと、このメニュー構成を変えることができます。 「スクリーンショット」をよく使う人は、これを最上位メニューに設定すると便利です。

AssistiveTouchをホームボタンとして使う

iPhone AssistiveTouchのカスタムアクションとして、「シングルタップ」に「ホーム」、「ダブルタップ」に「 Appスイッチャー」、「長押し」に「 Siri 」を設定すると、この白丸アイコンをホームボタンのように使用できます。 従来のホームボタンの機能が、AssistiveTouchで再現されます。
ホームボタンが故障したとき、あるいはFaceID(顔認証)対応の、ホームボタンが無くなったモデルで、 ホームボタンを復活させることができます。 アプリの切り替え/終了:Appスイッチャー 人工知能 Siriの使い方:iPhoneを音声で操作