• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchで写真を見る

iPhone ホーム画面から(写真)を起動すると、Apple Watchに格納された写真を見ることができます。
最初は、iPhoneの (写真) で (ラブ)マークをタップし、「お気に入り」アルバムに表示されている写真が転送されています。
上下にスワイプするとほかの写真を見ることができます。 またデジタルクラウンで拡大縮小、画面をドラックすると表示位置の移動、写真をタップすると全画面表示ができます。
iPhone Apple Watchに格納する写真は、 (Watch)-[マイウオッチ]-[写真]の 「選択された写真アルバム」欄でアルバム単位で指定できます。 またこの画面の「写真の上限」欄で、Apple Watchに格納する写真の容量を制限できます。 25枚(5MB)、100枚(15MB)、250枚(40MB)、500枚(75MB)から選択できます。
iPhone 写真を全画面表示にしたところです。
左右にスワイプするとほかの写真を見ることができます。 また、この画面でもデジタルクラウンで拡大縮小、画面をドラックすると表示位置の移動ができます。
写真が Live Photos であった場合は、画面右下のアイコンをタップするとアニメーションします。
また、画面左下のアイコンをタップすると、この写真を使った 文字盤が作成 できます。 「マイ文字盤」に登録さるので、Apple Watchで時計表示にして、画面を端から左右にフリックすると切り替えられます。
iPhone 文字盤は、写真から幾何学模様を作り出す「万華鏡」と、そのまま写真を使う「写真」から選べます。 また、時刻の表示位置や色の変更、時刻表示の上下に2つのコンプリケーションが設定できます。
このような文字盤が作成できます。

もっとApple Watchのことを知りたい