• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchでメールを読む

通知画面から読む

iPhone iPhoneでEメールの使用と、その着信通知が設定されていれば、Apple Watchにも受信通知が届きます。 時計画面を上から下へスワイプすると、iPhone同様通知画面にメールが表示されます。
そのままドラッグまたはデジタルクラウンを回して、メール本文を読むことができます。 HTMLメールでも表示可能です(watchOS5以降)。
この画面を上から下にドラッグすると、通知画面から消えます。
なお、iPhoneを操作していると、受信通知はiPhoneに届きます。 このとき、Apple Watchには通知は届きません。 iPhoneでのEメールの使い方 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方
iPhone メール本文を一番下までスクロールするとこのようになります。 メールの処理を選べます。 この画面をさらにスクロールして、一番下にある「閉じる」をタップすると通知画面から消えます。
iPhone 「返信」をタップするとこのようになります。 (メッセージ)アプリ同様、スマートリプライ、音声入力、絵文字/ステッカー、Scribble(走り書き)を使って返信できます。 詳しくはApple Watchでメッセージを使うをご覧ください。 Apple Watchでメッセージを使う
iPhone 通知画面の通知は、左にフリックすると現れる「×(消去)」ボタンでも消去できます。 ここで「...」と書かれたボタンをタップすると・・・
iPhone iPhoneと同様、通知方法を詳細に指定できます。
オフにする」を選ぶと通知そのものを無効にします。
目立たない形で配信」を選ぶと、 「通知センター」への表示以外はすべてオフになります。今後の通知は直接通知センターに通知します。 これらの具体的な設定内容についてはアプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方 をご覧ください。 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方

メールアプリから読む

iPhone ホーム画面から(メール)を起動すると、受信ボックスを見ることができます。 メールタイトルのリストが見えます。
iPhone Apple Watchで閲覧する受信ボックスは、iPhoneで選択します。 (Watch)-[マイウオッチ]-[メール]で 「メールを含める」をタップすると、Apple Watchで見る受信ボックスを指定できます。
また、この画面で署名も指定できます。
さらにここで「デフォルトの返信」を選ぶと、返信に使う既定メッセージを編集することができます。 13個の既定のメッセージを編集することも、「返答を追加...」することもできます。
iPhone メールタイトルをタップすると、本文を読むことができます。 下にスクロールすると、全文が読めます。 画面の上の端をタップするか、デジタルクラウンを素早く回すと、メールの先頭に戻れます。
iPhone 画面の最後にある「返信」をタップするとこのような画面になります。 (メッセージ)と同じ方法で返信することができます。 Apple Watchでメッセージを使う
iPhone 差出人をタップすると、差出人(From)、宛先(To)、CCのリストが表示されます。
iPhone 差出人(From)、受取人(To)の名前をタップすると、このような画面になります。 電話、メッセージを送ることができます。
iPhone メール画面を強く押すと、このような画面になります。 メールの処理を選べます。

送信する、続きをiPhoneで読む

iPhone Apple Watchでは新規メールは作成できませんが、返信については定型文/絵文字/音声入力で出来ます。 この方法についてはApple Watchでメッセージを使うをご覧ください。
また、Apple Watchでメールアプリを開いているときにiPhoneの待ち受け画面を見ると、左下にメールアイコンが現れます。 これを下から上にドラッグすると、Apple Watchで見ているメールの編集画面が開きます。 返信、送信はiPhoneで行います。
もしこのアイコンが表示されないときは、iPhoneでHandoff(ハンドオフ)の設定が行われていません。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Handoffを有効にする]が タッチパネル:ON(オン) になっているか確認してください。 またiPhoneでiCloudの設定を行ってください。 Handoff(ハンドオフ):アプリの同期

Apple Watchだけで表示されるメールを作る

Apple Watchは、MIMEの特殊パート「text/watch-html」を解釈し、それを表示する機能があります。 Eメールに「text/watch-html」パートが含まれていた場合、Apple Watchは「text/plain」パートの代わりにこちらを表示します。 「text/watch-html」パートでは、 「<b>(ボールド)」「<i>(イタリック)」「<u>(アンダーライン)」「<ol><li>(番号付きリスト)」「<ul><li>(リスト)」 フォントカラー、文字の右寄せ・左寄せ・センタリング、などがサポートされています。 下記のページで詳細が読めます。 How To Send a Hidden Version of Your Email That Only Apple Watch Will See(litmus) HTML parsing quirk allows 'hidden' email content viewable only on Apple Watch(appleinsider) なお、通常のメールソフトでは、手動で「text/watch-html」パートを作ることができませんが、 PutsMail というWebメーラを使うと、これを作ることができます。 PutsMail

もっとApple Watchのことを知りたい