• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple PayへSuicaを登録する方法(Apple Watch)

ここでは手元にあるSuica(定期券付き)をApple Watchへ追加してみます。
なお、Apple Payの使い方全般についてはApple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。

Suicaの登録方法

iPhone Apple Payを使用するには、事前に「手首検出」を タッチパネル:ON(オン) にする必要があります。 これは(Watch)-[マイウオッチ]-[一般]で設定します。
また iCloudへのサインインと、 Face ID(顔認証)または Touch ID(指紋認証)または パスコードロック(キー操作ロック) の設定が必要です。もしまだiCloud、Face ID、Touch IDまたはパスコードロックを使用していないときは、まずこの設定を済ませてください。
なお、カード登録後、これらのいずれかをオフにすると、安全確保のため登録したすべてのカードが削除されます。 削除されたカードは再登録が可能です。
iPhone (Wallet)アプリ でiPhoneに登録したSuicaを、Apple Watchに移すことができます。 (Watch)アプリ を開いて[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]を選ぶと、iPhoneに登録したクレジットカードの一覧が表示されます。 Apple Watchに設定したいSuicaの右にある「追加」をタップします。
詳しくはSuicaをiPhoneとAppleWatchの間で移動する方法をご覧ください。
直接Apple Watchにカードを追加する
iPhone 7以降を持っておらず、Apple Watch Series 2以降のみを所有している場合などは、 直接Apple Watchにカードを追加することも可能です。 これは(Watch)-[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]で設定します。 手順はiPhoneにカードを追加する場合と同じです。
iPhone このような画面になります。右上の「次へ」をタップします。
iPhone SuicaがApple WatchのWalletアプリに取り込まれました。
iPhone 最初に登録したSuicaは自動的に「エクスプレスカード」に設定されます。 これは改札で立ち止まらなくてもよいように、Touch IDを使わずに決済できる機能です。 「エクスプレスカード」に設定できるのは、取り込んだSuicaの中の1枚だけです。 複数のSuicaを取り込んだときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]の画面で どのカードを「エクスプレスカード」にするかを指定することができます。
iPhone [マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]を選ぶと、この通り登録されています。 カード名をタップすると詳細情報を見ることができます。 Apple Payで購入した商品を返品するときなど、店頭で「デバイスアカウント番号」を聞かれたときは、この詳細情報画面から確認します。
複数のカードを取り込んだときは、この画面で、普段使用するカードを「メインカード」に設定できます。 この下の「配送先住所」「メール」「電話」を入力しておくと、必要に応じて、決済時に店舗にこれらの情報が自動的に送信されます。
このApple Watchからカード情報を削除するには、カード名をタップして表示される詳細情報画面の下にある「カードを削除」をタップします。

登録したカードの使い方

iPhone お店で決済するときは「Suicaで支払います」と言ってサイドボタンをダブルクリックします。 するとこのような画面になります。 あとは読み取り機にApple Watchを付けた手首を近づけるだけでOKです。
iPhone Apple Watchに複数のカードを登録しているときは、画面を左右にフリックすると、支払いに使うカードを切り替えることができます。
iPhone 「エクスプレスカード」に設定されているカードを使うときは、ただApple Watchを付けた手首を読み取り機に近づけるだけでOKです。 Apple Watchを読み取り機に当てる必要はないので、左腕に着けていても無理なく改札を通ることができます。 上着でApple Watchが隠れていても大丈夫です。
確実にApple Watchで改札を通るコツは、Apple Watchの正面(ディスプレイ面)を、しっかりと読み取り機に相対させることです。 読み取り機に対して、Apple Watchが傾いていると、読み取り失敗することがあります。 逆にしっかり相対させると、5cmくらい離した状態でも読み取れます。

Suica使用中にトラブルが発生したら

iPhone もし改札でエラーになったり、駅員端末で Apple Pay の Suica を処理しなければならないときは、Suicaの表示されている画面を強く押します。 するとこのような画面になるので「ヘルプモードをオンにする」を選んでから、Apple Watchを駅係員に手渡します。 すると改札通過処理や、必要に応じて清算してくれます。
なお、AppleWatchの電源がOFFになっていたり、省電力モードにしているとSuicaは使用できなくなります。

もっとApple Payのことを知りたい