• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ドラッグ&ドロップでアプリ間のデーターコピー

iOS11以降にアップデートしたiPadシリーズでは、ドラッグ&ドロップでアプリ間のデーターコピーができます。

マルチタスクでデーターコピー

Slide Over(スライドオーバー)やSplit View(スプリットビュー)の機能を使って複数のアプリを開いているときに、ドラッグ&ドロップでアプリ間のデーターをコピーすることができます。 さらにアイテムをドラッグ中に、別の指で別のアイテムをタップすることにより、複数のアイテムを同時にドラッグ&ドロップすることができます。 なお、ホーム画面でのアイコン移動でも、これと同じ手順で、複数のアイコンの同時移動が可能です。
「写真」から「ファイル」へ写真やビデオをコピーしたり、「写真」から「メール」や「メモ」、「メッセージ」へ写真やビデオを添付したり、「ファイル」から「メール」や「メモ」へ文章を添付したり、「Safari」から「メール」や「メモ」へ文章や画像、リンクを添付したりできます。 複数アプリを同時に使う:Slide OverとSplit Viewの使い方

シングルタスクでデーターコピー

1つしかアプリを開いていないときでも、アイテムをDockの別アプリのアイコン上にドラッグすると、アイテムをコピーすることができます。 ただし、アイコン上へのアイテムのドラッグに対応しているアプリは限られています。 Dockへのアプリの追加・切り替え

最近開いたアイテムからデーターコピー

「ファイル」アプリをはじめ、一部のアプリでは、Dock上のアイコンを長押しすると、最近開いたアイテムの一覧が表示されます。 それをそのままアプリ画面にドラッグ&ドロップして、貼り付けることができます。
ドラッグ&ドロップでのデーターコピーには、「ファイル」アプリが大活躍します。 うまく使って作業効率をアップしてください。

もっとiPad特有の便利な操作方法を知りたい