• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

音を検知して通知する:サウンド認識の使い方

サウンド認識とは

サイレン、犬・猫の鳴き声、クラクション、水の流れる音、電気機器が立てる音、ドアベルやドアをノックする音、赤ちゃんの泣き声、などの音を認識して、それを通知してくれる機能です(iOS14以降)。 耳が不自由な方や、なんらかの理由で音が聞けない状況で作業するときに役立ちます。
サウンド認識機能を使用するには、デバイスに5.5MBの空き容量が必要です。 またこの機能を有効にすると、“Hey Siri”を使ったSiriの起動ができなくなります。 特に認識させたいサウンドがあるときに、一時的にオンにして使用するのが良いと思います。

サウンド認識のセットアップ

iPad iPhone 設定(設定)- (アクセシビリティ)- (サウンド認識) 画面を開くとこのようになります。 「サウンド認識」を タッチパネル:ON(オン)にします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 「サウンド」をタップします。
iPad iPhone すると認識可能なサウンドの一覧が表示されます。 認識させたいサウンドを タッチパネル:ON(オン)にします。
iPad iPhone このような警告が表示されます。 問題なければ「サウンド認識をオンに変更」をタップします。
iPad iPhone 認識させたいサウンドは、同時に複数指定可能です。

通知方法の設定

iPad iPhone サウンドを検出したときの通知方法は、 Settings(設定)-(通知) で設定できます。詳しくは アプリからの通知:通知センターと「今日」画面の使い方 をご覧ください。

通知を受ける

iPad iPhone デバイスの近くで、指定したサウンドに類似する音が鳴ると、このような通知が届きます。 あくまで通知が届くだけで、それ以上のアクションはありません。
通知メッセージにも「~の可能性のある音」と表現されている通り、高精度でサウンドを検出できるわけではありません。 たとえば甲高い人の声を「猫の可能性」と判断したりします。
このため、この通知を、人命その他の危険にかかわる判断を行うのに使用することは推奨されていません。 参考情報として利用してください。

サウンド認識をオフ/オンする

iPad iPhone サウンド認識機能のオフ/オンは 設定(設定)- (アクセシビリティ)- (サウンド認識) 画面の他に コントロールセンター でも行えます。 必要なときにすぐに切り替えることができます。