• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iOSのバグ情報をアップルに報告する:Feedbackアプリの使い方

パブリック・ベータ版iOSには、不具合・バグ情報をアップルに報告できるFeedbackアプリ(フィードバックアシスタント)が搭載されています。 ここではこのフィードバックアシスタントの使い方を紹介します。
なお、パブリック・ベータ版iOS全般についてはパブリック・ベータ版iOSのインストール/削除方法で紹介しています。併せてごらんください。

パブリック・ベータ版iOSを使用していて不具合やバグ、使いづらいと思うところを発見した場合は、Feedbackアプリでアップルに報告しましょう。 あなたの投稿が、より良いiOSの開発につながります。
iPhone (Feedback)を起動するとこのような画面になります。 フィードバックアシスタントアプリの説明、NDA(機密保持契約)の説明、そして端末情報などがアップロードされることに対する確認画面です。 右下の「同意する」をタップします。
iPhone つづいてサインイン画面になります。Apple IDでサインインします。
iPhone するとメニューが表示されます。 使い方はEメールアプリに似ています。 アップルに報告するには「新規フィードバック」またはをタップします。
なお「受信」ボックスにはアップルの開発チームからのニュースが届きます。 リリースノートや、アンケート(Survey)の依頼などが届いたりします。
iPhone 「新規フィードバック」をタップするとこのような画面になります。 まずは報告対象のOS名、サービス名を選びます。
iPhone するとこのようなん画面になります。 各項目を順にタップして、報告内容を埋めていくだけです。
1つめの欄には、問題のタイトルを考えて入力します。 発生している問題を簡潔に表すタイトルにしましょう。
2つめと3つめの欄で、問題の機能と現象を選択します。
以降の欄は、選択結果によって変化します。 アップルの開発者にわかりやすいように、起きている現象と、それを再現させる方法を詳しく書くようにしましょう。
iPhone 項目の一番最後には「ファイルアップロード」という項目があります。 アップルの開発者が使用できるログファイルなどを添付することができます。 ログファイルは、「iOS Sysdiagnose」と書かれた部分をタップすると自動的に収集・添付できます。極力添付するようにしましょう。
また現象発生時のスクリーンショットなどが撮れた場合は「画像またはビデオを追加」をタップして添付します。
最後に右上の「送信」をタップすれば完了です。