• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の使い方

厚生労働省とアップルは、2020年6月19日15時過ぎに「 新型コロナウイルス接触確認アプリ( COCOA : COVID-19 Contact-Confirming Application ) 」を公開しました。
これは過去2週間に、新型コロナ陽性患者の近くに15分以上いた場合に、それを通知してくれるアプリです。 自分が新型コロナ感染の可能性が高い状態にあったか否かを知ることができます。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)とは?

新型コロナの感染者の早期発見と、感染拡大阻止を目的としたアプリです。 アップルとGoogleが共同開発したAPI (Apprication Interface:プログラムの開発基盤) を利用し、Bluetoothを使って、過去2週間に、新型コロナ陽性患者の近く(約1m以内)に15分以上いた場合に、それを通知してくれます。 使い方は簡単、アプリをインストールしてしまえば、あとは自分が陽性とならない限り、特に操作は必要ありません。 このアプリの機能はシンプルで、下記の2つの機能を持ちます。
デバイス同士の接近を記録する
自分のデバイスと15分以上接近したデバイスを記録します。 データは各デバイスにのみ保存され、どこかのサーバーにアップロードされるようなことはありません。 位置情報などを含めた個人情報は保存されません。 また2週間を経過したデータは削除されます。
「陽性」ユーザーのデバイスと接近したデバイスにそれを通知する
アプリでユーザーが新型コロナの「陽性」となったことを申告すると、過去2週間に、そのユーザーのデバイスと15分以上接近したデバイスに、その旨が通知されます。 個人情報は保存されないため「誰が」「いつ」「どこで」といった情報はわかりません。 また「陽性」の申告には、「新型コロナウイルス感染症等情報把握・管理システム(HER-SYS)」から発行される「処理番号」が必要であり、虚偽の申告はできません。 (処理番号の発行は2020年7月3日(金)にスタート)
このような仕組みであるため、機能が有効に働くには、より多くのユーザーがこの機能を有効にする必要があります。 全国民の約6割以上が設定すると、エピデミック(局地的な流行)を抑えられるとされています。 もちろんそこまで普及しなくとも、それなりの効果が期待できます。
アップルとGoogleは、このAPIを使用してアプリを開発できるのは、各国とも1つのみと定めており、日本の場合は厚生労働省がリリースするこのアプリが唯一のオフィシャルアプリです。 日本国内の企業である「パーソルプロセス&テクノロジー」が開発しました。
また2020年9月2日にリリースされたiOS13.7では、iOSの基本機能として組み込まれました。 しかし国内ではアプリの使用が必要です。
接触確認アプリの持つ機能は、各国で異なっており、中には接触情報をサーバーで管理するような仕組みを持たせている国もありますが、 日本の場合は上記のように非常にシンプル。 個人情報は全く収集されないような仕様で実装されています。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のダウンロード

まずはApp Storeで「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をダウンロードして、iPod/iPad/iPhoneにインストールしてください。
注意: このアプリは、アップルとGoogleが共同開発したAPIを搭載している iOS13.5 以降でないと動作しません。 iOS13.5未満の場合は、まず最初に iOSをバージョンアップ してください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact-Confirming Application)

    厚生労働省公式 メディカル 無料

    厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。本アプリを端末に設定した人どうしの接触(1m以内、15分以上)を記録します。新型コロナウイルスに陽性と判定されたら本アプリに匿名で登録することができます。最近接触した人の中に陽性登録した人がいたら、通知と適切な行動をお知らせします。氏名・電話番号などの個人情報や、GPSなど端末の位置情報を使うことはなく、それらが記録されることもありません。

    詳細を見る(App Store)

インストールと初期設定

アプリのセットアップは簡単、起動して画面に従って「次へ」ボタンをタップしていくだけです。 個人情報などの入力は必要ありません。
iPhone アイコンをタップして新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を起動します。 そして「次へ」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「利用規約へ」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 内容を確認の上 「規約に同意して次へ」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 内容を確認の上 「同意する」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 他のユーザーのデバイスとの接近を検出するための、 Bluetooth通信機能 を有効にすることの許可の要求です。 「有効にする」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 他のユーザーとの接触記録をデバイスに保存することに対する許可の要求です。 「有効にする」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「ホーム画面へ」または「使い方を学ぶ」をタップします。
使い方は、いつでもホーム画面から呼び出すことができます。
iPhone 「ホーム画面へ」をタップするとこのようになります。 以上で準備完了です。
画面右上の「使い方」をタップすると、使い方を読むことができます。

陽性患者との接触の可能性を確認する

陽性患者との接触の可能性が検知されると通知が届きますが、手動で確認を行うこともできます。
iPhone ホーム画面で「陽性者との接触を確認する」をタップします。
iPhone このような画面になります。 接触が確認されていないときは、これで終わりです。 左上の「<戻る」をタップするとホーム画面に戻ります。

あなたが陽性と判断されたとき

あなたが陽性と判断されたときは、それをアプリに登録することによって、過去2週間にあなたと15分以上近くにいた人に、通知が届きます。 もちろんあなたの個人情報は一切通知されません。
iPhone ホーム画面で「陽性情報の登録」をタップします。
iPhone このような画面になります。 「同意して陽性登録する」をタップします。
iPhone このような画面になります。 画面中央に「新型コロナウイルス感染症等情報把握・管理システム(HER-SYS)」から発行された「処理番号」を入力します。 そして「登録する」をタップします。

アプリの設定を変更する/アプリを初期化する

iPhone 画面左上のハンバーガーメニューをタップします。
iPhone このような画面になります。 「アプリの設定」をタップします。
iPhone このような画面になります。
「使用中止」をタップすると、デバイスに保存された接触データをすべて削除し、アプリを初期化することができます。
iPhone 上で「使用中止」をタップすると、このような画面になります。 OKをタップするとデータが削除されます。
iPhone このような画面となり、アプリが初期化されます。 OKをタップするとアプリが終了します。
アイコンをタップして新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を起動すると、初期設定からやり直しとなります。

iOSで接触確認機能を設定

新型コロナウイルス接触確認の基本機能はiOSの中に組み込まれています(iOS13.7および14以降)。 ただし国内では本機能は使用できず、「COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ」の使用が必要です。
iPhone Settings(設定)-[接触通知]をタップします。
iPhone 「使用する国/地域が設定されていません」をタップします。
iPhone 「COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ」をタップします。
iPhone 「使用する国/地域として設定」をタップします。
iPhone 「使用する国/地域として設定」がグレーに変わります。 以上で設定は完了です。 できれば「旅行状況を共有」も タッチパネル:ON(オン) にしましょう。
iPhone 画面左上の「<」をタップして Settings(設定)-[接触通知] 画面に戻ると、このようになっています。 「使用する国/地域」として「COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ」が設定されました。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)関連ニュース&リンク集