• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Bluetooth無線キーボードの使い方

iPhone Bluetooth
iPod/iPad/iPhone/AppleTVでは、市販のBluetooth(HIDプロファイル)通信規格に対応した無線キーボードを使用することも可能です。 文字入力をする機会が多い人には、画面に表示されるソフトウェアキーボードより、Bluetoothキーボードのほうが使いやすいかもしれません。 ここでは、Bluetooth無線キーボードの使い方を説明します。
その他Bluetooth機能の使い方の詳細については、Bluetoothの使い方で詳しく説明しています。 あわせてご参照ください。

Bluetooth無線キーボードの選択

今や数多くのBluetooth無線キーボードが販売されています。 これらの大きな違いはそのキー配列です。iOS(iPad/iPhone)専用モデルの他に、Windows/Macパソコン共用モデル、かなキーやテンキーの有無など多くのバラエティがあります。 しかしWindows用のBluetoothキーボードでは、iOSでの全角/半角の変換が出来ないため、半角英数字が入力出来ないものもあります。 iPod/iPad/iPhone/AppleTVで使用する場合は、iOS対応モデルを選ぶことをお勧めします。
なお、Bluetoothキーボードが使用できるのは、iOS3.2以降にアップデートしたiPadシリーズ(全モデル)/iPhone(3GS以降)/iPod touch(第二世代以降)のみです。

Bluetooth無線キーボードのペアリング(接続)

ここではBluetooth無線キーボードと、iPod/iPad/iPhoneとのペアリング(接続)のしかたを説明します。
まずは接続したいBluetooth無線キーボードをペアリングモードにします。 あなたがお持ちのBluetooth機器/受信機に付属している説明書をご覧ください。 電源ボタンなどを長押しするものが多いようです。
ロジクール K380 の場合は、キーボード左上に並ぶ3つの黄色いボタンそれぞれに1つのデバイス、合計3台のデバイスとペアリングできます。 いずれかのボタンを3秒以上長押しするとランプの点滅が早くなり、ペアリングモードになります。
iPhone Bluetooth iPhone Bluetooth つづいて、iPod/iPad/iPhoneで、ペアリングモード中の機器/受信機を検索します。 設定(設定)- (Bluetooth) を選び、 [Bluetooth]をタッチパネル:ON(オン)にします。
すると「(その他の)デバイス」欄に、近所にあるペアリングモードのBluetooth機器の名前が表示されます。 ここで、新たに接続したい機器名(ここでは"Keyboard")を選択します。
もしうまく接続できないときは、いちどiPod/iPad/iPhoneで、一旦このBluetooth機器の情報を削除し、再度ペアリングをやり直します。 情報削除については下の「Bluetooth機器のペアリング解除(情報削除)」をご覧ください。
AppleTV AppleTV(第二/三世代)の場合は、[設定]-[一般]-[Bluetooth]を選びます。 すると図のように、近所にある受信機の名前が表示されます。 過去に接続したことのあるデバイスの一覧も表示されます。 ここで、新たに接続したい機器名(ここでは"Bluetooth Keybord")を選択します。
iPhone Bluetooth 接続する機器によっては、機器側でコード(パスワード)の入力が必要となったり、逆にiPod/iPad/iPhone側でコード(パスワード)の入力が必要になる場合があります。 この場合は、機器の使用説明書に沿って指定されたコードを入力します。
iPhone Bluetooth iPhone Bluetooth すると「自分のデバイス」欄に「接続済み」と表示されます。
これでペアリングは完了です。
iPhone Bluetooth それではBluetoothキーボードで文字を入力してみましょう。 BluetoothキーボードをiPod/iPad/iPhoneに接続すると画面のソフトウェアキーボードは隠れ、Bluetoothキーボードの電源を落とすと即座にソフトウェアキーボードが現われます。
その他、Bluetoothキーボードを使うと下記のような操作が可能です。
  • 日本語/英語切り替え:[ALT]+[スペース](Win)/ [Command]+[スペース] or [英数]/[かな](Mac)
  • ソフトウェアキーボード表示ON/OFF:イジェクトキー(Mac)
  • テキストの選択:[SHIFT]+[カーソルキー]
  • コピー:[ALT]+[C](Win)/ [Command]+[C](Mac)
iPad iPhone Bluetooth なお、バッテリ消費が気になるときは、まめにiPhone側のBluetoothもオフにしましょう。 コントロールセンター画面でBluetoothのオン/オフが簡単に操作できます(iOS7以降)。
もちろん 設定(設定)- (Bluetooth) 画面でも[Bluetooth]をタッチパネル:OFF(オフ)にできます。
うまく接続できないときは、下記の記事も参考にしてください。

キーボード・ショートカットの活用

Bluetoothキーボード使用時には、[⌘(コマンド)]キーとの組み合わせで入力できる、キーボード・ショートカットが使えます。 使用できるショートカットは、アプリによって異なります。 [⌘(コマンド)]キーを長押しすると、使用できるショートカットの一覧が表示されます。
なお、[⌘(コマンド)]キーが無いキーボードでは、一般的に代わりに[(Windows)]キーが使えます。
Safariのキーボードショートカット (iOS13以降)
ショートカット 機能
Command + 0 リーダーモードでデフォルトのフォントサイズを使用
Command + tap リンク先をバックグラウンドで開く
Command + Alt/Option ダウンロードの停止/再開
Command + Alt + tap リンクを新しいウインドウで開く
Command + E 選択した文字列を使って検索する
Command + I 表示しているページをメールで送る
Command + Shift + tap リンクを新しいタブで開く
Command + - リーダーモードのフォントサイズを小さくする
Command + + リーダーモードのフォントサイズを大きくする
Command + + 拡大する
Command + - 縮小する
Command + S ページを保存する
Alt/Option + tab 選択しているアイテムを切り替える
Command + Alt/Option + F 検索ウインドウを選択する
Command + W アプリでWebビューを閉じる
Alt + tap リンク先のファイルをダウンロードする
Shift + tap リンクをリーディングリストに追加する
Command + Alt/Option + W このほかのタブを閉じる
矢印キー 画面をスクロールする
Command + Shift + Alt/Option + V そのまま貼り付ける
Command + Shift + N 新たにプライベートタブを開く
Command + 0 元のサイズに戻す
Command + Return 検索結果を開く
Command + Alt/Option + 1 ブックマークを切り替える

複数デバイスでの共用

多くのBluetooth機器は、1台で、あなたの持っている複数のiPod/iPad/iPhoneなどに接続できる「マルチペアリング」に対応しています。 最初に1回、全てのデバイスでペアリングを行っておけば、あとは各デバイスで機器名を選択するだけで使用できるようになります。
iPhone Bluetooth iPhone Bluetooth マルチペアリング対応機器の場合は、Bluetooth機器の電源をONにして、 設定(設定)- (Bluetooth) 画面の「自分のデバイス」欄の「未接続」となっているペアリング済みデバイス名をタップすればOKです。
マルチペアリング対応していない機器の場合は、事前にもとのiPod/iPad/iPhoneで接続解除しておきます。
また、2台目以降のデバイスとのペアリング時に失敗してしまう場合は、直前に接続していたiPod/iPad/iPhoneのBluetoothを タッチパネル:OFF(オフ) にして完全に切断したうえで、新たなデバイスとペアリングすると良いようです。

Bluetooth機器のペアリング解除(情報削除)

iPhone Bluetooth iPhone Bluetooth 設定(設定)- (Bluetooth) 画面を開き、削除したいBluetooth機器名の右端にある information をタップします。 すると、図のような画面になります。
接続解除」は一時的な接続解除です(iOS9以降)。デバイスにペアリング情報を残したまま接続を解除します。 このBluetooth機器を一時的に別のデバイスで使いたいときに選びます。
このデバイスの登録を解除」は永久的な接続解除です。デバイスのペアリング情報も削除してしまいます。 今後このBluetooth機器を使用する予定がないときに選びます。 「このデバイスの登録を解除」した後、再度接続したいときはペアリングをやり直します。