• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple WatchでPodcastを楽しむ方法

Apple WatchでのPodcastの楽しみ方

watchOS5から、Apple WatchでもオーディオPodcastが楽しめるようになりました (ビデオPodcastはApple Watchでは再生できません)。 Apple WatchでのPodcastの楽しみ方には、次の2つの方法があります。
iPhoneに格納したPodcastを楽しむ
Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneのPodcast再生をコントロールできます。
Apple WatchにPodcastを転送して楽しむ
iPhoneを持ち歩くことなく、Apple Watch単体でPodcastを楽しむことができます。ただし転送可能な容量は限られており、またBluetoothヘッドフォンが必須です。
以下に、それぞれの操作方法を説明します。 なお、Podcastの基本的な説明と、iPhoneでの楽しみ方については Podcast(ポッドキャスト)の使い方をご覧ください。 Podcast(ポッドキャスト)の使い方

Podcastアプリ操作方法の基本

iPhone ホーム画面から(Podcast)をタップします。 初期設定では、iPhoneの「今すぐ聞く」に表示されているオーディオPodcastのエピソードが、自動的にApple Watchに転送されています(WatchOS5/iOS12以降)。 画面にはApple Watchに転送済みのエピソードのアートワークが表示されています。
画面を上から下にスワイプすると、別のエピソードに切り替わります。
Apple WatchにBluetoothヘッドフォンを接続していれば、アートワークをタップするだけで再生が始まります。
さらに画面を上から下にスワイプしつづけると・・・ Apple WatchでBluetoothイヤホンを使う
iPhone メニュー画面が現れます。
「ライブラリ」をタップすると、Apple Watchに転送済みのエピソードを探して再生することができます。
「iPhone上」をタップすると、Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneのPodcast再生をコントロールできます。 詳しくはiPhoneに格納したPodcastを楽しむをご覧ください。

iPhoneに格納したPodcastを楽しむ

Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneのPodcast再生をコントロールできます。
iPhone (Podcast)-[iPhone上]を選ぶと、このような画面になります。 iPod/iPad/iPhoneの (Podcast)アプリと同じように操作することができます。 iPhoneにダウンロードしたPodcastのエピソードを「今すぐ聞く」「番組」「エピソード」「ステーション」メニューから探して再生することができます。 Podcast(ポッドキャスト)の使い方
iPhone エピソードを選ぶとこのような画面になり、再生が始まります。 音声はiPhone本体のスピーカーから聞こえてきます。 iPhoneにケーブルイヤホンやBluetooth無線イヤホンをつないでいると、音声はそちらから聞こえてきます。
中央のスピーカーマークをタップ、またはデジタルクラウンを回転するとボリュームが変わります。
をタップすると、15秒巻き戻します。
をタップすると、30秒早送りします。
をタップするたびに、再生速度を 1.5倍 -> 2倍 -> 1/2倍 -> 標準速度 に切り替えます。
なお、早送り、巻き戻しの秒数は、iPhone側の(Podcast)アプリの設定が反映されます。 設定(設定)- (Podcast) 画面で変更できます。 iPhoneでのBluetooth無線イヤホンの使い方 iPhoneをTVやコンポに接続:AirPlayの使い方
iPhone
再生中に画面を強く押すとこのような表示となります。 (AirPlay)アイコンをタップすると、 AirPlay機能を使って、音声の出力先を別のオーディオ機器に切り替えることができます。 iPhoneをTVやコンポに接続:AirPlayの使い方

Apple WatchにPodcastを転送して楽しむ

iPhoneからApple Watchに、オーディオPodcastのエピソードを転送(同期)することができます。 Apple Watchにエピソードを転送しておけば、iPhoneを持ち歩くことなく、Apple WatchだけでPodcastが楽しめます。

事前準備


Apple Watch単体でPodcastを聴くには、Bluetooth無線イヤホンが必須です。 事前にApple WatchとBluetooth無線イヤホンをペアリングしておきましょう。 Apple WatchでBluetoothイヤホンを使う

転送と再生


iPhone Apple Watchへ転送するエピソードは、 (Watch)-[マイウオッチ]-(Podcast)で選びます。
「エピソードの追加元」欄で「今すぐ聞く」にチェックを入れておくと、 普段iPhoneでよく聞いている番組の最新エピソードが自動的にApple Watchに転送されます。 これは初期設定で選択されています。
「カスタム」にチェックを入れると、iPhoneで購読している番組の選択画面になります。 選択した番組の最新エピソードが自動的にApple Watchに転送されます。
あとはApple Watchを充電器にセットしてiPhoneのそばに置いておくと、Apple Watchのメモリ空き容量に合わせて、自動的にエピソードが転送されます。 なお、Apple Watchのメモリ容量は、Series 4以降と Series 3のLTEモデルが16GB、その他は8GBです。
iPhone エピソードの転送が済んだら、 ホーム画面から(Podcast)をタップします。
Podcastアプリ操作方法の基本で説明した通り、 Apple Watchに転送済みのエピソードのアートワークが表示されています。
画面を上から下にスワイプすると、別のエピソードに切り替わります。
Apple WatchにBluetoothヘッドフォンを接続していれば、アートワークをタップするだけで再生が始まります。
iPhone 再生中はこのような画面になります。 中央のスピーカーマークをタップ、またはデジタルクラウンを回転するとボリュームが変わります。
をタップすると、15秒巻き戻します。
をタップすると、30秒早送りします。
をタップするたびに、再生速度を 1.5倍 -> 2倍 -> 1/2倍 -> 標準速度 に切り替えます。
なお、早送り、巻き戻しの秒数は、iPhone側の(Podcast)アプリの設定が反映されます。 設定(設定)- (Podcast) 画面で変更できます。
左下の をタップすると・・・
iPhone 再生中のエピソードが含まれる番組の、エピソード一覧が表示されます。 別のエピソードを選んで再生することが可能です。
なお、Apple Watchに転送されていないエピソードを選ぶと、インターネットからダウンロードしながら再生(ストリーミング再生)が行われます。

もっとApple Watchのことを知りたい