• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple WatchでのWalletアプリの使い方

Apple Payの使い方

2016年10月25日から、日本でもクレジットカードより安全な電子マネー:Apple Pay(アップル・ペイ)がスタートしました。

電子チケットの登録

iPhone iPhoneでWalletが設定されていれば、Apple Watchにも自動的に電子チケットが反映されます。 まずはiPhoneでWalletを設定しましょう。

電子チケットを使う

iPhone (Wallet)を起動するとこのようになります。 iPod/iPad/iPhoneと同じように使用することができます。 決済に使用できるカードを選択すると、サイドボタンのダブルクリックで支払いができます。
iPhone 電子チケットをタップするとその詳細を見ることができます。 画面を下までスクロールすると・・・
iPhone バーコードが拡大強調表示されます。 これを空港ゲートのカードリーダや、お店のレジで読み込んでもらえばOKです。

iPhoneでWalletを確認する

iPhone Apple WatchでWalletアプリを開いているときに、iPhoneで Appスイッチャー 画面を見ると、画面下に(Watch)アイコンが現れます。 これをタップすると、iPhoneで(Watch)アプリが起動します。 すぐにiPhoneでWalletの詳細を確認することができます。
もしこのアイコンが表示されないときは、iPhoneでHandoff(ハンドオフ)の設定が行われていません。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Handoffを有効にする]が タッチパネル:ON(オン) になっているか確認してください。 またiPhoneでiCloudの設定を行ってください。

もっとApple Watchのことを知りたい