• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Payへクレジット/プリペイドカードを登録する方法(Apple Watch)

ここでは三井住友VISAカードをApple Watchへ追加してみます。
なお、Apple Payの使い方全般についてはApple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。

クレジット/プリペイドカードの登録方法

iPhone Apple Payを使用するには、事前に「手首検出」を タッチパネル:ON(オン) にする必要があります。 これは(Watch)-[マイウオッチ]-[一般]で設定します。
また iCloudへのログインと、 Touch ID(指紋認証)または パスコードロック(キー操作ロック) の設定が必要です。もしまだiCloud、Touch IDまたはパスコードロックを使用していないときは、まずこの設定を済ませてください。
なお、カード登録後、これらのいずれかをオフにすると、安全確保のため登録したすべてのカードが削除されます。 この場合は、登録をやり直せばまた使えるようになります。
iPhone (Wallet)アプリ でiPhoneに登録したクレジットカードを、Apple Watchにも設定できます。 (Watch)アプリ を開いて[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]を選ぶと、iPhoneに登録したクレジットカードの一覧が表示されます。 Apple Watchに設定したいカードの右にある「追加」をタップします。
直接Apple Watchにカードを追加する
iPhone 7以降を持っておらず、Apple Watch Series 2以降のみを所有している場合などは、 直接Apple Watchにカードを追加することも可能です。 これは(Watch)-[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]で設定します。 手順はiPhoneにカードを追加する場合と同じです。
iPhone つづいてカードのセキュリティコード(カードの裏に書かれている3桁の数字)を入力します。
iPhone 利用条件の確認です。 三井住友VISAカードの場合はこのような画面となります。 右下の「同意する」をタップします。
iPhone カードがApple WatchのWalletアプリに取り込まれました。三井住友VISAカードの場合は「iD」として機能します。 決済方法はカードによって「iD」か「QUICKPay」のどちらかに自動的に決まります。
iPhone [マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]を選ぶと、この通り登録されています。 カード名をタップすると詳細情報を見ることができます。 返品するときなど、店頭でデバイスアカウント番号を聞かれたときは、この詳細情報画面から確認します。
複数のカードを取り込んだときは、この画面で、普段使用するカードを「メインカード」に設定できます。 この下の「配送先住所」「メール」「電話」を入力しておくと、必要に応じて、決済時に店舗にこれらの情報が自動的に送信されます。
このApple Watchからカード情報を削除するには、カード名をタップして表示される詳細情報画面の下にある「カードを削除」をタップします。

登録したカードの使い方

iPhone お店で決済するときは、登録したカードに合わせて「iDで支払います」「QUICKPayで支払います」「Suicaで支払います」と告げます。 そしてサイドボタンをダブルクリックするとこのような画面になります。 あとは読み取り機にApple Watchを付けた手首を近づけるだけでOKです。
iPhone Apple Watchに複数のカードを登録しているときは、画面を左右にフリックすると、支払いに使うカードを切り替えることができます。

もっとApple Payのことを知りたい