• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

旅行・出張先のホテルや屋外で無線LANを使う

最近では、無線LANが使えるホテルも増えてきました。そのような場所では、単にホテルの提供するアクセスポイントに接続するだけでOKです。 しかし、有線LANを提供するホテルの場合は、そのままiPod/iPad/iPhoneで接続することはできません。 こんな時は「トラベルルーター」「ホテルルーター」などと呼ばれるポケットタイプの小型ポータブル無線LANルーターを使います。 無線LANルータ/中継器 カタログ

公衆無線LANサービスの危険性

ホテルや街中で提供されている公衆無線LANサービスには、十分な暗号化がなされていないなど、セキュリティの問題がある場合もあります。 このようなアクセスポイントでは、ネットショッピングやネットバンキングなどのWebへのアクセス、メールの送受信の内容などが他人に読まれる可能性があります。 こんな時はVPNサービスを使ってセキュリティを強化したり、不明なソフトのインストールを要求された場合はキャンセルするなど、自衛しましょう。 iPhoneでVPN接続する方法:セキュリティ強化、自宅ネットへの接続、サイトブロッキングの回避 野良APの利用は危険!
また、街中にあふれる、一般ユーザーがセキュリティを設定していない、パスワードが不要な(鍵のマークが付いていない)アクセスポイントのことを「野良AP」と呼びます。 このようなAPを利用すれば外出先でもネットに「タダ乗り」出来るわけですが、一方この様なAPの中には、わざとセキュリティ設定を行わず、アクセスしてきた人の個人情報の収集を専門に行っているものもあります。 基本的に自分が契約しているAP、あるいは宿泊しているホテルなどが運用している正規のAP以外は利用しないようにしましょう。 iPhoneから野良APにアクセスで個人情報が漏えい(INTERNETWatch)

ホテルの無線LANサービスへの接続方法

iPhone 無料で無線LANが使えるホテルや施設なら、 (設定)-(Wi-Fi)画面で[Wi-Fi]をONにし、 表示されるホテルのアクセスポイントを選択するだけで接続できます。
iPhone 多くの場合、アクセスポイントを選択すると、ログイン画面が表示されます。 ホテルや施設から指定されたIDとパスワードを入力すればOKです。
有料で無線LANを提供しているホテルや施設では、このあと画面の指示に従い、接続プランや支払い方法を選択すればOKです。 支払い方法は、ホテルの会計につける、クレジットカードで支払う、その無線LANを提供しているプロバイダの会員になって、IDを取得する、等が一般的です。
通常、有料のネットワーク接続サービスは、接続の申し込みを行った、1台のパソコン/端末しか使用できません。 ホテルによってはログインし直すことにより、同時に1台なら、パソコン/端末を切り替えられるサービスもあるようです。
複数のパソコン/iPhoneでネットワーク接続したい場合や、有料の有線LANしかサービスのないホテルでは、 「トラベルルーター/ホテルルーター」を使うと良いでしょう。
なお、有料サービスの料金は、北米では1日10~20ドル、ヨーロッパでは1日10~20ユーロ程度のところが多いようです。 iPhoneを飛行機・海外旅行で使用する

公衆無線LANサービスを使う

駅や空港、喫茶店など、屋外でアクセスポイントを提供する、公衆無線LANサービスというものがあります。
無料のアクセスポイントが使える場所には、ネットワークの名前(SSID/ESS-ID)やパスワードなどが入会時に通知されたり、張り出されているので、それを入力するだけでOKです。 有料のアクセスポイントの場合は、事前にプロバイダと契約してIDやパスワードを発行してもらっておく形式と、 使用したいときに、そのつどホームページから申し込んで接続する方法の2通りがあります。 詳細については、下で紹介している各プロバイダのホームページをご覧ください。
公衆無線LANのプロバイダに申し込む場合は、事前に各社のアクセスポイントの展開状況をよく確認して、 自分が使用したい場所にアクセスポイントを持っているプロバイダを選びましょう。

キャリアの提供する公衆無線LANサービスを使用する


ソフトバンクモバイル、au/KDDI、NTT docomoとも、iPhoneユーザー向けに公衆無線LANサービスを提供しています。 どちらも現在は無料で使用できます。 全国のマクドナルドの店舗をはじめ、JR駅構内や空港、カフェなどで、高速なインターネット接続が無料で楽しめます。
(iPod touchのユーザーは無料ではありません)

MACアドレスを知る方法


有料の無線LANサービスに申し込む場合は、申し込み時に、接続する機器を特定するための「MACアドレス」が必要になることがあります。 iPod/iPad/iPhoneのMACアドレスは、 設定(設定)-(一般)-[情報]の「Wi-Fiアドレス」欄に「00:00:00:00:00:00」の形式で16進数で表示されています。

公衆無線LANサービスのいろいろ
プロバイダ 名称 料金
FREESPOT FREESPOT 無料
セブン&アイ・ホールディングス セブンスポット 無料(会員登録必要)
NTT東日本 フレッツスポット 945円/月、ただしフレッツ光の利用者は210円/月
NTT西日本 フレッツスポット 945円/月、ただしフレッツアクセスサービスの利用者は840円/月
ソフトバンクテレコム BBモバイル プロバイダによる
ワイヤレスゲート WIRELESS GATE 380円~780円/月(プランによる)
380円/24時間(1DAY Wi-Fiプラン)
このうち、FREESPOTは集客のためにレストランなどの施設のオーナーが費用を負担するもので、施設の利用者は無料で使えるのが魅力です。

もっと無線LAN(Wi-Fi)の使い方を知りたい