• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

無線LANの切断方法:自動接続を禁止する

無線LAN接続を一時的に切る

iPhone ただ無線LAN接続を一時的に切るだけなら、 (設定)-(Wi-Fi)-[Wi-Fi]メニューで、 タッチパネル:OFF(オフ) を選ぶだけです。 マメなON/OFFで消費電力を節約できます。
あるいはコントロールセンターからもWi-Fiの「切断」/「接続」切り替えができます。 ただしこちらは単に現在接続しているアクセスポイントを切断するのみで、電波は停止されません。 コントロールセンターの使い方

自動接続しないようにする

iPhone 特定のアクセスポイントに自動接続しないようにするには、iPod/iPad/iPhone本体に記録された、無線LANアクセスポイントの情報を削除します。
(設定)-(Wi-Fi)画面で、削除したいアクセスポイントの右端にある をタップします。
iPhone すると、そのアクセスポイントの情報が表示されるので、「このネットワーク設定を削除」をタップします。
iPhone つづいて確認画面が表示されるので「解除」をタップします。
しばらく待つと切断されます。 ステルス機能などで隠されているアクセスポイントであった場合は、やがてiPod/iPad/iPhoneのアクセスポイント一覧表示からも消えます。
ここで削除したアクセスポイントに再度接続したいときは、またSSIDとそのパスワードを入力すればOKです。

もっと無線LAN(Wi-Fi)の使い方を知りたい