• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

DNSサーバーを切り替える:特定のWebサイトへ接続できない・遅い時の対処方法

Webサイトへの接続時には、必ずURLからIPアドレスへの変換(名前解決)を行ってくれるDNSサービスを経由します。 目的のサーバーへのアクセスの前に、DNSサーバーにIPアドレスの問い合わせを行います。 これはプロバイダが準備したDNSサーバーを介して自動で実施され、通常ユーザーが気にすることはありません。
しかし、プロバイダが準備したDNSサーバーの性能が低い、IPアドレスリストの更新が追い付かない、故障している、あるいは政府の圧力などで特定のWebサイトへの接続が遮断される(サイトブロッキング)などにより、 特定あるいはすべてのWebサイトへ接続できない、接続が遅い、といった現象が発生することがあります。 このような場合は、他社が準備する無料・有料のDNSサービスを利用することが可能です。
また逆に、速度は低下するものの、アダルトサイトや違法サイトなどへのアクセス遮断を行い、セキュリティを高めてくれるDNSサービスもあります。

代表的な無料DNSサービス

代表的な無料DNSサービスには、 Cloudflareが提供する 1.1.1.1 と、 Googleが提供する Google Public DNS があります。 特に1.1.1.1は高速性を売りにしています。
それぞれのDNSサーバーのアドレスは次の通りです。
サービスIPアドレス
1.1.1.11.1.1.1
1.0.0.1
Google Public DNS8.8.8.8
8.8.4.4
また、 OpenDNSNorton ConnectSafe は、無料で有害サイトを遮断してくれるセキュリティサービスです。 1.1.1.1(Cloudflare) Google Public DNS(Google) OpenDNS(Cisco) Norton ConnectSafe(Norton)

DNSの変更方法(Wi-Fi)

デバイスごとに変更する


iPhone/iPadが接続しているWi-Fiアクセスポイントごとに、 そのアクセスポイントが提供するDNSの代わりに、別のサービスに切り替えます。
iPhone (設定)-(Wi-Fi)画面を開き、 設定を変更したいアクセスポイントの名前(SSID/ESS-ID)の右端にある をタップします。
iPhone するとそのアクセスポイントの詳細情報が表示されます。 画面をスクロールし、「DNS」欄の「DNSを構成」をタップします。
iPhone 「手動」をタップし、「DNSサーバ」欄で、すでに設定されているDNSを削除し、「サーバを追加」で、新たなDNSサーバのIPアドレスを入力します。 右上の「完了」をタップすればOKです。
場所によって複数のアクセスポイントを使用している場合は、お好みでそれぞれを更新します。 なお、元に戻したいときは「DNSを構成」画面で「自動」を選べばOKです。

自宅のすべてのデバイスをまとめて変更する


自宅のWi-FiルーターのDNS設定を変更すれば、自宅LANにつながるiPhoneからパソコンまで、すべてのデバイスで利用するDNSをまとめて変更することができます。 自宅ルーターの管理画面にログインして設定変更します。 詳しくはルーターの説明書やメーカーのWebサイトをご参照ください。

DNSの変更方法(携帯電話回線)

残念ながらiPhone/iPadで直接携帯電話回線で利用されるDNSを変更する手段は準備されていません。 携帯キャリアが準備したDNSが自動的に適用されます。
ただし次のような回避策が可能です。
  • 専用アプリを使用する
  • VPNを使用する

専用アプリを使用する


1.1.1.1DNS Override というアプリを使用すると、Wi-Fi、携帯電話回線に関係なく、利用するDNSサービスをワンタッチで切り替えることができます。 1.1.1.1をダウンロードする(App Store) DNS Overrideをダウンロードする(App Store)

VPNを使用する


VPN(仮想プライベートネットワーク)接続を利用すると、通常利用しているものとは異なるネットワーク経由でインターネットに接続することができます。 直接DNSサーバを変更するわけではありませんが、利用するVPNサーバーに設定されているDNSサーバーを使うことになります。 iPhoneでVPN接続する方法:セキュリティ強化、自宅ネットへの接続、サイトブロッキングの回避
  • 1.1.1.1: Faster Internet

    Cloudflare ユーティリティ 無料

    「1.1.1.1」プライバシ保護を優先するDNSリゾルバを外出先で利用できるようになりました。これを使えば誰もあなたがインターネット上でやることを詮索することはできません。いつでもどこでも安全にインターネットに接続できるように、1.1.1.1を作成しました。 訪問履歴を24時間以内に削除することでプライバシーを保護。

    詳細を見る(App Store) 1.1.1.1オフィシャルサイト(QRMedia)
  • DNS Override

    QRMedia ユーティリティ 無料(App内課金240円が必要)

    DNSサーバーの設定をすばやく簡単に設定および変更できる初めての唯一のアプリです。OpenDNS、GooglePublicDNS、NortonConnectSafeなど、人気のあるいくつかのパブリックDNSプロバイダから選択するだけです。

    詳細を見る(App Store) DNS Overrideオフィシャルサイト(QRMedia)

もっと無線LAN(Wi-Fi)の使い方を知りたい