• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

プレイリストをiPod/iPad/iPhoneに転送する方法

iTunesで作成したプレイリストは、そのままiPod/iPad/iPhoneでも楽しむことが出来ます。 なお、iTunesでのプレイリストの作り方全般については下記をご覧ください。
iTunes iTunesでプレイリストの準備が出来たら、iPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続しましょう。 iPod/iPad/iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。
つづいて、iTunesの左上にあるデバイスのアイコンをクリックして下さい。
iTunes 複数のデバイスを接続しているときは、パソコンに接続されているiPod/iPad/iPhoneの一覧が表示されます。 このなかから、設定したいiPod/iPad/iPhoneの名前をクリックします。
もし接続したiPod/iPad/iPhoneがiTunesに表示されないときは、下記を参照して下さい。
iTunes するとこのような画面が表示され、iPod/iPad/iPhoneの設定を行うことが出来ます。
iTunes 「オプション」欄の「音楽とビデオを手動で管理」はチェックを外すのがおすすめです。 こうすればiTunesで設定したプレイリストが、iPod/iPad/iPhoneにも自動的に転送されるようになります。
iTunes 音楽の同期設定を変えるには、「ミュージック」タブをクリックします。
初期値は「ミュージックライブラリ全体」が選ばれています。 あなたがiTunesに登録している音楽のすべてがiPod/iPad/iPhoneに転送されます。
iTunes まずは「音楽を同期」の左のボックスをクリックしてください。 つづいて「選択したプレイリスト、アーティスト・・・」を選び、 その下に表示されているプレイリスト一覧の中から、このiPod/iPad/iPhoneに転送したい任意のプレイリストまたはアーティスト、ジャンルにチェックします。
チェックを外したプレイリストと、それに含まれる音楽はiPod/iPad/iPhoneからは削除されます。 また、新たにチェックを入れたプレイリストと、それに含まれる音楽が追加で転送されます。
これで、お好みのプレイリストをiPod/iPad/iPhoneに入れたり出したり(消したり)することが出来ます。 また、iTunes上でプレイリストに曲を追加したり削除した後でiPod/iPad/iPhoneを接続すると、 自動的にその内容がiPod/iPad/iPhoneにも反映されます。
なお「空き領域に曲を自動的にコピー」にチェックを入れると、iTunesが自動で選曲してiPod/iPad/iPhoneを満タンにしてくれます。 お好みで利用してください。
iTunes 画面の下部には、iPod/iPad/iPhoneに転送されるものの容量がグラフ表示されています。 ここを見て、あふれないよう、転送設定を調整して下さい。
iTunes すべての転送設定を確認したら、画面下の「同期」または「適用」をクリックしましょう。 するとその設定に従った転送が始まります。
なお「元に戻す」をクリックすると、これまでの転送設定の変更をすべてキャンセルします。 転送設定をはじめからやり直すことができます。
iTunes もし接続したiPod/iPad/iPhoneが、過去に他のパソコンで使われていた場合には、このようなダイアログが表示されます。 これは、音楽やビデオなどの不正コピーを防ぐため、1台のiPod/iPad/iPhoneは1台のパソコンとだけシンクロ出来るようになっているためです。 他のパソコンに接続して曲を転送済みのiPod/iPad/iPhoneの場合、その中身を全て削除しないと新たなパソコンでは使用できません。 「削除して同期」をクリックすると、新たなパソコンで使用できます。
パソコンからの取り外し
iPhone あとはiPod/iPad/iPhoneの画面の同期中マークが消えるのを待って、パソコンから取り外します。 取り外しの注意事項については、パソコンからの取り外しのページをご参照下さい。
iPad iPhone あとはiPod/iPad/iPhoneから[ミュージック]-[プレイリスト]メニューで好きなプレイリストを選択して楽しみましょう。