• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのトランシーバーの使い方

AppleWatchのユーザー同士で、トランシーバー(Walkie-Talkie)のように直接会話ができます(watchOS5以降)。 セルラーまたはWi-Fi経由で他のユーザーと会話可能です。 この機能を使用するには、通話相手が(連絡先)に登録されている必要があります。 まずは連絡先を整理しておいてください。 連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方

トランシーバーのセットアップ

iPhone はじめてホーム画面から(トランシーバー)を起動すると、このような画面になります。 ここをスクロールすると・・・
iPhone (連絡先)に登録されているメンバーの一覧が表示されます。 この中から、話をしたいメンバーを選びます。 連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方
iPhone すると相手に参加依頼が通知されます。
iPhone 相手のApple Watchにはこのような通知が届きます。 ここで「常に許可」をタップすると通話可能となります。
iPhone もし選択した相手がApple Watchを所有していないか、またはApple Watchを初期設定して間がない時は、このような表示になります。 相手がApple Watchの初期設定を終えた後しばらく待って、再度参加依頼してみてください。

トランシーバーで会話する

iPhone 相手が参加依頼を許可すると、このような画面になります。 会話したい相手の名前をタップするとセッションがスタートして会話が可能になります。
iPhone このような画面となり、会話の準備が整いました。 こちらから話をするときは、「話す」を押しながらApple Watchに話しかけます。 相手の話を聞くときは、「話す」から指を離します。 会話中にデジタルクラウンを回すと、ボリュームが調整できます。
画面左上の「<」をタップして、会話相手の一覧に戻るか、 どちらも話さずに静かな状況が(5分)経過すると自動的にセッションは閉じられ、会話終了となります。
なお、(Watch)-[マイウオッチ]-(一般)-[アクセシビリティ]画面で、 「トランシーバー」欄の「タップして話す」を タッチパネル:ON(オン) にすると、タップするたびに会話の開始と終了を切り替えられます。 押しながら話す必要がなくなります。

メンバを追加する

iPhone 会話相手の一覧画面を一番下までスクロールすると「+」ボタンが現れます。 これをタップすると、 (連絡先)に登録されているメンバーの一覧が表示されます。 この中から、話をしたいメンバーを追加することができます。

会話を一時拒絶する

iPhone 会話相手の一覧画面を一番上までスクロールすると「会話可能」ボタンが現れます。 これを タッチパネル:OFF(オフ) にすると会話を一時拒絶することができます。
自分が拒絶中に誰かから会話の依頼を受けると、その旨が通知されます。
相手が拒絶中に会話しようとすると、会話を記録したうえで5秒間相手に届けようとします。
iPhone なお、トランシーバーの有効/無効はコントロールパネルからも操作できます(watchOS 5.1.2以降)。 コントロールパネルのトランシーバーアイコンをタップするたびに、有効/無効が切り替わります。 Apple Watchのコントロールパネルの使い方

iPhoneでメンバを管理する

iPhone 会話相手の一覧は、iPhoneでも管理できます。 (Watch)-[マイウオッチ]-[トランシーバー]画面を開くと、会話相手の一覧が表示されます。
iPhone メンバー名をタップすると、その人の (連絡先) 情報が表示されます。
iPhone 会話相手の一覧画面で、右上の「編集」をタップすると、このようになります。 メンバを一覧から削除することができます。

もっとApple Watchのことを知りたい