• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのリマインダーの使い方

リマインダーは、やるべきことをちょっと書き留めておくのに便利な備忘録(ToDo)リストです。 iPhoneの (リマインダー) アプリで設定したリマインダー通知が手元に届きます。

リマインダーの使い方

iPhone (リマインダー) を開くと、このような画面になります。 iPhoneのリマインダーアプリ で設定したリマインダーリストが見えています。
iPhone リスト名をタップすると、そこに登録されたアイテムの一覧が見えます。 アイテムの左端にある「○」をタップすると、完了扱いにできます。
iPhone アイテム一覧の一番下にある「追加」をタップすると、そのリストに新しいアイテムが追加できます。 マイクアイコンをタップすると、項目を音声入力して検索します。 絵文字アイコンをタップすると、絵文字を入力することができます。
Apple Watchでの新規アイテム登録は、タイトルのみを音声入力もしくは絵文字で行います。 このため簡単な情報しか登録できません。 より詳しい情報を登録したいときは iPhoneのリマインダーアプリ を使います。
iPhone アイテム一覧の一番上にある「表示オプション」をタップすると、このような画面になります。 実行済みアイテムの表示/非表示が指定できます。
iPhone あるいはリマインダーリストを一番下までスクロールして「追加」を選んでも、新規アイテムの登録ができます。
iPhone 通知条件を満たすと、このような通知が届きます。 「実行済み」にするか、任意のタイミングで再通知を指定することができます。

もっとApple Watchのことを知りたい