• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple WatchでなくしたiPod/iPad/iPhoneを探す

iPhoneの (探す)アプリ と同様、Apple WatchでもiPod/iPad/iPhoneを探すことができます(watchOS8以降)。 操作方法はiPhoneとほぼ同様です。
iPhone ホーム画面から(デバイスを探す)を起動します。
あなたがAppleIDに結びつけているデバイスの一覧が表示されます。 任意のデバイス名をタップすると、その位置を知ることが出来ます。 ただしネットワークに繋がっていないデバイスは、アイコンが黒塗りとなり、最後に確認された位置が表示されます。 iPod touchなど、Wi-Fi接続しか持たないデバイスでは、スリープに入ってもアイコンが黒塗りになります。
iPhone デバイス一覧を最後までスクロールさせると、このような画面となります。
ファミリーデバイスを表示を タップすると、 iCloudファミリー共有 で家族として登録しているメンバーのデバイスの情報を見ることができます。
距離表示を タップすると、距離の表示単位を「マイル」「キロメートル」から選べます。
iPhone 任意のデバイスをタップするとこのような画面になります。 下記の表に示した操作ができます。
下記の各機能はiPhoneと同じです。 ただし「デバイスを消去」「デバイスを削除」はApple Watchからでは操作できません。
詳細については、 なくしたiPod/iPad/iPhoneを探す:iPhoneを「探す」アプリの使い方 をご覧ください。
サウンドを再生
ターゲットのデバイスで警告音を鳴らします
経路
マップ(地図)アプリ が起動して、ターゲットのデバイスまでの経路を表示します。
通知
ネットワークに繋がっていなくて位置が確認できないとき、「検出時に通知」を タッチパネル:ON(オン) にしておくと、デバイスがネットワークに繋がったときに通知が届きます。
「手元から離れたときに通知」を タッチパネル:ON(オン) にしておくと、対象デバイスが、このデバイスから約10m以上離れたとき(置き忘れ時)に通知が届きます(iOS15以降)。
なお、通知方法やサウンドなどについては、 通知センター で詳細に設定できます。
紛失モード
ターゲットのデバイスを紛失モードにします

もっとApple Watchのことを知りたい