• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのカレンダーの使い方

Apple Watchを使って、ペアリングしたiPhoneに登録したカレンダーの、今後一週間の予定を見ることができます。 ただし、カレンダーへのイベントの登録はiPhoneで行います。

イベントを見る/削除する

iPhone 最初は画面いっぱいに、次の直近のイベントが表示されています。 画面を上下にフリックするか、デジタルクラウンを回すと、日めくりカレンダーのように次々とイベントを見ることができます。 画面をスクロールさせて過去、または未来の予定を見ているときに、右上の時計表示をタップすると、現在の予定表示に切り替わります。
iPhone イベントをタップすると、その詳細を見ることができます。
iPhone 詳細画面をスクロールすると「削除」ボタンが現れます。これをタップすると、このイベントが削除できます。 Apple Watchでできることは、イベントの閲覧と削除のみです。

カレンダーの表示を切り替える

iPhone Apple Watchで (設定)-[カレンダー]を開くと、表示方法を「次はこちら」「リスト」「日」に切り替えられます。 上で示した初期画面は「次はこちら」です。
なお、この設定は、iPhoneの(Watch)アプリにはありません。

「日」表示

iPhone 「日」表示にすると、時間にそってイベントが表示されます。 画面を上下にフリックするか、デジタルクラウンを回すと、画面をスクロールさせてイベントを見ることができます。
ここでもイベントをタップすると、その詳細を見ることができます。
画面をスクロールさせて過去、または未来の予定を見ているときに、右上の時計表示をタップすると、現在の予定表示に切り替わります。

「リスト」表示

iPhone 「リスト」表示にすると、イベントのみがリスト表示されます。 画面を上下にフリックするか、デジタルクラウンを回すと、画面をスクロールさせてイベントを見ることができます。
ここでもイベントをタップすると、その詳細を見ることができます。
画面をスクロールさせて過去、または未来の予定を見ているときに、右上の時計表示をタップすると、現在の予定表示に切り替わります。

月間表示

iPhone 「日」または「リスト」表示の時に、画面左上の「<今日」と書かれているところをタップすると月間表示となります。 月間表示画面をタップすると、「日」または「リスト」表示に戻れます。 なお、別の月のカレンダーを表示することはできません。

移動時間を通知する

iPhoneのカレンダーでイベントをタップし、[編集]-[移動時間]をオンにすると、そのイベント前の移動時間を指定することができます。 これをセットしておくと、移動時間になるとApple Watchにその旨が通知されます。

iPhoneで詳細を見る、予定を変更する

iPhone 予定の入力、変更はApple Watchではできません。 Apple Watchでカレンダーアプリを開いているときに、iPhoneで Appスイッチャー 画面を見ると、画面下にカレンダーアイコンが現れます。 これをタップすると、iPhoneでカレンダーアプリが起動します。
もしこのアイコンが表示されないときは、iPhoneでHandoff(ハンドオフ)の設定が行われていません。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Handoffを有効にする]が タッチパネル:ON(オン) になっているか確認してください。 またiPhoneでiCloudの設定を行ってください。

もっとApple Watchのことを知りたい