• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

VPN(OpenVPN)の設定方法:iPod/iPad/iPhoneの場合

ここではiPod/iPad/iPhoneでOpenVPNによるVPN接続を行う方法を紹介します。
なお、自宅でVPNサーバーを設定するなど、VPN接続する方法の全般については iPhoneでVPN接続する方法:セキュリティ強化、自宅ネットへの接続、サイトブロッキングの回避で紹介していますのでご参照下さい。

OpenVPNアプリをiPod/iPad/iPhoneにインストール

OpenVPN接続を行うにはアプリのインストールが必須です。 まずはApp Storeで、無料のオフィシャルアプリ「OpenVPN Connect」アプリをインストールしましょう。
  • OpenVPN Connect

    OpenVPN Technologies ユーティリティ 無料

    OpenVPN Connectは、OpenVPN Technologies、Inc.によって開発された、公式でフル機能のiPhone / iPad用VPNクライアントです。 「OpenVPN Access Server」、Private Tunnel社のVPNサービス、「OpenVPN Community」などのVPNサーバーへの接続に使用できます。

OpenVPN Connectアプリの設定
iPad iPhone OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリをインストールしたら、 Settings(設定)-[OpenVPN]を選ぶと、このアプリに関する詳細設定ができます。 VPNサービスの提供元から特別な設定を要求されているときは、この画面を確認してください。
QNAP NASのVPNサーバーを使用する場合は、ここで「Force AES-CBC ciphersuites」を タッチパネル:ON(オン)にする必要があります。

VPN(OpenVPN)設定ファイル・証明書の入手

OpenVPNで接続する場合、OpenVPNサービスを提供しているサーバーから設定ファイル(*.ovpn)・証明書を入手し、iPod/iPad/iPhoneにインストールする必要があります。 各サービス提供会社のWebサイトなどから入手してください。 自宅のNASやルーターでOpenVPNサービスを有効にしている場合は、通常NASやルーターの設定画面からダウンロードできます。

VPN(OpenVPN)接続の設定

OpenVPN Access Server,Private Tunnelサービス利用時
iPad iPhone もし「OpenVPN Access Server」、Private Tunnel社のVPNサービスを利用している場合は、OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリを起動して、各メニューをタップします。 そして必要な情報を入力します。
その他のサービス利用時
PC その他のサービス提供会社や自宅のNASやルーターから設定ファイル・証明書を入手したときは、iTunes経由でOpenVPN Connectアプリに転送します。
iPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続すると、iTunesのデバイス欄の「App」タブの「ファイル共有」欄でファイルのやりとりが出来ます。 「App」の一覧から「OpenVPN Connect」を選ぶと、右にそのアプリに保存されているファイルの一覧が表示されます。 ここに設定ファイル・証明書をドラッグ&ドロップします。
詳しくはiTunesでiPhoneの中にファイルを入れる/出す方法をご覧下さい。
設定ファイル・証明書をメールの添付ファイルとしてiPod/iPad/iPhoneに送る方法もありますが、セキュリティ上の理由からお勧めしません。
iPad iPhone 設定ファイル・証明書がiPod/iPad/iPhoneに転送できたら、パソコンからiPod/iPad/iPhoneを取り外し、OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリを起動します。 すると「1 new OpenVPN profile is available for import」と表示されるので、その下の緑の「+」アイコンをタップします。
ちなみに黄色の矢印アイコンは、すでにOpenVPN Connectアプリに設定済みの設定ファイル・証明書を置き換えるときに選びます。 また赤の「X」アイコンは、設定ファイル・証明書をインストールせずに削除したいときに選びます。
VPNサーバーへの接続
iPad iPhone 「+」アイコンをタップすると、つづいて詳細設定の画面になります。 「User ID」欄と「Password」欄に、OpenVPNサーバーに接続するためのIDとパスワードを入力します。 パスワードをアプリに記憶させたいときは、「Password」欄にある「Save」を タッチパネル:ON(オン)にします。
つづいて「Disconnected」と書かれている下のスイッチを タッチパネル:ON(オン)にすると、 VPNサーバーへの接続が始まります。
iPad iPhone 接続に成功すると設定が記憶され、「Disconnected」と書かれていたところが「Connected」に変わります。 以上で設定と接続が完了しました。
注意: 外出先から自宅のNASやWi-FiルータのOpenVPNサーバーに接続する場合は、Wi-Fiルータで1194番ポートを開放(ポートフォワーディング)する必要があります。

VPN(OpenVPN)でネットに接続する

iPad iPhone 今後OpenVPN経由でネットに接続するには OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリを起動して 「Disconnected」と書かれている下のスイッチを タッチパネル:ON(オン)にします。
L2TP/IPsecなどと異なり、 設定(設定)-(一般)-[VPN]画面や 設定(設定)-VPN(VPN) からではOpenVPNの接続はできません。
iPad iPhone VPN接続に成功すると、ホーム画面に VPN接続 アイコンが現れます。
iPad iPhone VPN Gateのトップページ を開くと、あなたのデバイスの現在のIPアドレスと接続国が確認できます。 IPアドレスと国が、VPNサーバーのものに置き換わっているはずです。 今回はアメリカのサーバーを利用してみました。
これで遮断されていたサイトにアクセスできるようになったはずです。 ただし、VPN経由で接続すると、通常アクセス速度は低下します。
iPad iPhone VPN接続中に 設定-[一般]-[VPN]-[(接続名)]の右にある をタップすると、このような画面になります。 接続しているサーバーや、接続時間が確認できます。
VPN接続の終了
iPad iPhone VPN接続をやめたいときは、 OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリを起動して「Connected」を タッチパネル:OFF(オフ)にしても、
設定(設定)-VPN(VPN)を タッチパネル:OFF(オフ)にしても、どちらでもOKです。
VPN接続 アイコンが消え、通常の通信に戻ります。

VPN設定を編集/削除する

iPad iPhone VPN設定を編集するには OpenVPN Connect(OpenVPN Connect)アプリを開き、接続名をタップします。 するとこのような画面となり、右上の「Rename」で接続名を変えたり、「Delete」で設定を削除することができます。