• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのカメラの使い方

Apple Watchを使って、ペアリングしたiPhoneのシャッターを切ることができます。 Apple Watchが、iPhoneのカメラリモコンとして使えます。
iPhone Apple Watchで(カメラ)を起動すると、iPhoneでも (カメラ) アプリが起動します。
Apple Watchの画面をタップすると、そこにフォーカスを合わせることができます。
デジタルクラウンでズームできます。
「3s」と書かれているシャッターボタンマークをタップ、またはサイドボタンをプッシュすると写真を撮影することができます。 初期値では3秒のセルフタイマーが設定されています。
Bluetooth接続により、最大約10m離れたところからiPhoneのシャッターを切ることができます。
iPhone 撮影した写真は、すぐさまiPhoneの (写真) アプリに格納されます。
また、画面左下のサムネイルをタップすると、このように、直前に撮影した写真を確認することができます。 左右にスワイプすると、ほかの写真を確認することができます(複数撮影時)。
デジタルクラウンで拡大縮小、画面をドラックで表示位置が移動できます。
「閉じる」ボタンをタップすると、この確認画面を閉じます。
iPhone 画面右下の (その他) アイコンをタップすると、このようなメニューが現れます。
3秒のセルフタイマーのON/OFF、 フロント/リアカメラの切り替え、 フラッシュのON/OFF、 HDR撮影のON/OFF、 Live Photos撮影のON/OFF が指定できます。

もっとApple Watchのことを知りたい