• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

無線LANへ接続する方法

家庭で運用している無線LANアクセスポイントも、街中にある公衆無線LANアクセスポイントを利用するのも基本的には同じ手順で接続できます。

無線LANへの接続に必要なもの

iPod/iPad/iPhoneで無線LANに接続するには、最初に1回、接続のための設定を行う必要があります。 1回設定してしまえば、次回からはiPod/iPad/iPhoneの無線LANをONにするだけで自動的に接続されます。
iPod/iPad/iPhoneからの接続に必要な情報は下記の通りです。
無線LANネットワークの名前(SSID/ESS-ID)
無線LANネットワークには、SSID/ESS-IDと呼ばれる名前をつけられます。
無線LANネットワークのパスワード
無線LANネットワークにログインするためのパスワードです。SSID/ESS-IDごとにパスワードが設定できます。
無線LANネットワークの暗号化方式
無線LANネットワークの情報を保護するための暗号化方式の名称です。WEP,WPA,WPA2などがあります。
これらはいずれも無線LANルータ/アクセスポイントの設定画面や説明書から読み出すことができ、また自由に設定・変更が可能です。 無線LANルータ/アクセスポイントの説明書をよく読んで、他人に知られにくいSSID、パスワードと、より強固な暗号化方式を設定してください。

無線LANへの接続

iPhone まずは(設定)-(Wi-Fi)画面で[Wi-Fi]をONにします。そしてそのまましばらく待ちます。 近くに接続可能な無線LANアクセスポイントが見つかると、画面中央の「ネットワークを選択・・」の部分にそれらの名前(SSID)が一覧表示されます。
接続するのにパスワード/パスフレーズが必要なアクセスポイントには、鍵のマークが付いています。
以前に接続したことがあるネットワークが見つかると、自動的に再接続し、その名前の前にチェックマークが付きます。
このなかからアクセスしたいアクセスポイントを選び、その名前(SSID/ESS-ID)をタップします。 パスワードが不要なアクセスポイントを選んだときは、これだけでネットワークにつながります。
iPhone 鍵のマークが付いているアクセスポイントを選ぶと、パスワード入力画面になります。 その無線LANネットワークに設定されているパスワード/パスフレーズを入力すればネットワークにつながります。
注意: パスワードは半角英数文字で入力する必要があります。キーボードを英語モードに切り替えてください。 iPod keybordをタップするとキーボードが切り替えられます。

パスワードの入力を省略する方法

すでにアクセスポイントに接続済みのiPad/iPhoneが別に存在するときは、パスワードの入力を省略することができます(iOS11以降)。 (接続する側と接続済みのiPad/iPhoneは、いずれもiOS11以降にアップデートしておく必要があります)
iPhone アクセスポイントに接続済みのiPad/iPhoneを、パスワード入力画面になっているiPad/iPhoneに近づけます。 すると接続済みのiPad/iPhoneに、このようなメッセージが表示されます。 ここで「パスワードを共有」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 接続しようとしているiPad/iPhoneの「パスワード」欄が自動的に入力され、ネットワークにつながります。
友人のiPad/iPhoneでこの機能を使うには、その友人がアクセスポイントに接続済みのiPad/iPhoneの「連絡先」に登録されている必要があります。

アクセスポイントが一覧に見えないとき

iPhone 無線LANアクセスポイントは、セキュリティの確保のため、隠すことができます。 無線LANルーター/アクセスポイントの設定画面で、SSIDを隠す(ステルス機能, SSID通知の無効 など)機能をオンにすると、iPad/iPhoneのアクセスポイント一覧画面には表示されません。 このようなアクセスポイントに接続するには、「その他...」と書かれているところをタップします。
iPhone するとこのような画面になるので、「名前」欄に、接続したい(あなたの無線LANルーターに設定した)ネットワークの名前(SSID/ESS-ID)を直接入力します。
そのネットワークの接続にパスワードが必要な場合は、さらに[セキュリティ]をタップします。

タッチパネルモデルのキーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPhone あなたの無線LANルーターに設定した、ネットワークの暗号タイプ(WEP/WPA/WPA2)を選択します。 つづいて左上の[ほかのネットワーク]をタップして元の画面に戻ります。
より強固な暗号化方式である「WPA2」を使うのがおすすめです。
iPhone するとパスワードの入力欄が増えています。 そのネットワークのパスワード(WEPキー/WPAキー/ネットワーク・キーなど)を入力し、右下の「参加(Join)」ボタンをタップすればOKです。
パスワードの入力には英語キーボードを使用してください。 右下のキーが「Join」と英語で表示されたら、英語キーボードになっています。 iPod Wi-Fiをタップするとキーボードが切り替えられます。
あなたがiCloudキーチェーンを有効にしていて、過去に使用したことのあるアクセスポイントに再接続するときは、 キーボードの右上の鍵マークをタップすると、iPad/iPhoneに保存されているパスワードを呼び出すことができます(iOS11以降)。

接続していることを確認する

iPhone ネットワークにつながると、画面の左上または右上に扇型の電波マークが表示され、接続中であることがわかります。
一度接続したアクセスポイントの情報はiPod/iPad/iPhoneに記録されています。 次にそのアクセスポイントに接続可能になると、自動的に接続されます。 また、複数のアクセスポイントと接続した後では、最後に接続したアクセスポイントに自動的に接続されます。

もっと無線LAN(Wi-Fi)の使い方を知りたい