• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchで手洗いを管理する

あなたが手を洗い始めると自動的に「手洗いタイマー」が起動し、手洗いに十分な時間をかけたか否かを計測してくれます(watchOS7以降)。

手洗いタイマーの設定

iPhone Apple Watchで「手洗いタイマー」を起動するには、 事前に Apple Watchの(設定)-[手洗い] または iPhoneの(Watch)-[マイウオッチ]-[手洗い] 画面で [手洗いタイマー]を タッチパネル:ON(オン) にします。
また、iPhoneの画面で[手洗いリマインダー]を タッチパネル:ON(オン) にすると、帰宅時に手を洗うように促してくれます。
iPhone なお、[手洗いリマインダー]を有効にするには (連絡先)アプリ で、「マイカード(自分の連絡先)」に「自宅」の住所を入力し、 Settings(設定)- Privacy(プライバシー)-[位置情報サービス]-[手洗い] 画面で 「位置情報の利用を許可」を「常に」とし、「正確な位置情報」を タッチパネル:ON(オン) にする必要があります。
iPhone あなたが手を洗い始めると、手の動きや水の流れる音を感知して、約5秒で手洗いの動作を自動的に検出し、手洗い時間のカウントダウンが始まります。 この機能は手動でスタートすることはできません。
ただし食器を洗ったり、その他水仕事をしていても、手洗いタイマーが起動することがあります。
iPhone 必要な手洗い時間(20秒間)が経過すると、それをタップとサウンド、そしてアニメーションで通知します。
iPhone 途中で手を洗うのをやめると、20秒間手を洗うと病気を引き起こす細菌を殺すのに役立つことを知らせる警告が表示されます。
iPhone [手洗いリマインダー]をセットしておくと、帰宅時にこのような通知が届きます。

手洗いの履歴をチェックする

iPhone 手洗いの履歴は (ヘルスケア)アプリ でチェックできます。 [ブラウズ]-[その他のデータ]-[手洗い]画面を開くと、このように手洗いした回数と、平均時間が確認できます。

「“手洗い”の改善」の設定を変更する

iPhone “手洗い”していることの検出精度を上げるため、Apple社に情報を提供することができます。 これを有効にしていると、手を洗うような動きをしたとき、図のように 「手洗いが止まりました。何かありましたか?」と尋ねられることがあります。 正確に回答しましょう。
iPhone この「“手洗い”の改善」を有効にするには Settings(設定)- Privacy(プライバシー)-[解析および改善]-[“手洗い”の改善]を タッチパネル:ON(オン) にします。
逆にこの通知がうるさいときは、ここを タッチパネル:OFF(オフ) にしてください。

もっとApple Watchのことを知りたい