• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

MSFS SDK/Blender/プラグインのダウンロードとインストールの方法

マイクロソフトフライトシミュレーター用のコンテンツは、マイクロソフトが提供するSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)を使うと、ユーザーが自分で作ることができます。 MSFSの世界の中に、自宅など自分の好きな建築物を表示したり、製品に組み込まれていない空港や、空想の空港を作ることができます。 そしてそれを有料や無料でほかのユーザーに配布することも可能です。
ここではMSFS SDKや、コンテンツの開発に必要または便利なツールのダウンロードとインストール方法を解説します。

MSFS用のオプションコンテンツを自分で作る

自分でMSFS用のコンテンツを作るには、MSFSを[DEVELOPER MODE(開発者モード)]に切り替え、その[HELP]メニューからダウンロードできるSDK(Software Development Kit)を使います。 マイクロソフトは、このSDKを解説するサイト: Flight Simulator SDK Documentation のページを公開しています。
また、SDKの使い方については、YouTubeなんて時間の無駄、superspud氏がflightsim.toで公開している A Written MSFS SDK Scenery Creation Tutorial が、初心者向けに丁寧な解説かなされていて、非常に役に立ちます。 これにはサンプルやドキュメントが豊富に含まれていますが、最初に「MSFS Airport and Scenery Creation.pdf」から読み始めてください。

DEVELOPER MODE(開発者モード)を有効にする

PC メイン画面から[OPTIONS(オプション)]を選びます。 するとこのような画面になります。 一番左の[GENERAL OPTIONS(全般オプション)]をクリックします。
PC 画面左のメニューから[DEVELOPERS(開発者)]を選び、 [DEVELOPER MODE(開発者モード)]欄を[ON]にします。 最後に画面左下の[APPLY AND SAVE(適用と保存)]をクリックします。 すると画面左上に、このような開発者メニューが表示されます。

MSFS SDKをダウンロードおよびインストールする

何はともあれ、ますマイクロソフト謹製のMSFS SDKをインストールしてください。
詳しくは下記をご覧ください。

LTS版Blender、過去版Blenderをインストールする方法

Blenderは、3Dオブジェクトデータを作成するのに使える無料のツールです。 普通の手順でインストールすると最新版がインストールされてしまいます。 しかしMSFS用のプラグインは、LTS(Long-Term Support:長期サポート)版にしか対応していません。 LTS版Blenderをインストールする必要があります。
BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポータープラグインを使用するには、バージョン3.6.x LTSを使用します。 Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT)を使用するには、バージョン3.5.1を使用します。 異なるバージョンのBlenderを、1台のパソコンに、同時に複数インストールすることが可能です。
詳しくは下記をご覧ください。

BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポータープラグインをインストールする方法

BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポーターは、Blender2MSFS toolkitなど、ユーザーによってこれまでに多くの種類のツールが開発されてきました。 MSFSの開発元であるAsoboStudioは、それらの集大成を目指すプラグイン「glTF-Blender-IO-MSFS」を公開しています。 このツールは現在も開発が継続しており、年数回のペースでアップデートが続いています。 最新バージョンでは、Blender 3.3.x LTS および 3.6.x LTS のみに対応しています。 また、コンテンツの権利を守るため、SDKでビルド済みのモデルはインポートできなくなっています。

glTF-Blender-IO-MSFS プラグインのダウンロード


glTF-Blender-IO-MSFSはGithubで配布されています。 このファイルは、MSFS SDKの"\Tools\Blender"フォルダーの中にも含まれています。
PC Githubの Asobo Studioのページ を開きます。 このような画面になるので「glTF-Blender-IO-MSFS」をクリックします。
PC glTF-Blender-IO-MSFSのページ が開くので、画面の右にある「Releases」をクリックします。 なお、ここにある「Latest」ボタンをクリックすると、直接最新版のページに移行できます。
また、このページをスクロールすると、あるいは Documentationのページ を開くと、このツールに関する詳細な説明が読めます。
PC glTF-Blender-IO-MSFSのリリースページ が開きます。 この画面では、過去のバージョンを含め、任意のバージョンの glTF-Blender-IO-MSFS をダウンロードすることができます。 一番上にあるのが最新バージョンです。 この画面をスクロールすると・・・
PC “Assets”欄にダウンロードリンクがあります。 “io_scene_gltf2_msfs.zip”をクリックするとプラグインをダウンロードすることができます。 これを任意のフォルダーに保存してください。 このファイルのサイズは約70KBで、ダウンロードは一瞬で完了します。

glTF-Blender-IO-MSFS プラグインのインストール


インストール方法は、Githubの glTF-Blender-IO-MSFSのページ にも、画像入りで詳しく解説されています。
PC Blenderを起動し、メニューから[Edit]-[Preferences]を選びます。
PC するとこのようなウインドウが開きます。 左のメニューから[Add-ons]を選び、画面右上の[Install an add-on]をクリックします。
PC するとファイル選択画面になります。 ダウンロード済みの“io_scene_gltf2_msfs.zip”を探してクリックし、画面右下の[Install Add-on]をクリックします。
PC すると[Preferences]-[Add-ons]画面に切り替わり、インストールしたプラグインが表示されています。 プラグインの名前の左にあるチェックボックスをクリックすると、このプラグインが有効化されます。 クリックしてから有効になるまで数十秒かかります。
以上でインストールは完了です。
もしこの画面でプラグインが見つからないときは、画面右上の検索ボックスに"Microsoft Flight Simulator glTF Extension"と入力してみてください。
PC 上の画面でプラグインの名前の左にある[>]をクリックすると、プラグインの詳細が表示されます。 この画面で[Remove]をクリックすると、プラグインを削除できます。 最新版に差し替えるときは、ここから古いバージョンを削除してください。

BlenderでMSFSの3Dモデル(glTF)をインポートする


PC BlenderでMSFSの3Dモデル(glTF)をインポートするには、[File]-[Import]-[glTF 2.0 (.glb/.gltf)]メニューを選びます。
なお、MSFS SDKのModelLibタイプのアセットグループは、ビルド前にテクスチャファイルを専用の"texture"フォルダーに集めておく必要がありますが、その状態ではBlenderでテクスチャファイルを読み込むことができません。 glTFファイル作成時の構成にもよりますが、通常は、glTFファイルと同じフォルダーにテクスチャファイルを移動する必要があります。
PC Blenderの画面で、テクスチャを貼り付けた状態でオブジェクトを表示するには、画面右上の アイコンをクリックします。
また、Blenderはデフォルトでカメラから0.01m~1,000mの範囲しか表示されません。 広大なシーナリーを表示するには、[View]画面で[Clip End]欄の値を大きくする必要があります。
PC 以上の点に気を付ければ、Google Earth Decoderで生成したmodelLibも、テクスチャ付きで編集できます。

プラグインの使い方関連サイト

そのほかのBlender用インポータープラグイン

MSFSの3Dモデル(glTF)をBlenderへ読み込むことができるインポータープラグインには、上で示した「glTF-Blender-IO-MSFS」のほかに、次のようなものがあります。

msfs2blend


Daniel氏によって開発された、主に航空機モデルにペイントを施すことを目的とした開発されたプラグインです。 Blenderバージョン3.0以降用です。

msfs2blender2msfs


flybywireグループによって開発されたプラグインです。いずれもメンテナンスは終わっています。 こちらも参考になるでしょう。
これらのインストール方法は、上で示した BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポータープラグインをインストールする方法 と同じです。
すなわちBlenderを起動し、メニューから[Edit]-[Preferences]を選び、[Add-ons]画面を開き[Install an add-on]をクリックします。

Google Earth Decoderをインストールする方法

Jonahex111氏によって開発されたフリーソフト「Google Earth Decoder」を使うと、Google Earthの3D立体地図データーをGoogleのサーバーから読み出して、MSFS SDK用の3Dデータ(modelLib)に変換することができます。

Google Earth Decoder本体のダウンロード


Google Earth Decoderはredditの記事で配布されています。
PC redditの Google Earth Decoderのポスト を開きます。 このような画面になるので「Read more」をクリックします。
PC 記事全体が表示されるので、画面をスクロールして「Download it here.」と書かれいてる場所の、"here"の部分をクリックします。
PC するとGoogle Driveが開き、ファイル一覧が表示されます。 画面右上のダウンロードアイコンをクリックします。
PC ここで十数秒待たされます。 そしてこのようなフォルダー選択画面が表示されるので、任意のフォルダーを選択します。 すると「Release.zip」というファイルがダウンロードできます。 このファイルのサイズは3MBほどで、瞬時にダウンロードできます。
なお、ここでウイルススキャンができない旨の警告画面が表示される場合があります。 構わず「ダウンロード」を選択します。
PC 「Release.zip」を解凍すると、このようなファイルが現れます。 この中にある「Earth2MsfsWPF.exe」が実行ファイルです。

Google Earth Decoder updateのダウンロード


Google Earth Decoderは2020年以降メンテナンスされておらず、最新のGoogle Earthに対応していません。 これをアップデートするモジュールが、Thalixte氏によって flightsim.to で公開されています。
PC flightsim.toの Google Earth Decoder updateのページ を開きます。 このような画面になるので「今すぐダウンロード」をクリックします。
すると「Google Earth Decoder_xxxxx.zip」といったファイルがダウンロードできます。 このファイルのサイズは25KBほどで、瞬時にダウンロードできます。
なお、flightsim.toのログイン方法や使い方については MSFSに無料のアドオンをインストールする、飛行機、空港、シーナリーを追加する flightsim.toの使い方 をご覧ください。
PC 「Google Earth Decoder_xxxxx.zip」を解凍すると、このような2つのファイルが現れます。 これらを「Google Earth Decoder」のフォルダーに移動(上書き)します。 以上でGoogle Earth Decoderのインストールは完了です。
このアップデートモジュールは、しばしば更新されています。 ときどきチェックして、最新版がリリースされたら再度ダウンロードしてください。

Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT)をインストールする方法

Google Earth Decoder updateを開発したThalixte氏によって、Blender(2.83以降/3.5.1推奨)用の便利なプラグイン : Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT)が公開されています。 これを使うと、MSFS SDK用のシーナリープロジェクトフォルダを生成したり、そのプロジェクトに保存された3Dモデルデータのテクスチャ、Lods、CTDを最適化します。 また、プロジェクトのテクスチャの結合を行ってファイル数を減らしたり、衝突、道路交通、および雷の生成を管理するためのAsobo 拡張タグも追加します。 このほかにも、Google Earth Decoderで生成された3Dモデルデータに対する、多くの修正・更新機能を持っています。
ツールの開発者による説明が下の記事で読めます。

各ツールのバージョンについて


GEDOTを動作させるには、各ツールのインストール時に、適切なバージョンを選択する必要があります。 必ずしも最新版のツールをそろえれば良いわけではありません。 2024年春における各ツールの推奨バージョンは下記のとおりです。
TOOL Versions for GEDOT
TOOL Version Description
GEDOTVer.1.1.3Ver.2.0.xでは Lily Texture Packer が動作しない
BlenderVer.3.5.1 or Ver.2.83Ver.3.6以降では動作しない
Lily Texture PackerBlender Ver.3.5.1 は Ver.1.2.3以降
Blender Ver.2.83 は Ver.1.1.x

Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT) プラグインのダウンロード


Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT)には、Ver.1系とVer.2系の二種類があり、機能も、配布されている場所も異なります。 しかし筆者の環境では、いろいろ試しましたが、Ver.2系を動作させることはできませんでした。
Ver.1系
PC Ver.1系は、Microsoft Flight Simulator用の Mod、カラーリング、アドオンが集められているWebサイト「 flightsim.to 」で配布されています。
「Google-Earth-Decoder-optimisation-tools_thGTq.zip」という名前のファイルが入手できます。 2024年春時点での最新版はVer.1.1.3です。
なお、flightsim.toのログイン方法や使い方については MSFSに無料のアドオンをインストールする、飛行機、空港、シーナリーを追加する flightsim.toの使い方 をご覧ください。
Ver.2系
PC Ver.2系は、Githubの Thalixteのページ からダウンロードできます。 このような画面になるので「Google-Earth-Decoder-optimisation-tools」をクリックします。
PC Google Earth Decoder Optimization Toolsのページ が開くので、画面の右にある「Releases」をクリックします。 なお、ここにある「Latest」ボタンをクリックすると、直接最新版のページに移行できます。
また、このページをスクロールすると、このツールに関する詳細な説明が読めます。
PC Google Earth Decoder Optimization Toolsのリリースページ が開きます。 この画面では、過去のバージョンを含め、任意のバージョンの Google Earth Decoder Optimization Tools をダウンロードすることができます。 一番上にあるのが最新バージョンです。
“Assets”欄にダウンロードリンクがあります。 “Google-Earth-Decoder-Optimization-Tools.zip”をクリックするとプラグインをダウンロードすることができます。 これを任意のフォルダーに保存してください。 このファイルのサイズは約250MBで、ダウンロードは数十秒から数分程度で完了します。

Google Earth Decoder Optimization Tools (GEDOT) プラグインのインストール


PC インストール方法は、上で示した BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポータープラグインをインストールする方法 と同じです。
すなわちBlenderを起動し、メニューから[Edit]-[Preferences]を選び、[Add-ons]画面を開き[Install an add-on]をクリックします。 するとファイル選択画面になります。 ダウンロード済みの“.zip”を探してクリックし、画面右下の[Install Add-on]をクリックします。
PC すると画面右にプラグインの名前が表示されます。 プラグインの名前の左にあるチェックボックスをクリックします。
エラーになる!?
PC Ver.2系のインストール時とチェックボックスをクリックした時にはエラーが発生します。 この時はBlenderを再起動してやり直してください。
PC インストールに成功すると、Blenderのメニューに、このような"Google Earth Decoder Optimization Tools"が追加されます。 ここから各機能を呼び出します。
詳しくは、 GEDOT Installation (github) のページをご参照ください。
プラグインをアンインストールしたいとき
PC Blenderとのバージョンの不一致などのためにプラグインをアンインストールしたいときは、[Edit]-[Preferences]-[Add-ons]画面で、そのプラグインの詳細画面を開き、「Remove」ボタンをクリックします(右図)。 この時にエラーが表示された場合は、Blenderを再起動してみてください。 そして再度[Edit]-[Preferences]-[Add-ons]画面を開くと、リストからプラグインが消えていると思います。

Lily Texture Packer プラグインをインストールする方法

Élie Michel氏が開発したBlender用のプラグイン「Lily Texture Packer」は、ポリゴンに貼り付けられているテクスチャを一つのファイルに合成するツールです。 オブジェクトを構成するすべてのポリゴンを選択したうえで、Blenderのメニューから[Objects]-[Lily Texture Packer]をクリックするだけで動作します。
また、このプラグインをインストールしたうえでGoogle Earth Decoder Optimization Toolsの「Optimize an existing Msfs scenery project」メニューを使うと、大量のテクスチャファイルを一つのファイルに合成することができます。 地表を構成する各タイルのLODごとに、テクスチャが1枚に合成されます。 ファイルアクセス回数が激減するので、MSFSでGoogle Earthから生成した3D空間を飛行するときの性能(FPS値)を向上することができます。
なお、Lily Texture Packerは最低USD5.00の寄付が必要なシェアウエアです。
PC Gumroadの Lily Texture Packerのページ を開きます。 このような画面になるので、画面右の「公平な価格を設定してください」欄に、寄付したい金額を入力し、その下にある緑色の「これが欲しいです!」ボタンをクリックします。
PC すると支払い画面に移行します。 支払いにはクレジットカードまたはPayPalが使えます。
PC 支払い手続きを終えると、このような画面になります。 「ダウンロードする」ボタンをクリックすると、「LilyTexturePacker-v1.3.0-64bit.zip」といったファイル名のファイルがダウンロードできます。 このファイルのサイズは815KBで、ダウンロードは瞬時に完了します。
また、この上にある「すべてダウンロード」ボタンをクリックすると、過去バージョンもまとめてダウンロードできます。 「Old_Releases.zip」というファイルがダウンロードできます。
PC インストール方法は、上で示した BlenderからMSFSへのエクスポーター・インポータープラグインをインストールする方法 と同じです。
すなわちBlenderを起動し、メニューから[Edit]-[Preferences]を選び、[Add-ons]画面を開き[Install an add-on]をクリックします。 プラグインの名前の左にあるチェックボックスをクリックすると、このプラグインが有効化されます。
このチェックボックスをクリックしたときにエラーが表示された場合は、BlenderのバージョンとLily Texture Packerプラグインのバージョンが一致していません。 「Old_Releases.zip」から、別のバージョンを試してください。 筆者が試したところ、Blender 3.5.1に適合するLily Texture Packerは、v1.2.3またはv1.3.0でした。 Blender Ver.2.83で使用する場合は、Lily Texture Packerは、v1.1.xを使用する必要があります。
プラグインをアンインストールしたいとき
PC Blenderとのバージョンの不一致などのためにプラグインをアンインストールしたいときは、[Edit]-[Preferences]-[Add-ons]画面で、そのプラグインの詳細画面を開き、「Remove」ボタンをクリックします(右図)。 この時にエラーが表示された場合は、Blenderを再起動してみてください。 そして再度[Edit]-[Preferences]-[Add-ons]画面を開くと、リストからプラグインが消えていると思います。

Compressonatorツールを入手する

Compressonatorは、AMDの後援でオープンで開発されているグラフィック関連ツール:GPUOpenの中の一つです。 テクスチャやデータのファイルサイズを削減することができます。
また、このツールに含まれる Compressonator CLI を使って、Google Earth Decoder Optimization Toolsの「Optimize the built package by compressing the texture files」メニューを使うと、パッケージサイズをより小さくすることができます。 CompressonatorはGithubで配布されています。
PC Githubの GPUOpen-Toolsのページ を開きます。 このような画面になるので「Compressonator」をクリックします。
PC Compressonatorのページ が開くので、画面の右にある「Releases」をクリックします。 なお、ここにある「Latest」ボタンをクリックすると、直接最新版のページに移行できます。
また、このページをスクロールすると、あるいは Compressonatorのドキュメントのページ を開くと、このツールに関する詳細な説明が読めます。
Compressonatorは、GEDOTにかかわる他のツールとの、バージョンの依存性はありません。 最新版を使えます。
PC Compressonatorのリリースページ が開きます。 この画面では、過去のバージョンを含め、任意のバージョンの Compressonator をダウンロードすることができます。 一番上にあるのが最新バージョンです。 この画面をスクロールすると・・・
PC “Assets”欄にダウンロードリンクがあります。 “CompressonatorCLI_x64_x.x.xxxx.exe”をクリックするとツールをダウンロードすることができます。 これを任意のフォルダーに保存してください。 このファイルのサイズは約50MBで、ダウンロードは数秒~十数秒で完了します。
PC ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックすると、このような画面になります。 「詳細情報」をクリックします。
注意:信頼できないexeファイルは決して実行しないでください。 Compressonatorのリリースページ から直接ダウンロードしたプログラム以外は実行しないでください。 さもないと、ウイルスなどが混入されている可能性があります。
PC するとこのような画面になります。 「実行」をクリックします。
PC つづいてこのような警告画面が表示されます。 「はい」をクリックします。
PC Compressonatorのインストーラーが起動します。 「Next」をクリックします。
PC エンドユーザーライセンス契約の確認です。 「I accept the terms in the License Agreement」を選択して 「Next」をクリックします。
PC つづいてインストールするモジュールの確認です。 特に変更する必要はありません。 「Next」をクリックします。
PC 「Install」をクリックするとインストールが始まります。
PC インストールにかかる時間は数秒程度です。
PC このような画面になったらインストール完了です。 「Finish」をクリックすると、インストーラーは終了します。
PC [Windows]-[すべてのアプリ]画面を開くと、"Compressonator CUI"が追加されています。 これをクリックするとインストールフォルダが開きます。 Compressonatorは "C: \Compressonator_[Version] \bin \CLI \compressonatorcli.exe" にインストールされます。