iPod/iPad/iPhone関連ニュース

最新のページを表示するには、ブラウザの最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してください。
iFixit、Apple Watch Series 3 の分解記事を発表

2017/09/26

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、22日に発売となった Apple Watch Series 3 の分解記事を発表しました。
この記事によると、従来より3.8%大容量の3.82 V, 279 mAh(1.07 Wh)(38mmモデル)のバッテリ、ディスプレイに組み込まれたLTEアンテナ、 LTEチップ、diagnostic portの横に設置された気圧計用の穴、などが従来からの変化点のようです。
4Kカメラ搭載の超小型ドローン:Kudrone 到着

2017/09/23

クラウドファンディングサイト:INDIEGOGOに今年春に登場し、 長らく開発が続けられていた、重量85グラムで4Kカメラ搭載の超小型ドローン:Kudroneがようやく出荷の運びとなり、我が家にも到着しました。
1,300万画素のカメラ、GPS、磁気コンパス、気圧計を搭載し、650mAhのバッテリで1回8分間飛行できます。 重量たった85グラム、サイズは174mm x 174mmの手のひらサイズで、改正航空法の規制にもかかりません。 ちょうど Parrot MiniDronesの本体に Bebop Droneを超えるビデオ撮影機能を搭載したようなDroneとなっています。
ただしiOS版の操縦アプリ最新版がAppleのAppStore認証待ちとのこと。初飛行は少し先になりそうです。
iFixit、iPhone 8 の分解記事を発表

2017/09/23

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、22日に発売となった iPhone 8 の分解記事を発表しました。
この記事によると、従来より小容量の3.82 V, 1821 mAh(6.96 Wh)のバッテリ、Qi無線充電のための大きなコイル、 A11 Bionic SoC、容量2GBのSK Hynix LPDDR4 RAM、QualcommのMDM9656 Snapdragon X16 LTE Modem、東芝の64GB NAND フラッシュメモリ などが搭載されていることが見て取れます。
アップル、iOS11/watchOS4/tvOS11 リリース。

2017/09/20

アップルは、予定通りiOS11/watchOS4/tvOS11をリリースしました。 新しい“Files”アプリが搭載され、また主にメッセージ、写真、Siriに新機能が追加されます。 詳しくはiOS11/watchOS4/tvOS11の新機能と使い方をご覧ください。 リリースノートによると今回の修正点は「 iOS 11ではiPhoneとiPadに、まったく新しいApp Store、よりインテリジェントに提案をするようになったSiri、“カメラ”および“写真”のさらなる改善、またあたかも実体験のように感じることができる拡張現実(AR)機能などの、パワフルな多数の新機能が追加されました。 また、iOS 11はiPadで史上最大のリリースです。新しいマルチタスキング機能、新しい“ファイル” App、および新しいApple Pencilの使い方などが追加されました。
App Store
・ 素晴らしいAppやゲームをいつでも見つけやすいように、全面的に新しくデザインされたApp Store ・ “Today”タブで、エディターチームによるストーリーや、ハウツーの記事などにより、新しいAppやゲームをより簡単に見つけることが可能 ・ “ゲーム”タブで、新しいゲームを探したり、ランキングによって今どれぐらい人気があるのかを知ることが可能 ・ 専用の“App”タブで、おすすめ、ランキング、カテゴリの情報を見ることが可能 ・ “App”ページにはより多くのビデオプレビューおよび“エディターのおすすめ”バッジが追加され、より簡単にユーザ評価とレビューやApp内課金情報を知ることが可能
Siri
・ より自然で表現力が豊かになった新しいSiriの声 ・ 英語の単語や語句を中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳可能(ベータ版) ・ Safari、News、メール、メッセージの使用状況に基づいてSiriから提案をする機能 ・ “メモ” Appと連係して、To-Doリスト、メモ、リマインダーの作成が可能 ・ 銀行取引用のAppと連係して、口座振替や残高処理が可能 ・ QRコードの表示が可能なAppと連係が可能 ・ ヒンディー語および上海語の音声入力を追加
カメラ
・ “ポートレート”モードに、光学手ぶれ補正、HDR、True Toneフラッシュの対応を追加 ・ 新しいHEIFおよびHEVCフォーマットにより、写真とビデオのファイルサイズをほぼ半分に削減 ・ より自然な肌のトーンになるように再設計された新しい9つのフィルタ ・ QRコードを自動的に認識してスキャンすることが可能
写真
・ Live Photosに“ループ”、“バウンス”、“長時間露光”のエフェクトを追加 ・ Live Photosで、音を消したり、トリミングしたり、キー写真を選んだりすることが可能 ・ “メモリームービー”はコンテンツを縦向きおよび横向きに自動的に適応 ・ ペット、赤ちゃん、ウェディング、スポーツイベントなどの十数個以上の新しいメモリーが追加 ・ “ピープル”アルバムはより正確になり、またiCloudフォトライブラリによりデバイス間で常に同期させることが可能 ・ アニメーションGIFに対応
マップ
・ 主要な空港およびショッピングセンターの屋内地図に対応 ・ ターンバイターン経路で、車線案内および制限速度情報に対応 ・ ダブルタップおよびスワイプにより、片手でズームが可能 ・ デバイスを動かしてFlyoverを操作することが可能
運転中の通知を停止
・ 運転中であることを認識して自動的に通知を停止し、iPhoneの画面を暗くして音が鳴らないようにする機能を追加 ・ 運転中であることを、知らせたい連絡先にのみ自動的にiMessageで伝えることができる機能を追加
iPad用の新機能
・ 新しいDockは、よく使う項目や最近使った項目にどの画面からでもアクセス可能になり、現在使用中のAppの前面に表示することも可能 ・ Dockは自動的にサイズ変更し、よく使うAppをすべて追加することが可能 ・ 最近使った項目およびContinuityのAppはDockの右側に表示
拡張されたSlide OverとSplit View
・ Dockから簡単にAppをSlide OverやSplit Viewに開くことが可能 ・ Slide OverとバックグラウンドAppの同時作動に対応 ・ Slide OverおよびSplit Viewに開いたAppを画面の左側に配置することが可能
ドラッグ&ドロップ
・ iPad上でテキスト、写真、ファイルをApp間で移動可能 ・ Multi-Touchで複数の項目を一度に移動可能 ・ スプリングローディングでコンテンツをApp間で移動可能
マークアップ
・ 書類、PDF、Webページ、写真などの間でマークアップを使用可能 ・ インスタントマークアップ - Apple Pencilを注釈を入れたいところに置くだけで書き始めることが可能 ・ PDFを作成し、プリント可能なものすべてにマークアップすることが可能
メモ
・ Apple Pencilでロック画面をタップして素早く新規メモを作成可能 ・ Apple Pencilをメモの本文のどこかに置くだけでインライン描画を始めることが可能 ・ 手書き文字の検索が可能(英語と中国語のみ) ・ ドキュメントスキャナ機能は書類の傾きを自動補正し、イメージフィルタを使用して影を削除 ・ 情報を整理して表示できるように表機能に対応 ・ 重要なメモをリストの一番上にピンで固定することが可能
ファイル
・ ファイルをブラウズ、検索、整理するためのまったく新しい“ファイル” Appを追加 ・ iCloud Driveおよび他社製のクラウドストレージサービスと連係が可能 ・ “最近使った項目”タブで、Appやクラウドサービス間を通して最近使用したファイルを見ることが可能 ・ フォルダの作成や、名前、日時、サイズ、タグでファイルの並べ替えが可能
QuickType
・ iPadで、キーを下にフリックして数字、記号、句読点を入力することが可能 ・ iPhoneで、片手用キーボードに対応 ・ アルメニア語、アゼルバイジャン語、ベラルーシ語、ジョージア語、アイルランド語、カンナダ語、マラヤーラム語、マオリ語、オリヤー語、スワヒリ語、ウェールズ語のキーボードを追加 ・ 10キー拼音キーボードでの英語入力に対応 ・ 日本語ローマ字キーボードでの英語入力に対応
HomeKit
・ AirPlay 2スピーカー、スプリンクラー、蛇口を含む、新しいアクセサリタイプに対応 ・ 人の検知、時間、アクセサリに基づいた作動機能を拡張 ・ QRコードおよびタップしてアクセサリをペアリングする設定に対応
拡張現実(AR)
・ App StoreのAppが使用可能なAR技術により、現実の風景上に仮想的なコンテンツを重ねて、インタラクティブなゲーム、夢中になるようなショッピング体験、工業デザインなどを開発可能
機械学習
・ App StoreのAppが使用可能な機械学習技術により、高パフォーマンスおよびユーザのプライバシー保護のために、デバイス上で処理された機械学習データを用いたインテリジェント機能を提供することが可能
その他の機能および改善
・ コントロールセンターのデザインが変わり、すべてのコントロールを1つのページに収めることが可能 ・ アクセシビリティ、アクセスガイド、拡大鏡、テキストサイズ、画面収録、Walletを含む、コントロールセンター用のカスタムコントロール ・ Apple Musicで友達とミュージックを見つけられます。プロフィールを作成して、友達とプレイリストやよく聴くミュージックを共有可能 ・ Apple Newsに、あなた向けにカスタマイズされたTop Stories、Siriからの提案、“Today”に表示される今日のベストビデオ、エディターが選んだ重要な記事が表示される新しい“Spotlight”タブなどの機能が追加 ・ “クイックスタート”の自動設定機能により、Apple IDを使用してiCloud、キーチェーン、iTunes、App Store、iMessage、FaceTimeにサインインが可能 ・ “クイックスタート”の自動設定機能により、言語、地域、ネットワーク、キーボード、利用頻度の高い場所、Siriへの話しかけ方、ホームおよびヘルスケアデータを含む、デバイス設定を復元可能 ・ Wi-Fiネットワークへのアクセスを簡単に共有可能 ・ ストレージ最適化の通知、および、“設定”で“写真”や“メッセージ”などAppの使用容量を減らすことが可能 ・ 緊急SOS機能により、現在地の位置情報に基づいて救急サービスに通話し、また、緊急連絡先へ自動的に通知を送信、現在地の位置情報を共有、およびメディカルIDを表示することが可能 ・ FaceTimeで、相手のMacまたはiPhoneのカメラからLive Photosを撮影することが可能 ・ SpotlightおよびSafariで簡単にフライト状況を確認可能 ・ Safariで辞書引き、単位換算、計算に対応 ・ ロシア語-英語の二言語辞典を追加 ・ ポルトガル語-英語の二言語辞典を追加 ・ 新しいアラビア語のシステムフォントに対応
アクセシビリティ
・ VoiceOverがイメージの説明に対応 ・ VoiceOverがPDFの表とリストに対応 ・ “Siriにタイプ入力”が基本的な検索クエリーに対応 ・ ビデオの音声および点字キャプションに対応 ・ Dynamic Type機能により、テキストおよびAppのUIの文字サイズを大きくすることが可能 ・ “色を反転”を再設計し、メディアコンテンツの見やすさを改善 ・ “選択項目の読み上げ”および“画面の読み上げ”での強調表示色の改善 ・ スイッチコントロールのタイプ入力で、単語全体を一度にスキャンおよびタイプ可能
iOS 11は64ビットApp用にパフォーマンスが最適化されています。32ビットAppをこのバージョンのiOSで動作させるにはデベロッパによるアップデートが必要になります。 一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください: https://www.apple.com/jp/ios/feature-availability および https://www.apple.com/jp/ios/whats-new このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222 」とのことです。
アップル、iTunes12.7.0.166を公開。アプリ、ブック、着信音の同期が不可に。

2017/09/13

アップルは、 iTunes12.7.0.166を公開しました。 今回の修正点は大きく、新型iPhone X(Ten)、iPhone 8/8 Plusへの対応に加え、 アプリ、ブック、着信音についてiTunes経由の同期が廃止されました。 これら3種のコンテンツの管理とダウンロードは、iPod/iPad/iPhoneなどデバイス上でのダウンロードのみに対応となります。 このため、すでにApp Storeからなくなってしまった古いアプリやブックを、パソコンからデバイスに転送して使うことができなくなります。 もしこのような古くて重要なアプリを持っている場合は、iTunesのアップデート前に、デバイスにインストールしておく必要があります。 なお、iOS11では32bitアプリのインストールができなくなるため、32bitアプリを使い続けるにはiOSも10のまま使用する必要があります。
今回の修正点は、リリースノートによると「 新しいiTunesは、ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点を置いています。iOS 11デバイスの同期のサポートが追加され、以下の新機能が組み込まれています。 Apple Music。友達のミュージックを見つけられるようになりました。メンバーは、プロフィールを作成してお互いにフォローすると、聴いているミュージックや共有したことのあるプレイリストを確認することができます。 Podcast。iTunes UコレクションがApple Podcastファミリーの一部になりました。学校、大学、博物館、美術館、文化施設が制作した無料の教育コンテンツが全て1か所で検索したり調べたりできます。 これまでiTunesを使ってApp、ブック、着信音をiOSデバイスと同期していた場合は、iOSの新しいApp Store、iBooks、または“サウンド設定”を使えば、コンピュータがなくても再度ダウンロードできます。 新しいiTunesについて詳しくは、https://support.apple.com/ja-jp/HT208075 を参照してください。 」とのことです。
アップル、新型iPhone X(Ten)、iPhone 8/8 Plus、Apple Watch Series 3等を発表

2017/09/13

アップルは、9月12日火曜日10:00(日本時間13日02:00)にメディアイベント「Let's meet at our place.」をカリフォルニア州クパティーノに完成した新しい円盤型の本社:Apple Park内の「 Steve Jobs Auditorium 」で開催し、全く新しいiPhone X(Ten)、iPhone 8/8 Plus、Apple TV 4K、Apple Watch Series 3を発表しました。 また、iOS11/watchOS4/tvOS11は9月19日(火)(日本時間20日(水))に公開予定です。 なお、今回のiPhone X, iPhone 8/8 Plus, Apple Watch Series 3から海外販売モデルもNFC Type-F(Ferica)に対応、海外で購入したiPhoneでもSuicaが使えます。
iPhone X(Ten)
全く新しいデザイン。ホームボタンが無く、ほとんど全面を覆うディスプレイ、そして縦に並んだデュアルカメラが外見の特徴です。 そして従来のTouch ID(指紋認証)の代わりとなるのが、Face ID(顔認証)です。 すでに多くのメーカーから発売されているQiスタンダード規格の無線充電パッドに載せるだけで充電が可能。 ボディカラーはSilverとSpace Grayの2モデル。 また容量は64GBと256GBの2モデル、価格は112,800円($999)と129,800円($1149)。 10月27日(金)16:01より予約受付開始、11月03日(金)より発売開始です。
iPhone 8 と iPhone 8 Plus
前面と背面がガラスでおおわれた新しいデザイン。 画面サイズは従来同様4.7-inchと5.5-inchのRetinaディスプレイ。 もちろんIP67レベルの防水、防塵仕様。 iPad Proに採用されている、周囲の照明に合わせて画面の色を調整するTrue Tone機能を搭載。 そしてより深い低音が再生できるスピーカー。 すでに多くのメーカーから発売されているQiスタンダード規格の無線充電パッドに載せるだけで充電が可能。 ボディカラーはSilver、Space Gray、そして新しいGoldの3色。 容量は32GB、128GBがなくなり、64GBと256GBの2モデルとなりました。 iPhone 8は78,800円($699)から、iPhone 8 Plusは89,800円($799)からで9月15日(金)16:01より予約受付開始、9月22日(金)より発売開始です。 なお、旧モデルとなるiPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone SE は値下げして継続販売されます。
Apple TV 4K
3840 x 2160 ピクセルの4K出力に対応。 表示画質はハイダイナミックレンジ HDR10 と Dolby Vision をサポート。 また、4K HDRにフィットした新しいスクリーンセーバーを内蔵しています。 容量は32GBモデルと64GBモデルの2モデル構成。 価格は19,800円($179)(32GB) / 21,800円($199)(64GB)です。 2017年9月15日(金) 16:01より予約受付開始、9月22日(金)より発売開始。 また、第四世代Apple TVも32GBモデルのみ15,800円($149)で継続販売されます。
Apple Watch Series 3
直接 携帯電話回線に接続可能な「GPS+Cellularモデル」が登場。 ディスプレイがLTE,UMTSのアンテナとして機能し、Apple Watch単体でどこにいても重要な通知を受信することができます。 Siriで音声会話による制御も可能になりました。 高度計も搭載して、Apple Watch単体で登山やスキー、スノーボードのシーンでどこまで登ったかを知ることができます。 もちろん従来モデル同様、GPS、Suicaも使える電子マネーシステムFelica、そしてISO規格22810:2010にもとづく水深50メートルの耐水性能を搭載、身に着けたまま水泳もできます。 価格はケースの仕上げ、サイズ(38mm/42mm)、バンドにより異なり、GPS+Cellularモデル(ストレージ16GB)が45,800円($399)から、GPSモデル(ストレージ8GB)が36,800円($329)からで、9月15日(金)16:01より予約受付開始、9月22日(金)(Nike+のみ10月5日(木))より発売開始です。 なお、GPS非搭載でアスリート向けの Apple Watch Series 1 も27,800円/30,800円($249)に値下げされ、継続して販売されます。
watchOS 4
心拍計アプリで毎日より詳細な情報を算出、不自然な高い心拍を検出したときに通知。 年末に、心房細動を含む不整脈を分析するApple Heart Studyアプリを公開予定。 iOS11とともに9月19日(火)に公開予定
iOS11 GMリリースに伴い9月の新製品情報が続々リーク?

2017/09/09

噂の絶えない新型iPhoneですが、今回はiOS11 GM(Golden Master:正式リリース版)が09/08にリークしたとの噂が発生。 このiOS11 GMの中身の解析により、次のことが明らかになったとのことです。 OLED(有機EL)の特性(ピクセルの電源オフで黒となる)に合わせたデザインの、背景が暗い新しい壁紙の搭載。 見慣れない文字盤とコンプリケーションが表示されたApple Watchの画像が掲載された、ペアリング画面の存在。 Face IDと呼ぶ顔認証のユーザー登録のガイド用と思われる、スマイリーが上下左右を向くショートビデオの搭載。 また、顔認証にも使われるととみられる、深度センサーをつかう新しいポートレートモード撮影と思われる機能名称:Contour Light, Natural Light, Stage Light, Stage Light Mono, Studio Light の搭載。 ビデオ撮影機能として、1080p での 240 fps 撮影、4K での HEVC形式による 24 / 60 fps 撮影の搭載。 iPad Proにも搭載されたTrue Tone機能の搭載。 iPhone 7 Plusよりも高解像度となる 1,125 x 2,436 ピクセルの液晶ディスプレイの搭載。 "Animoji"と呼ぶ、3次元アニメーションするクラゲの絵文字の搭載。 そして新しい型番のAirPodsの存在も示唆されています。
iPhoneX(?), iPhone Edition(?), iPhone8(?)用ケース続々登場

2017/09/09

毎度恒例の新型iPhone用ケースのフライング販売ですが、今回もAmazon.co.jpには例にもれず新型iPhone用と謳うケースが続々登場しています。 ただし今回は名称の予測が iPhoneX / iPhone Edition / iPhone8 と3つに分かれたため、商品を出品する側も 商品タイトルの付け方に苦労しているようです(笑)
アップル、09/12にイベント「Let's meet at our place.」を開催

2017/09/01

アップルは、9月12日火曜日にメディアイベント「Let's meet at our place.」をカリフォルニア州クパティーノに完成した新しい円盤型の本社:Apple Park内の「 Steve Jobs Auditorium 」で、現地時間10:00より開催するようです。 プレスなどの関係者に案内状が届き始めています。 今回のイベントでは iOS11, tvOS 11, watchOS 4 のリリース日の発表、iPhone 7s/7s PLus(またはiPhone 8/8 PLus)、LTE対応Apple Watch 3、4K対応AppleTV、そしてOLEDディスプレイを搭載した iPhone 8 (または iPhone X または iPhone Edition ) の発表が見込まれています。 Apple Special Eventのオフィシャルサイトでは動画配信が行われる見込みです。
アップル、iPod nanoとiPod shuffleの販売を終了

2017/07/28

アップルは、ついにiPod nanoとiPod shuffleの販売を終了しました。 すでにアップルストアからは姿を消しています。電気店などに残る流通在庫のみ購入可能です。 iPod nanoは2005年09月07日の初代モデル発売、iPod shuffleは2005年1月11日の初代モデルの発売からいずれも約12年の歴史に幕を閉じることになりました。
アップル、iPod touchを値下げ

2017/07/28

アップルは、iPod touchを値下げしました。 従来の16GBの価格(21,800円)で32GBモデルが、64GBの価格(32,800円)で128GBモデルが購入可能です。 また、16GBモデル、64GBモデルは販売終了となりました。 いずれのモデルも本日より発売開始です。
アップル、iOS 10.3.3 リリース。

2017/07/20

アップルは、iOS 10.3.3をリリースしました。またこれと併せてwatchOS 3.2.3, tvOS 10.2.2もリリースしました。 主要な修正点は脆弱性の修正、バグ修正のみです。 今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 10.3.3にはバグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善が含まれます。 」とのことです。
アップル、iTunes12.6.2.20を公開。

2017/07/20

アップルは、 iTunes12.6.2.20を公開しました。 今回の修正点は不具合修正のみのようで、リリースノートによると「 このアップデートは高DPIディスプレイに対応しており、テキストやイメージがより鮮明で鮮やかになります。また、アプリケーションやパフォーマンスも若干改善されます。 」とのことです。 また、併せてWindows用iCloud:iCloud for Windows 6.2.2もリリースされています。こちらもリリースノートによると「 この更新は、iCloud for Windows の安定性、互換性、およびセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。 」とのことです。
Bluetoothイヤホン「Jaybird X3 Wireless」レビュー

2017/07/02

いまや千円台から2万円以上まで、多数のBluetooth無線イヤホンが発売されていますが、果たして高価なBluetooth無線イヤホンはどんなものなのでしょうか。 当サイトで、高性能なBluetooth無線イヤホン「Jaybird X3 Wireless」を紹介しました。