株価の使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneの株価機能の使い方を紹介します。 (なおiPadには株価、天気機能は搭載されていません。Appストアでお好みの株価、天気アプリをダウンロードしてください。)

株価アプリのインストール

株価のクイックアクション

iPhone アイコンをタップして、株価を起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。 登録している銘柄の株価、銘柄検索、 の2つの機能に直接アクセスできます。
「ウィジェットを追加」をタップすると、通知センターの画面に株価のウィジェットを張り付けることができます(iOS10以降)。

株価の使い方

iPhone 「株価」を起動すると、このような画面となります。 指定した銘柄の株価の現在の価格と変動(金額または%)、さらに価格変動グラフを1日~2年の7段階で表示します。
初期値では、「日経平均(^N225)」「アップル(AAPL)」「Google(GOOG)」「米Yahoo!(YHOO)」「ダウ平均株価(DOW J)」「FTSE100種総合株価指数(FTSE 100)」等が登録されています。
左下のアイコンをタップすると、ブラウザが起動して、選択中の銘柄の詳細情報が表示されます。
右下のアイコンをタップすると、銘柄の一覧編集画面に切り替わります。
各銘柄の右端の緑または赤でマークされた「値動き」の数値をタップすると、値動きの割合、時価総額に切り替えることができます。
iPhone 画面の一番下の、価格変動グラフの部分を左右にフリックすると、時価総額などの情報や、銘柄に関するニュースを見ることができます。
iPhone これが、アイコンをタップした場合に表示される、銘柄の一覧編集画面です。 銘柄の左の赤いマークをタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとその銘柄を削除できます。
左上の「+」で新しい銘柄を追加できます。
画面下の「割合(%)」「価格」「時価総額」をタップすると、株価一覧画面の表示単位が変化します。
iPhone これが、銘柄の追加画面です。銘柄の一部を入力すると候補が表示されます。 このなかから任意の銘柄をタップすると一覧に追加されます。
をタップすると、キーボードが切り替えられます。
iPad 本体を横向きにすると、価格変動グラフが画面いっぱいに表示されます。 この画面で、1本指で画面を長押し&スライドすると、そのときの株価情報が詳細に表示されます。 2本指で画面を長押し&スライドすると、その期間の株価の変動情報が詳細に表示されます。
左右にフリックすると、別の銘柄のグラフを見ることができます。
しかしアップルの株価の上昇はすごいですね。
iPhone 株価アプリは「通知センター」のウィジェットに対応しています。 わざわざアプリを立ち上げなくても、通知センターから見ることもできます(iOS5.0以降)。

各国通貨の為替レートを知る

実はこの株価ツールには、もうひとつ、役に立つ使い方があります。 それは、為替レートを知ることができる、というものです。 Yahoo! FINANCEのCurrency Converterの機能を呼び出すことかできます。
たとえば、米ドルで1ドルが日本円でいくらかを知りたいときは、銘柄を登録する代わりに“USDJPY=X”と入力すればOKです。 その他、任意の通貨のレートを知るには、“USDJPY=X”の“USD”の代わりに、 Yahoo! FINANCEのCurrency Converter で使われている3文字コードを入力すればOKです。 ユーロ(EUR)や香港ドル(HKD)などのよく聞く通貨から、バヌアツのVatu(VUV)やケニヤのShilling(KES)まで、実に150種以上の通貨の間のレートを知ることができます。 どこに行くにも、海外旅行の前にちょっとセットしていけば便利ですね。

メモ、株価、天気関連アプリケーション

iPod/iPad/iPhoneに標準装備されているメモ、株価、天気は簡単な機能しかありません。 これらを大幅に強化してくれる、いろいろ便利なアプリが公開されています。 より使い勝手の良いアプリを使えば生産性もアップ!!
以下のページでは、iPod/iPad/iPhoneで利用可能なメモ、株価、天気関連のおすすめアプリを紹介します。