「ボイスメモ」アプリの使い方

ボイスメモの使えるデバイス

ボイスメモに対応しているiPod/iPad/iPhoneは、
  • iPod nano (2008年9月発売の第四世代以降)
  • iPod classic (2008年9月発売の120GBモデル以降)
  • iPod touch (2008年9月発売の第二世代以降)
  • iPhone (2008年7月発売の第二世代以降)
のみです。また、タッチパネルモデルでは、iPhone OS 3.0以降へのバージョンアップが必要です。 iPadシリーズの場合は、標準ではボイスメモアプリが入っていませんが、本体にマイクが搭載されているので、別途ボイスレコーダアプリケーションをダウンロードすれば録音が可能になります。
これ以外のiPodシリーズでは、オプションを使用することにより、ボイスレコーダ機能を使うことができます。 iPod/iPad/iPhone用ボイスレコーダのページで紹介していますのでご参照ください。

ボイスメモアプリのインストール

  • ボイスメモ

    Apple ユーティリティ 無料

    iOS標準搭載の「ボイスメモ」アプリです。iPod/iPad/iPhoneから削除してしまったときは、App Storeからこれを再インストールします。

ボイスメモのクイックアクション

iPhone アイコンをタップして、ボイスメモを起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。 すぐさま録音を開始できます。

「ボイスメモ」アプリの使い方

iPhone ボイスメモを起動すると、このような画面になります。 iPhone全モデル、および2010年発売の第四世代iPod touch以降には本体にマイクが搭載されているので、そのまま録音ができます(この場合はモノラルとなります)。
ステレオで録音したい場合、広い会議室での録音、マイクを搭載していない第三世代以前のiPod touchシリーズなどには、 ボイスレコーダ/ボイスメモ用マイクの接続をお勧めします。 また、 マイク付きヘッドフォンでも録音(モノラル)可能です。
iPhone 中央の赤丸マークをタップすると、「ぽーん」という音が鳴って、すぐさま録音が始まります。 (サイレントモードにしていると「ぽーん」という音は鳴りません。)
録音中に、中央の赤四角マークタップすると、録音は一時停止となります。 ここで赤丸マークをタップすると、録音を再開します。
録音中に一時停止したあと、[完了]をタップすると、録音は終了します。
iPhone 録音中にもホームボタンを押せば別のアプリケーションを立ち上げることも可能です。 このとき、赤くなっている時計表示部分をタップすれば、ボイスメモの画面に戻れます。
iPhone 録音が終了すると、このような画面になります。 録音に好きな名前をつけることができます。
iPhone 録音が終わると、録音済みのボイスメモ一覧を見ることができます。 ここで赤丸マークをタップすると、すぐに新しい録音が始まります。
iPhone 録音済みのボイスメモ一覧で、任意のボイスメモをタップすると、このようになります。
メモの名前をタップすると、名前を変更できます。
をタップすると再生できます。
をタップすると削除できます。
(共有) については後ほど説明します。
iPhone 上の画面で「編集」をタップすると、このようになります。
波形の部分を左右にドラッグすると、再生位置を変更できます。
ここでもメモの名前をタップすると、名前を変更できます。
をタップすると再生できます。
をタップするとトリミングできます。
iPhone これがトリミングの画面です。 前後の赤い線を左右にドラッグすると、切り取り開始位置、終了位置を変更できます。
「トリミング」をタップすると、「オリジナルをトリミング」するか「新規録音として(コピーを作って)保存」するかが選べます。
iPhone (共有) をタップすると、このようなメニューが出ます。
「AirDrop(エア・ドロップ)」は、このボイスメモをAirDrop機能で近くにいるiPod/iPad/iPhoneユーザーにワンタッチで送信できます。
「メールで送信」は、このボイスメモをEメールで送信できます。
「メッセージ」は、このボイスメモをiMessage/MMSで送信できます。

録音フォーマットと録音可能時間

録音結果は、サンプリングレート44100Hz/sec、80kbpsのAAC Low Complexity形式のモノラル録音となります。 (ステレオマイクを接続して録音すれば、ステレオとなります) このため、1分間の録音で約612kbyteを消費します。容量に1GBの空きがあれば、約28時間半の録音が可能です。

録音結果の取り出し・保存

iPhone パソコンとiPod/iPad/iPhoneを同期すると、録音結果はパソコンに転送されます。 iTunesに「ボイスメモ」というプレイリストが生成され、その中に格納されます。 なお、同期後も録音結果はiPod/iPad/iPhone本体にも残っています。
ファイルは、iTunes Media(iTunes8以前から使用している場合はiTunes Music)フォルダ直下に“YYYYMMDD HHMMSS (ラベル).m4a”(例:“20080923 203622 会議.m4a”)といったファイル名で保存されます。
一旦パソコンに録音結果を転送すれば、iPod/iPad/iPhone本体からその録音結果を削除してもパソコンの録音結果は削除されません。
一方、パソコンの録音結果を削除した上で同期すると、iPod/iPad/iPhone本体からもその録音結果は削除されます。
iPhone パソコンに保存された録音結果を、iPod/iPad/iPhoneに転送することもできます。
iTunesでiPod/iPad/iPhoneを選択し、「ミュージック」タブの「ボイスメモを含める」にチェックを入れた上で同期すると、 パソコンに保存されたすべての録音結果がiPod/iPad/iPhoneに転送されます。
なお、転送できるiPod/iPad/iPhoneのモデルは限られています。iPod(Classic)/iPod nanoには転送出来ません。

高音質ステレオ録音/通話の録音

iPhone
ステレオ録音するには、USBコネクタに接続するタイプのiPod/iPad/iPhone用ステレオマイクが必要です。 一般に市販されているステレオミニプラグのステレオマイクは使用不能です。 また、ステレオマイクを接続しても、標準搭載の「ボイスメモ」アプリでは、録音フォーマットは128kbps AACステレオとなります。 これ以上の音質を望む場合は、高音質本格録音用アプリを利用する必要があります。
また、通話の録音を行うには、専用のiPod/iPad/iPhone用通話録音マイクが必要です。

iPod nanoの場合

iPhone Voicememo(ボイスメモ)アイコンをタップすると、このような画面になります。 iPod nanoの場合は、ボイスレコーダ/ボイスメモ用マイクまたはマイク付きヘッドフォンをイヤフォンジャックにセットしたときだけ、 ボイスメモアイコンが現われます。
iPhone [録音]をタップすると、すぐさま録音が始まります。
録音中に[一時停止]をタップすると、録音は一時停止となります。 [再開]をタップすると、録音を再開します。
録音中に[停止]をタップすると、録音は終了します。
iPod nanoの場合は、録音中は他の画面を開くことは出来ません。 ホームボタンを押すと録音が停止します。
iPhone 録音停止中に[メモ]をタップすると、このように録音済みのボイスメモ一覧を見ることができます。 その場で再生したり削除することができます。
任意のメモをタップすると再生することが出来ます。
各ボイスメモの名前をタップすると、詳細を見ることができます。
iPhone これがボイスメモの詳細画面です。
7th iPod nanoの場合は、ボイスメモ一覧から任意のメモを選択するとすぐに再生が始まります。 再生中に画面をタップするとリピート、30秒巻き戻し、再生速度変更などができます。
iPhone Music Tracklist をタップすると、ラベルをつけて分類することができます。

ボイスレコーダアプリケーション

通話用の内蔵マイク/ヘッドセットのマイクおよび外付けステレオマイクを使ったボイスレコーダ/録音アプリケーションが多数配布されています。