Fitbitの使い方

Fitbitとは、Fitbit社が製造する活動量計です。
ここではiPod/iPad/iPhoneでのFitbitの使い方を紹介します。

Fitbitとは

Fitbit
Fitbitとは、Fitbit社が製造する活動量計です。 ただ身に着けているだけで、内蔵する加速度計を使って、歩数、消費カロリー、睡眠状況などを計測し、健康に関するアドバイスを与えてくれます。 モデルによっては心拍計も内蔵し、日々の心拍も計測してくれます。 さらに高機能モデルでは、時間表示に加えて、電話やメッセージの着信、サイレントアラーム(振動式の目覚まし時計)、GPSによるランニング経路の記録など、スマートウォッチの機能を持つものもあります。
今回はこのなかから、最新モデルでスマートウォッチとしても使える"Fitbit Charge 2"の特別カラーモデル:ラベンダー/ローズゴールドモデルを使ってみました。

FitbitとApple Watch

Fitbit
FitbitとApple Watch、その大きな違いはiPhoneとの連携の密度の濃さ、です。 どちらも加速度センサーと心拍計を搭載し、活動量計としては十分な機能を備えています。
Apple Watchは当然ながらiPhoneと非常に密に連携し、メールの着信通知、電話での音声通話、カメラのシャッター制御、写真や音楽再生まででき、 iPhoneのあらゆる機能がコントロールできるリモコンとしても動作します。 そしてiPhone用アプリの多くがApple Watchにも対応しており、ニュースを読んだり、雨雲の接近や電車の遅延発生、国際宇宙ステーションの通過まで知ることができます。
これに対しFitbitはBluetoothのプロファイルで定められた範囲でしかiPhoneと連携できず、通知も電話とSMSの着信、カレンダーのイベント通知に限られます。

Fitbitの調子が悪いときの再起動

Fitbitの調子が悪い、動作がおかしいと感じたら、再起動してみましょう。 Fitbitの再起動は次のように行います。
  • Fitbitを充電器に接続します。画面には電池のイラストが表示されます。
  • 本体のボタンを長時間(モデルによる)長押しします。モデルによっては複数回押します。
  • 再起動されると、画面にはFitbit のロゴが表示され本体が振動します。
なお、本体を再起動しても、それまでのアクティビティデータが消えることはありません。 また、再起動の方法の詳細はモデルによって異なります。 詳しくは下記をご覧ください。

Fitbitを工場出荷時設定に初期化(リセット)する

Fitbitを他人に譲るとき、あるいは再起動しても不調が治らないときは、工場出荷時設定に初期化(リセット)します。 この手順については下記で読めます。 なお、本体を初期化(リセット)すると、それまでのアクティビティデータを含めすべてのデータが消えます。 再度使用するには初期設定からやり直します。

なくしたFitbitを探す

FitbitとiPhoneのBluetoothの接続状況を見て、Fitbitのありかに見当を付けることが可能です。 Fitbitアプリでデバイスとの同期状況をチェックし、最近同期されていればiPhoneの近く、約10m以内にあります。 Bluetoothデバイスの位置特定アプリ:LightBlue Explorerなどを使うこともできます。 詳しくは、 Fitbitのヘルプページ を参照してください。

Fitbitのマニュアル入手方法

Fitbit本体には説明書はついていませんが、 Fitbitのヘルプサイト から、マニュアルをダウンロードできます。 より詳しい操作方法が知りたくなったときは、こちらを参照してください。