iBooksの使い方

PC
iPadの発売に伴って公開された、iWorks (Pages, Numbers, Keynote)とならぶアップル社謹製の目玉アプリが、話題の電子書籍を読むことができる「iBooks」アプリです。 世界標準となりつつある、オープンな電子書籍ファイルフォーマットであるePub形式の電子書籍やPDF形式のファイルを読むことができます。 「iBooks」アプリは無料です。まずはダウンロードして電子書籍に触れてみてください。

iBooksのダウンロード

まずはiTunesのApp StoreでiBooksをダウンロードして、iPod/iPad/iPhoneにインストールしてください。
  • iBooks

    PC

    Apple Inc. ブック 無料

    [iOS8より標準搭載] iBooksは、ブックをダウンロードして読書を楽しめる画期的なツールです。連携サービスのiBooks Storeで、最新のベストセラーやお気に入りの名作を24時間いつでもダウンロードできます。美しい本棚に表示されるライブラリの中から読みたいブックをタップして開いてから、スワイプやタップでページをめくったり、お気に入りの一節をブックマークしたりそれらにメモを追加したりできます。

本

電子書籍のダウンロード

iBooks
iBooks(iBooks)アイコンをタップすると、このような画面になります。 いま自分が持っている電子書籍の表紙が並びます。 画面の下にあるメニューから「おすすめ」を選ぶと、電子書籍/オーディオブックを購入できます。 詳しくはiBooks電子書籍/オーディオブックを購入する方法をご覧ください。

iBooksで電子書籍を読む

iPad 電子書籍の表紙をタップするとすぐさま読み始めることができます。 画面を左右にフリックまたはドラッグでページをめくることが出来ます。
画面の上部には各種ボタンが並び、画面の下部には現在のページ位置を示すルーラーが表示されています。 これらの表示は、ページをめくったり、画面をタップすると消えます。 そして再度画面をタップするとまた現われます。
画面左上の 「ライブラリ」をタップすると、本棚の画面(ライブラリ)に戻ることが出来ます。
iPad iPod/iPad/iPhone本体を横に倒すと、1画面2ページの見開き表示となります。
iPad 目次の表示
画面左上のMenuボタンをタップすると、このように目次ページに飛びます。 ここから任意の章をタップすると、そこにジャンプできます。
もう一度Menuボタンをタップするか、 画面左上の 「再開」をタップすると、元の画面に戻れます。
iPad 書籍内の検索1
画面右上の虫眼鏡マークをタップすると書籍内のキーワード検索が出来ます。 検索結果の一覧から、そのページにジャンプしたり、そのキーワードを「Webを検索」したり「Wikipediaで検索」することも出来ます。
iPad 書籍内の検索2
検索結果の一覧から任意のページにジャンプすると、このように、そのキーワードが「選択」された状態になっています。
iPad このキーワードをタップすると、このようなメニューが表示されます。
  • 「調べる」を選ぶとiPod/iPad/iPhoneに内蔵された辞書で意味を調べることが出来ます。
  • 「ハイライト」を選ぶとそこにマーカーを設定したりブックマークを設定することが出来ます。
  • 「メモ」を選ぶとそこに付箋紙を貼り付け、メモを残すことが出来ます。
  • 「検索」を選ぶと、選択したキーワードをブック全体から検索します。
「ハイライト」や「メモ」は、ネット経由で自動的にあなたの持っているiPod/iPad/iPhoneの間で同期が取られます。 たとえばiPadのiBooksで設定した「ハイライト」や「メモ」は、設定した瞬間に、iPhoneのiBooksにも設定されます。
iPad 「調べる」を選ぶと、このようになります。 内蔵辞書、Web、その他で検索した結果の一覧が表示されます。 ここで内蔵辞書の検索結果をタップすると、その詳細が表示されます。
iPad メモの貼り付け
「メモ」を選ぶと、このようにメモの入力画面になります。
iPad 入力を終えると、本文の外に「メモ」マークがつきます。 このマークをタップするといつでもメモの内容を読むことができます。
iPad 書籍内の範囲選択(1)
書籍内の文章を長押しすると、このように範囲選択の画面となります。
iPad 指を離すと、このようなメニューが表示されます。
著作権保護されていない電子書籍なら、ここで「コピー」という項目も選べます。
通常iBooks storeからダウンロード購入した電子ブックでは「コピー」操作は行えません。 ただし、iBooks storeの電子ブックの中にも、著作権保護されていないものがいくつかあります。
iPad ハイライト
先ほどのメニューで「ハイライト」を選ぶと、このようにマーカーが描かれます。 色を変更したり、アンダーラインをつけたり、メモを追加したり、辞書を引いたり、検索することができます。
をタップすると、この「ハイライト」または「メモ」を削除することができます。
iPad ここで目次を開き「メモ」を見ると、マーカーが描かれた部分がメモとして記録されているのが分かります。
iPad ブックマーク
画面の右上にある ブックマーク をタップすると、そのページに「しおり」を設定することが出来ます。
iPad しおりが設定されると、このマークは図のように赤くなります。
iPad ここで目次を開き「ブックマーク」を見ると、「しおり」を設定したページがブックマークとして記録されているのが分かります。
なお、iBooksでは、iCloudを経由して、あなたがお持ちの複数のiPod/iPad/iPhone間でブックマーク(しおり)を同期することが出来ます。 ブックマークの同期はネット経由で瞬時に行われます。各デバイスをパソコンと同期する必要もありません。 リビングでiPadで読み進めた本のつづきを、外出時にiPhoneで読むことができます。 設定方法はiCloudの使い方のページをご覧下さい。
iPad ブックマーク/メモの削除
「ブックマーク」または「メモ」一覧で、任意のタイトルの上で指を右から左にフリックすると「削除」ボタンが現れます。 これをタップすると、そのブックマーク/メモを削除することができます。
iPad その他の機能
画面右上のボタンで、画面の明るさを変更したり、フォントサイズ、書体を変更することが出来ます。 画面の背景色は「白」「セピア」「夜間」から選ぶことができます。 「スクロール表示」をONにすると、ページの区切りがなくなり、ブック全体を巻物のようにスクロールして読むことができます。
iPad 「フォント」メニューをタップするとこのようになります。 好きなフォントで表示することができます。
iPad 画面下のルーラーをドラッグすると、任意のページにジャンプすることが出来ます。

iBooksでPDF形式ファイルを読む

iBooksでは任意のPDF形式ファイルを読む事も出来ます。 また、Safariで閲覧中のWebサイトもPDF形式ファイルに変換して読むことができます(iOS9以降)。 WebサイトをPDF形式に変換する方法についてはインターネットブラウザ:Safariの使い方をご覧ください。
iPad まずは自作した電子書籍をiBooksに取り込むの説明に従って、任意のPDFファイルをiTunesの「ブック」に登録した上で、iPod/iPad/iPhoneに転送してください。 そしてiBooksの画面左上の「コレクション」をタップします。 ここで「PDF」をタップすると、そのiPod/iPad/iPhoneに転送されているPDF形式ファイルの一覧を見ることが出来ます。
iPad 任意のPDFファイルをタップすると閲覧できます。
iPad 閲覧画面をタップすると、ePub形式の電子書籍と同様、各種操作メニューがあらわれます。 PDFファイルでも「検索」したり、ページに「しおり」を設定することが出来ます。
iPad 操作メニューの左上ある Menu をタップすると目次を表示します。 PDFファイルの目次は全ページのサムネイル(縮小図)一覧となります。
iPad 目次ページの右上ある ブックマーク をタップすると「しおり」を設定したページだけを表示することも出来ます。
目次ページの左上ある 「再開」をタップすると、最後に閲覧していたページに戻ることが出来ます。

iBooksでの電子書籍の格納先

PC 電子書籍を購入した上でiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続すると、購入した電子書籍はパソコンにバックアップされます。 これはiTunesの「ブック」から見ることが出来ます。 ただしサンプルのダウンロードはバックアップされません。
PC iTunesのデバイスの「ブック」タブで、音楽やビデオと同様に、どの電子書籍をiPod/iPad/iPhoneに転送するかを指定することが出来ます。
PC 電子書籍の実体は、音楽やビデオと同様、[iTunes Media](または[iTunes Music])-[Books]フォルダの下に著者名のフォルダが作られ、この下に“.epub”拡張子の付いたファイルとして格納されています。
このファイルの実体はZIP形式の圧縮ファイルです。拡張子を“.zip”に変更した上で、ZIP形式が扱える解凍ソフトで解凍することが出来ます。 iBookStoreで購入した本を、他のiPod/iPad/iPhoneで読むには、一旦パソコンに接続してiTunesに取り込んだ上で同期指定を行います。 あるいは、他のデバイスのiBooksアプリの「ストア」-「購入済み」から再ダウンロードすることもできます。 一度購入した電子書籍は何度でも無料で再ダウンロードすることができます。

自作した電子書籍をiBooksに取り込む

PC 電子書籍の投稿・共有サイトePubs.jpなど、 インターネットからフリーのePub形式やPDF形式の電子書籍を入手した場合は、これをiBooksに取り込むことが出来ます。
まずはパソコンの、iTunesの音楽などを格納しているフォルダに、ePub形式やPDF形式の電子書籍を保存します。 これは通常 C:ドライブの
Windows10の場合
[PC]-[ミュージック]-[iTunes]-[iTunes Media]
Windows8, Windows7, Vistaの場合
[(ユーザー名)]-[(マイ)ミュージック]-[iTunes]-[iTunes Media]
WindowsXPの場合
[マイドキュメント]-[マイ ミュージック]-[iTunes]-[iTunes Media]
([iTunes Media]は、iTunes8以前から使用している場合は[iTunes Music]になります)
になります。この下に、たとえば [著者名]-[書籍名] などのフォルダを作り、そこに格納します。 この例では[epubs]というフォルダを作り、そこに格納しています。
PC つづいてiTunesの「ブック」画面を開き、エクスプローラーなどからePub形式またはPDF形式の電子書籍ファイル/フォルダをドラッグ&ドロップすると、iTunesのライブラリに取り込まれます。
まだ1冊も電子書籍を持っていない時は「ブック」メニューは隠されています。 かまわず電子書籍ファイル/フォルダをiTunesにドラッグ&ドロップすると、「ブック」メニューが現れます。
PC あとはiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続し、 iTunesのデバイスの「ブック」タブで、どの電子書籍をiPod/iPad/iPhoneに転送するかを指定し、「同期」ボタンをクリックすればOKです。
ただし、フリーのePub形式の電子書籍は、ものによってうまく表示できないことがあるようです。 その電子書籍を開こうとするとiBooksがストールしたり閉じたりする場合があります。

EPUB形式の電子書籍を作る

EPUB形式(拡張子“.epub”)の中身は、XHTML形式で書かれたテキスト、画像と、EPUBの情報を格納したテキストファイルを、ZIP形式に圧縮したものです。 このためフリーのEPUB形式の電子書籍は、拡張子を“.zip”に変更してZIP形式の解凍ツールにかけると、その中身を見ることが出来ます。 またXHTML形式でwebサイト/ホームページを作れる方なら誰でも自作できます。 詳しくはEPUB形式電子書籍の作り方のページで解説していますので、ご参照ください。