FaceTimeの使い方:テレビ電話/無料通話

「FaceTime(フェイスタイム)」とは、iPod/iPad/iPhone/Macユーザの間で、テレビ電話/音声通話ができる機能です。 データ通信を利用するので、Wi-Fi(無線LAN)接続時、あるいはパケット定額契約の場合は、通話料金は無料となります。
また、当サイトでは、同様にネット経由で無料通話が楽しめるSkype(スカイプ)の使い方も解説しています。併せてご参照ください。

FaceTimeの使えるデバイス

FaceTime(フェイスタイム)を楽しめるのは、フロントカメラを搭載した
  • iPod touch (2010年発売の第四世代以降)
  • iPhone (2009年発売の第三世代:3GS以降)
  • iPad (2011年発売の第二世代以降)
  • iPad miniシリーズ全モデル
  • iPad Proシリーズ全モデル
  • Macパソコン (Mac OS X v10.6.4 Snow Leopard以降)
のみです。 また、iOS4.0以降(au/KDDIのiPhoneはiOS5.1以降、iPhone 3GSはiOS6.0以降)へのバージョンアップが必要です。 さらにiPhone 3GS,4はFaceTime使用時にWi-Fi(無線LAN)への接続が必要です。 ご注意下さい。

FaceTimeアプリのインストール

FaceTimeのクイックアクション

iPhone (FaceTime)アイコンをタップして、FaceTimeを起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。 最近の通話相手をすぐに呼び出すことができます。

iPhoneの電話をiPadで発信・着信する

同じApple IDでiCloud, FaceTimeにサインインしているiPhoneとiPad/iPod touch/Macがあれば、 iPhoneの携帯電話回線を、iPad/iPod touch/MacのFaceTimeで発信・着信することができます。 iPhoneに着信があると、同じWi-Fi無線ネットワークに接続したすべてのiPad/iPod touch/Macで呼び出し音が鳴り、好きなデバイスでこれを受けられます。 また逆に、iPad/iPod touch/Macから連絡先、カレンダー、Safariなどに表示されている電話番号をタップすると、iPhone経由で発信することができます(いずれもiOS8から)。 これを有効にするには、各デバイスで Settings(設定)- (FaceTime)の画面で「iPhoneから通話」を タッチパネル:ON(オン) にします。

自分のデバイス間で通話する

自分が持っている複数のiPod/iPad/iPhone/Macの間でFaceTime通話をすることも可能です。 iPad(Cellular)/iPhoneは、その電話番号を指定して呼び出せば、そのまま個別に呼び出しが可能です。 一方、iPad(Wi-Fi)/iPod/Macでは、着信用メールアドレスでデバイスを判別します。 自分が持っている複数のiPad/iPod/MacのFaceTimeすべてに同じ着信用メールアドレスを登録すると、すべてのデバイスが一斉に呼び出されます。
しかし、FaceTimeで各デバイスに登録する着信用メールアドレスは同じである必要はなく、またApple IDと一致している必要もありません。 確認のためのEメールが受信できる、生きているメールアドレスであれば、何を設定してもかまいません。 もしあなたが複数のメールアドレスを持っているなら、これらを個別のiPad/iPod/MacのFaceTimeに設定することで、お互いの間での通話を行うことができます。 多くのインターネットプロバイダでは、ひとりで複数のメールアドレスが使用できるようなオプションサービスを準備しています。 このようなオプションを使って複数のメールアドレスを準備するのも良いと思います。
あなたのiPod/iPad/iPhone/Mac個別にメールアドレスを設定するには、 Settings(設定)- FaceTime(FaceTime) 画面から行います。 詳しくはFaceTimeの初期設定の説明をご覧下さい。