Bluetooth無線イヤホンの使い方

Bluetooth無線イヤホン/ヘッドフォンを購入すれば、もう煩わしいイヤホンケーブルともおさらばです。 ここでは、Bluetooth無線イヤホンの使い方を説明します。
その他Bluetooth機能の使い方の詳細については、Bluetooth機器の使い方で詳しく説明しています。 あわせてご参照ください。

Bluetooth無線イヤホン/ヘッドフォンの選択

今や数多くのBluetooth無線イヤホン/ヘッドフォンが販売されています。 通話機能だけに使うなら「HSP/HFP」、ステレオで音楽も楽しむなら「A2DP」、リモコン機能も使いたいなら「AVRCP」プロファイルに対応したものを購入します。
なお、Bluetooth無線イヤホン/ヘッドフォンが使用できるのは、iOS3.2以降にアップデートしたiPadシリーズ(全モデル)/iPhone(3GS以降)/iPod touch(第二世代以降)のみです。

高性能Bluetooth無線イヤホン:Jaybird X3

Jaybird X3
ここでは、高性能なBluetooth無線イヤホン人気モデル:「Jaybird X3 Wireless」を紹介します。

Bluetooth無線イヤホンのペアリング(接続)

まずは接続したいBluetoothイヤホンをペアリングモードにします。 あなたがお持ちのBluetooth機器/受信機に付属している説明書をご覧ください。 電源ボタンなどを長押しするものが多いようです。
BlueBuds Xの場合は、リモコンの中央ボタンを長押しします。 するとイヤホンから"Serching for your music device"と聞こえてきます。 (もともと電源が入っていたときは、一度リモコンの中央ボタンを長押しして電源オフ("Powr off"と聞こえてきます)したあと、再度長押しして電源を入れた後("Powr on"と聞こえてきます)、さらに再度長押しします。)
iPhone Bluetooth つづいて、iPod/iPad/iPhoneで、ペアリングモード中の機器/受信機を検索します。 設定(設定)-[Bluetooth]を選び、 [Bluetooth]をタッチパネル:ON(オン)にします。
すると図のように、近所にある受信機の名前が表示されます。 過去に接続したことのあるデバイスの一覧も表示されます。 ここで、新たに接続したい機器名(ここでは"BlueBuds X")を選択します。
AppleTV AppleTV(第四世代)の場合は、[設定]-[リモコンとデバイス]-[Bluetooth]を選びます。 すると図のように、近所にある受信機の名前が表示されます。 過去に接続したことのあるデバイスの一覧も表示されます。 ここで、新たに接続したい機器名(ここでは"BlueBuds X")を選択します。
もしうまく接続できないときは、いちどiPod/iPad/iPhoneで、一旦このBluetooth機器の情報を削除し、再度ペアリングをやり直します。 情報削除については下の「Bluetooth機器の情報削除」をご覧ください。
iPhone Bluetooth すると図の様な画面になり、接続されます。
機器によっては、機器側でコード(パスワード)の入力が必要となったり、逆にiPod/iPad/iPhone側でコード(パスワード)の入力が必要になる場合があります。 この場合は、機器の使用説明書に沿ってコード(パスワード)を入力してください。
これでペアリングは完了です。
Bluetoothの通信が確立している間は、画面の右上に bluetoothアイコン が表示されています。
iPhone Bluetooth それではBluetoothイヤホンで音楽を聴いてみましょう。 普通にミュージック(ミュージック)アプリで音楽を再生してみて下さい。 Bluetoothイヤホンから音楽が聞こえて来ましたね。 音楽の再生、停止、早送り、巻き戻し、ボリュームコントロールはBluetooth機器/受信機でもiPod/iPad/iPhone本体どちらからも可能です。
Bluetooth機器によっては、図のように、Bluetoothアイコンの右に、そのBluetooth機器のバッテリ残量も表示されます。

今後このBluetooth機器を使用するときは、iPod/iPad/iPhone本体のBluetoothを「オン」にし、Bluetooth機器の電源を入れるだけでOKです。 Bluetooth機器が約10m以内にあれば、自動接続します。
BlueBuds Xの場合は、リモコンの中央ボタンを長押しすると電源OFF/ONできます。 使わないときは電源OFFにして、バッテリを確保しましょう。
iPhone Bluetooth なお、バッテリ消費が気になるときは、まめにiPhone側のBluetoothもオフにしましょう。 iOS7からは、画面を下から上へスワイプすると表示される「コントロールセンター」でBluetoothのオン/オフが簡単に操作できます。
もちろん 設定(設定)-[Bluetooth]画面でも [Bluetooth]をタッチパネル:OFF(オフ)にできます。
別のデバイスでの使用
iPhone Bluetooth このBluetooth機器を別のデバイスで使用したいときは、そのデバイスで新たにペアリングすればOKです。 すでにペアリング済みのときは、図のように「未接続」となっているデバイス名をタップすればOKです。
ただし、もし使用したいBluetooth機器が、複数のデバイスからの接続に対応していない場合は、事前にもとのデバイスで「接続解除」(下記)します。
Bluetooth機器の情報削除
iPhone Bluetooth 特定のBluetooth機器に自動接続しないようにするには、iPod/iPad/iPhone本体に記録された、このBluetooth機器の情報を削除ます。
設定(設定)-[Bluetooth]画面を開き、 削除したいBluetooth機器名の右端にある information をタップします。 すると、図のような画面になります。
接続解除」は一時的な接続解除です(iOS9以降)。デバイスにペアリング情報を残したまま接続を解除します。 このBluetooth機器を一時的に別のデバイスで使いたいときに選びます。
このデバイスの登録を解除」は永久的な接続解除です。デバイスのペアリング情報も削除してしまいます。 今後このBluetooth機器を使用する予定がないときに選びます。 「このデバイスの登録を解除」した後、再度接続したいときはペアリングをやり直します。

複数デバイスでの共用

多くのBluetooth機器は、1台で、あなたの持っている複数のiPod/iPad/iPhoneなどに接続できる「マルチペアリング」に対応しています。 最初に1回、全てのデバイスでペアリングを行っておけば、あとは各デバイスの 設定(設定)-[Bluetooth]画面から、 その機器名を選択するだけで使用できるようになります。
ただし、2台目以降のデバイスとのペアリング時に失敗してしまうことがあります。 こんな時は、直前に接続していたデバイスのBluetoothを タッチパネル:OFF(オフ) にして完全に切断したうえで、新たなデバイスとペアリングすると良いようです。

音声が途切れる!?

Bluetoothは、その通信に、Wi-Fi無線LANや電子レンジに使用されている周波数帯を使用します。 Bluetooth機器の近くに、Wi-Fiアクセスポイントが多数存在したり、電子レンジが動作していると、電波の混信が起きて音声が途切れる場合があります。 コンビニの前を通ると音が途切れることが多いようです・・・

通話時にBluetoothを使いたくない

マイク付きのBluetoothヘッドフォンを使えば、これで音楽を聴くだけでなく通話もできます。 通話時にBluetoothを使いたくないときは、次のいずれかの操作をします。
  • 着信時:iPhoneの画面をタップして呼び出しに応答します
  • 発信時:呼び出し中の画面で「オーディオ」をタップして、メニューから「iPhone」または「スピーカー」を選びます
  • Bluetoothヘッドフォンをオフ/ペアリング解消/距離を離すか、iPhoneのBluetoothをオフにします