• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

コスモアイル羽咋

  • 所在地:石川県羽咋市鶴多町免田25
  • 営業時間:08:30-17:00(入場は16:30)
  • 休業日:毎週火曜日(7月20日~8月31日は無休。祝日は、その翌平日が振替休館)
  • 入場料:大人400円、小人200円(宇宙科学展示室)、コスモシアター(プラネタリウム)は追加料金必要
  • ホームページ http://www.hakui.ne.jp/ufo/
コスモアイル羽咋の場所を確認する(GoogleMap)
コスモアイル羽咋とマーキュリーレッドストーンロケット
能登半島の付け根、和倉温泉からほど近い羽咋の街のはずれにある、図書館と公共ホールが併設された博物館です。
マーキュリーカプセルのモックアップ
宇宙人のマスコットキャラを置いて、一見軽い感じですが、展示物は主にマーキュリーからアポロまでの有人・無人宇宙探査の歴史をメインとした、本格的な展示が楽しめます。 展示は2階フロア全部のみ、またプラネタリウムも併設されています。 展示物だけならじっくり見ても1~2時間程度で楽しめます。
月着陸船のモックアップ
訪れたときにちょうど大雨だったのですが、屋内型の観光施設なので悪天候でも楽しめました。
入口を入ったところにあるのがマーキュリーカプセルのモックアップ。
アポロコマンドモジュールのモックアップ
「本物と同じ素材を使用し、オリジナルを忠実に再現」とのこと。コックピットまで作りこまれており、非常にリアルです。
展示室の中央でひときわ大きく輝いているのが、LM:月着陸船のモックアップです。 周りには宇宙飛行士や計測機器も配置されており、こちらも非常にリアル。
ソユーズカプセル

その先にはCM:司令船のモックアップもあります。 「銀色のシールは本物」とありますが、表面に張られたヒートシールドのことでしょう。 こちらもコックピット内部まで作りこまれており、ハッチの内側もリアルです。
LRV:月面車のモックアップ

アポロ以外では、ソユーズカプセルの本物をはじめ、火星探査機バイキングや、木星・土星・天王星・海王星を探査したボイジャー探査機のモックアップ、旧ソビエトのルナ24号月面探査機のバックアップ機なども観ることができます。
そのほか、アポロ計画の宇宙服や各種装備品など、小物の展示も多数あります。 また、NASAのルナ/マーズローバー(月面車・火星面車)の実験機なんていう珍しいものもあります。
売店とチケット売り場
1階の建物入口にはチケット売り場・売店と、LRV:月面車のモックアップがあります。月面車はシートにビニールカバーが敷いてあり、座って記念写真の撮影も可能です。 売店は小ぢんまりとしており、あまり珍しいものはありませんが、NASAロゴグッズなども置いてあり、Tシャツにスペースペン、宇宙食と、定番のものはそろっています。
展示物はいずれもリアルな出来で、史実に関する詳細な解説もついているのですが、宇宙機マニアとしては、展示物そのものの出自や解説がないのが残念です。 これほどリアルなモックアップの数々が、どのような経緯で作られ、どこから来たものかはほとんど不明です。 すべて、この博物館のために作られたものなのでしょうか・・・