J2エンジン

  • 直径 : 6ft 8.5in (2.04m)
  • 高さ : 11ft 1in (3.38m)
  • 推力(飛行中) : 230,000lb (104.33ton)
  • 運用時間 : 500秒
  • 製造:ノースアメリカン ロケットダイン(North American Rockwell Corp., Rocketdyne Div. Canoga Park, Calif.)

このJ2エンジンは、液体水素と液体酸素を燃料とするロケットエンジンで、 サターンVの第二段ステージ(S-II)に5基、第三段ステージ(S-IVB)に1基が使用されている。 第二段ステージ(S-II)では、中央の1台は固定されているが、その他の4台はジンバルに搭載されて、ロケットの姿勢制御を行う。 第三段ステージ(S-IVB)のエンジンもジンバルに搭載されている。 ジンバルはコンパクトで頑丈なユニバーサルジョイントで、テフロンとファイバーグラスで作られたソケットタイプのベアリングである。 これにより、エンジンの方向を変えることができる。
このエンジン1台の推力(104.33ton)で、国産の大型ロケットH-IIAのメインエンジンLE-7A(112ton)に迫る出力である。 なお、軌道に達したアポロ宇宙船を月に向かわせるため、J2エンジンは飛行中に再点火が可能である。
また、現在NASAで開発中の次世代ブースター:Space Launch Systemでは、これを改良したJ2Xエンジンが使用される予定である。

ケネディスペースセンターの展示
ロンドン科学博物館の展示
U.S.スペース&ロケットセンターの展示

Drawings


関連書籍・ビデオ

  • Rocketdyne: Powering Humans into Space

    AIAA Education November 30, 2005 4,375円

    No one had written an overall history of Rocketdyne - the professional historians said there was not enough preserved documentation for them to write a proper history book - so I determined to visit key survivors of the glory days of Rocketdyne to record their memories, add my own insight as a member of the team, and preserve the history of how large liquid propellant rocket engines evolved at Rocketdyne and why the team was so successful.

    Amazon.co.jpで買う

  • Stages to Saturn: A Technological History of the Apollo/Saturn Launch Vehicles

    University Press of Florida September 19, 2003 3,914円

    A classic study of the moon rocket that launched the Apollo astronauts on their voyages of discovery."?Roger Launius, chief historian, National Air and Space Museum"This volume is just one of the many excellent histories produced by government and contract historians for the NASA History Office. . . . Roger Bilstein gracefully wends his way through a maze of technical documentation to reveal the important themes of this story. Rarely has such a nuts-and-bolts tale been so gracefully told.

    Amazon.co.jpで買う