アポロのメカニズム

アポロ計画では数多くの特別なメカが開発されました。 ここではアポロのメカニズムを追跡します。

アポロ宇宙船

アポロ宇宙船とは、LES,CM,SM,LM,SLAの5つの部分からなっているシステムの総称です。 そしてこれを月への軌道に乗せるのが、サターン5型ブースターです。

サターンVブースター

世界最大のロケットであるサターンV(ファイブ)ブースターは、正式には1962年1月25日にNASA マーシャル宇宙飛行センターで開発が始まりました。 そして15機の量産を含む開発すべてにかかった費用は70億ドルを超えます。

サターンIBブースター

アポロプロジェクトで月軌道ランデブー方式が採用されたとき、 地球軌道上でアポロ宇宙船と月着陸船をテストするために、サターン1より低コストで高性能なブースターとして1962年に構想されました。 これは既存のサターン1第一段に、当時開発中のサターンVのS-IVBとIUを載せたものとなりました。 既存のシステムを組み合わせることにより、たったの39ヶ月で完成させることができました。

月面車(LRV)

宇宙飛行士たった2人で探検するには、月はあまりにも大きな新大陸です。 少しでも行動の幅を広くするため、フォン・ブラウン博士はアポロ計画の初期段階から 月に自動車を運ぶことを構想していました。

クローラー・トランスポーター

アポロ/サターンロケットを発射台ごと発射地点まで運ぶ、巨大なクローラーです。 建設当時は世界最大のキャタピラ式車両でした。

アポロの宇宙服

アポロ計画においては、宇宙服の開発も重要な課題でした。 せっかく月まで行っても、窓から写真を撮ってくるだけではソビエトには勝てません。 宇宙服はアポロ計画における、もう一つの宇宙船でした。

月に行った腕時計


OMEGA SPEEDMASTER MODEL 3570.50

高速ドローン


BeBop Drone 2

Bose SoundSport wireless headphones