クローラー・トランスポーター
Crawler Transporter(CT)

Crawler Transporter(CT)
  • 全長:40メートル(131 ft)
  • 全幅:35メートル(114 ft)
  • 全高:6~8メートル(20~26ft)可変
  • 重量:2,721トン(約550万ポンド)
  • 最高速度:積載時1.6km/h(1.0mph) / 空車時3.2km/h(2.0mph)
  • 燃費:568リットル(150ガロン)/マイル(リッターあたり2.8メートル)
  • 製造:Marion Power Shovel Co. of Ohio.
  • 価格:1台約1400万USドル
  • 納車:1964年11月1日

概要


サターンロケットの組み立ては、本体を雨や嵐、そしてケネディスペースセンターに吹く潮風から守るため、VAB(Vehicle Assembly Building:組み立てビル)で行い、その後発射台に運ぶ方式がとられた。 このロケットの運搬方式には、車両を使うほかに、運河を造ってバージで行う方法、レールを引いて台車で運ぶ方法などが検討された。 当初は発射台と一体化したクローラーが検討されたが、打ち上げ後のダメージと修理に掛かる時間を考えて、移動式発射台とクローラーは完全に分離できるように作られた。
1962年に基本デザインが決定し、1964年11月1日に1台目がメリット島に到着。 最終的に2台のクローラートランスポーター(略称CT)がNASAに引き渡された。 1台はHans(ハンス)、もう1台はFranz(フランツ)と名付けられている。 それは3階建てのビルに等しい高さと、8車線の高速道路に等しい幅がある。 屋根は平らで、その面積は野球場の内野ほどの広さがある。 アポロ計画終了後、SIDE3に付いている階段の形状をはじめ若干の改修が加えられ、現在はスペースシャトルの輸送に使用されている。 クローラーは40年たった現在もその基本設計を変えずに使用され続けている。
建設当時は世界最大のキャタピラ式車両であった。 (現在はBagger 288 German excavatorに抜かれた。)

運用


サターンVの組み立て前に、まずクローラーはMobile Launcher(移動式発射台)を背負いVAB(Vehicle Assembly Building:組み立てビル)に運び込む。 VABでサターンVロケットの組み立てが完了すると、サターンVロケットと移動式発射台載せてLC-39発射台に運ぶ。 移動式発射台は、クローラーのレーザーガイダンスシステムで、正確にLC-39のスタンドに設置される。 次にクローラーはMobile Service Structure(移動式整備塔)を運んでまたLC-39に戻る。 打ち上げ直前に移動式整備塔をパーキングエリアに待避させ、打ち上げ後には移動式発射台をVAB脇の製備地区に運ぶ。
クローラーがVABからLC-39まで移動するのには、11人のクルーによる操縦で約5~8時間かかる。 VABからPad Aまでの距離は約3.5マイル、Pad Bまでは約4マイルある。
車体はジャッキによってプラスマイナス10分傾斜させることが出来、5%の発射台の坂を登るときに、搭載したロケットを水平に保つことが出来る。

構造


前後にはコントロールキャブ(運転席)があり、そこでクローラーの全てのシステムをコントロールすることが出来る。 胴体は2つのキャタピラを持った4台の台車の上に載っている。 各台車は全高3メートル(10 ft)全長12メートル(41 ft)。 各キャタピラは57枚のトレッド・シューが連なっており、このトレッド・シュー1枚は907kgの重量がある。 2台の2,750hpの16シリンダ・ディーゼルエンジンにより、4台の1,000kwの発電機が駆動され、その電力で16台の375馬力の直流トラクション・モーターを駆動している。
姿勢制御(ジャッキ)とステアリング、空調、照明などの交流電源には、2台の1,065 hpのディーゼルエンジンにより、2台の750 kwの発電器が駆動されている。 このパワーを利用して、ステアリングには4台の油圧ポンプが、姿勢制御ジャッキ(JEL:Jacking, Equalizing, Leveling)には8台の油圧ポンプが使用される。
これとは別にMobile Launcher(移動式発射台:スペースシャトルではMobile Launch Platforms(MLP)に改修された)のために2台の150 kwの発電器を搭載している。 なお、燃料タンクの容量は5,000ガロンある。

価格


当初Marion Power Shovel Co.がNASAに提示した入札価格は約800万ドルであったが、 2年後に完成したときの費用総額は約1400万ドルに上昇していた。 その価格と重要性から、クローラーは"Them Golden Slippers."(金のスリッパ)とあだ名された。

Drawings


from Save The LUT Campaign web site.

関連リンク


NASAのサイト
Launch Complex 39 Facilitiesの説明
NASA FACT SHEETS:各種トランスポーターの説明ページ
NASA FACT SHEETS:打ち上げ施設の説明ページ
NASA FACT SHEETS:クローラー・トランスポーターの説明ページ
NASA HQのMoonport: A History of Apollo Launch Facilities and Operations(NASA Special Publication-4204)より
Apollo Saturn Reference Pageより
クローラー・トランスポーターの図面と写真
その他
クローラー・トランスポーターの1/96ペーパークラフト

関連書籍・ビデオ

  • 1961 to the 21st Century: Launch Complex 39 Then and Now - KSC Apollo and Shuttle Facilities

    Progressive Management February 15, 2001 USD28.59

    Since Apollo planners first began designing Florida's Launch Complex 39 at the dawn of the space race, this facility has been central to the historic feats of our age. In this World Spaceflight News Special Report, we provide technical details of the Apollo/Saturn V and Shuttle facilities, drawn from rare NASA documents - giving readers the best description available anywhere! A KSC document, "Apollo/Saturn V Facility Description, Launch Complex 39," describes the fantastic parts of America's Moonport: the Vehicle Assembly Building (VAB), Launch Control Center (LCC), Launch Umbilical Tower (LUT),

    Amazon.co.jpで買う


月に行った腕時計


OMEGA SPEEDMASTER MODEL 3570.50

高速ドローン


BeBop Drone 2

Bose SoundSport wireless headphones