製造番号と展示場所

アポロ宇宙船の一部は地球上に保管され、現在でも見学することができます。 アポロ宇宙船とサターンブースターの製造番号と、その行方あるいは現在の展示場所をまとめてみました。
表中、月への衝突時間は、地上で信号を受信した時間です。月面上の実時間から約1.3秒の遅れがあります。

サターンVブースターの展示場所

現在サターンVブースターを展示しているのは下記の5カ所。いずれもアメリカ合衆国内です。 アポロ 18, 19, 20号用に生産された未使用の物と、試作・テスト用の機体を組み合わせて展示しています。
展示場所 第一段 第二段 第三段
ケネディ・スペースセンター S-IC-T (試作機) S-II-14 (Apollo 19) S-IVB-514 (Apollo 19)
ジョンソン・スペースセンター S-IC-14 (Apollo 19) S-II-15 (Apollo 20) S-IVB-513 (Apollo 18)
U.S.スペース&ロケットセンター S-IC-D (試作機) S-II-F/D (SA-500F) S-IVB-D (試作機)
スミソニアン航空宇宙博物館 なし なし S-IVB-515 (Apollo 20)
インフィニティ・サイエンスセンター S-IC-15 (Apollo 20) なし なし

CSM : 司令船・支援船

アポロ11号(CM-107)の展示場所


アポロ11号の司令船CM-107は、 2019年のアポロ11号月着陸50周年に向け、2016年12月から2017年10月まで スミソニアン航空宇宙博物館(NASM)の別館:Steven F. Udvar-Hazy Centerにある修復施設: Mary Baker Engen Restoration Hangar で6か月間の改修を受けます。 改修中も、この修復施設の大きな窓を通して、一般客も見学できます。 つづいて"Destination Moon"というイベント名で、下記のアメリカ国内の博物館を巡る2年間の展示ツアーに出発します。
DateExhibition facilities
2017年秋(10月14日予定) - 2018年3月18日Space Center Houston (Texas)
2018年4月14日 - 2018年9月3日Saint Louis Science Center (Missouri)
2018年9月29日 - 2019年2月18日Senator John Heinz History Center (Pennsylvania)
2019年3月16日 - 2019年9月2日スミソニアン航空宇宙博物館(NASM)
この後は同じくスミソニアンの新たな展示スペース"Apollo"(2017年5月20日オープン予定)にCM-007Aと交代して展示され、 最終的には2020年にスミソニアンに完成する常設展示"Destination Moon"に展示されます。

LM : 月着陸船

IU : 飛行制御機器

S-IVB : 第3段ブースター

S-II : 第2段ブースター

S-IC : 第1段ブースター