• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

THE ONE : 世界一軽い電動アシスト折り畳み自転車(e-Bike)

THE ONEとは、重量12.5kgで最高航続距離60kmに達する、ミニベロ(小怪自転車)タイプのおしゃれな電動アシスト折り畳み自転車:e-Bikeです。

最新情報

2019年12月05日: 日本向けは引き続き生産中。日本向けのコントローラーとディスプレイの入荷待ち。 組み立てを完了して出荷できるのは12月25日頃となりそう。
2019年11月15日: US向けのコンテナは11/20にロスに到着予定。その後現地物流センターにて配送が行われ、個々の追跡番号が通知される。 EU向けは3w前にコンテナの準備を終えているが、危険物輸送に関する許可の入手待ち。さらに数日かかる見込み。 日本向けは現在生産中。11月末までに生産完了予定。40フィートのコンテナを使い、Indiegogoのすべての予約分と、Campfireの一部を発送する予定。 コンテナが上海港を出た後、配送に関する詳細が報告される見込み。
2019年11月03日: 危険物輸送に関する許可が入手できた。10/26にようやくUS向けの最初のコンテナに積み込みを行い、10/28に上海からロスアンゼルスに向かって出港した。 今後の出荷日程の詳細などについては来週アップデートされる見込み。
2019年10月15日: 9月に発送したUS/EU向けのコンテナは、輸出許可に不備があり、まだ港を出発していない。 リチウムイオン電池の危険物輸送に関する中国政府からの許可待ち。入手には数日かかる見込み。 10月24日にUS/EU向けのコンテナが出荷できる見込み。
2019年9月30日: 支援者への最終メールで突然U3モデルがU2モデルにダウングレードされることが通知され混乱している。 U3モデルのパーツが入手不可のため、U3モデル希望者にはUSD100の返金とU2へのダウングレードを行うとのこと。 またU2モデルもシマノのブレーキは搭載されない。代わりに別メーカー“Lanxie Jieke Sports”の油圧ブレーキとなる様子。
2019年9月20日: 出荷スケジュール発表。US、カナダは発送済み。EUは9/27、スイスは9/30、日本には10/13および10/27の2便に分けて発送される見込み。 大容量のリチウムイオンバッテリーが飛行機で運べないので船便を使用するため、到着はこの約4~6週間後か?
2019年9月7日: USおよびスイスの支援者に対する最終案内の送信を完了した。 続いてその他のEU支援者に対する最終案内を送信開始した。 その他の国の支援者に対しては、関税額などを含む最終コストを入手。 EU支援者のあとに続いて最終案内を送信開始予定。 なお9月から、生産能力を2倍(1ロット320台)に増強して量産中。
2019年9月1日: USの支援者に対して関税額を含む最終案内の送信を開始した。 今後追加の関税額の支払いが済んだ支援者から順に製品を発送予定。 次週はEUの支援者に対して最終案内の送信を開始予定。 その他の国の支援者に対しては、来週以降になりそう。
2019年8月7日: 発送手順について輸送会社と調整が継続中。新しい出荷予定は、 最初の200台は8月15日に発送予定。 つづいて8月30日に500台、9月15日にさらに500台、9月30日に残りの300台を発送予定。
2019年7月10日: 最初の200台の組み立てがほぼ完了し、これらは7月26日に発送予定。 これから輸送会社、品質管理会社と打ち合わせを行う予定。 つづいて8月12日に500台、8月30日にさらに500台、9月15日に残りの300台を発送予定。

概要・特徴

THE ONE
THE ONEは 2019年4月26日に クラウドファンディングサイト:indiegogoに登場した超軽量の電動アシスト折り畳み自転車です。 ファンディングスタートから20分後には目標金額を達成した人気プロジェクトです。
スイス、チューリッヒのUnited City Bikes社が企画した、最近はやりの街乗り用e-Bike。 マグネシウム合金製で重量はたったの12.5kg、折りたたんだ時の厚さはたった25cm。 シートポストに内蔵した36V-8Ahのバッテリーで、航続距離60kmを達成します。
製品バラエティは、バッテリ容量とブレーキシステムの違いで、U1~U3の3モデルあります。 また、ボディカラーは“DARK GRAY”、“CLASSIC GRAY”、“IVORY”の3種類あります。 いずれのモデルにも、各国の規制に適合した“US(北米)モデル”、“EU(ヨーロッパ)モデル”、“JP(日本)モデル”の設定があります。
なお、電動アシストモードをOFFにして、普通の自転車として乗ることも可能です。   FaceBookでTHE ONEをシェア(indiegogo)   TwitterでTHE ONEをシェア(indiegogo) THE ONEの紹介(indiegogo) United City Bikes オフィシャルサイト

価格・リリース日・発売日

クラウドファンディングのバッカー(支援者)に対しては、支援の特典として2019年8月以降にリリース予定。 最も安いU1モデルの場合、 当初は1台約8万122円で提供されていましたが、現在の提供価格は1台約8万9千25円(50%OFF)です。 また最も高いU3モデルでも1台約11万1千309円。2台セットの支援も可能です。 これに送料(全世界一律$99)と関税がかかる見込みです。 クラウドファンディングは開始から1か月間、5月末に受付クローズの予定です。
また5月7日にはオプション品として トラベル/キャリングバック(8,737円/43%OFF) が発表されました。
本プロジェクトは「Prototype Stage」ですが、支援者にリリースされる製品と、一般発売される製品は同一となります。 クラウドファンディング開始時点で最終製品版が完成しています。
また、現在一般発売の時期は明確になっていません。2019年夏にはWebショップがオープンする予定です。 一般販売価格は現在の2倍、約17万円~22万円となる見込みです。

重量と防水性

特許取得のマグネシウム合金のフレームを採用し、いずれのモデルも重量は12.5kgしかありません。 フレームには特殊なコーティングが施されており、また電気配線を外に出さない構造で、完璧な防水仕様となっています。 ただ、この特殊なコーティングのため、ボディカラーは3色に制限されています。
THE ONE - World´s lightest electric folding bike!

YouTubeの大画面で見る

約10秒で折り畳み

一般的な折り畳み構造により、約10秒で折り畳み-展開状態を切り替えられます。 折り畳み時のサイズは高さ64cm、長さ76.5cm、そしてシングルサイドフォークと磁石による吸着システムの採用により、2つのタイヤが密着し、幅は25cmになります。
THE ONE - Foldable in 10 seconds

YouTubeの大画面で見る

バッテリーと充電

バッテリーは最近のスタイリッシュなe-Bikeに見られる様に、シートポストの中に格納されています。 このためバッテリーがデザインを損なうことはありません。 充電時はサドルと一体化したシートポストを本体から取り外して、それを充電器に接続します。 サドルとバッテリーは取り外すことはできません。 バッテリーの供給元はSamsungまたはPanasonic。 容量は、飛行機の機内持ち込みも可能な4.4Ah(航続距離30km)モデルから、最大8Ah(航続距離60km)の4タイプが準備され、あとからオプションパーツとして追加購入も可能です。 モバイルバッテリーの機内持ち込み制限
Removable Battery - Charge it anywhere

YouTubeの大画面で見る

修理・メンテナンス

使用されているパーツのほとんどは一般的なものであるため、ローカルの自転車屋さんで修理・メンテナンスが可能です。 また、バッテリー、モーターなどの電装品はUnited City Bikes社のWebショップ(2019年夏オープン予定)から購入可能となる見込みです。
Worlds Lightest 16" Electric Folding Bike - THE ONE - Testimonial

YouTubeの大画面で見る

仕様

仕様は今後変更される可能性があります。
THE ONE Specification
モデル U1 U2 U3
最高速度25km(JP,EU) / 32km(US)
3レベルペダルアシスト
素材マグネシウム合金 (フレーム&ホイール)
変速機なし、ギア比1:4
ブレーキディスクブレーキシマノ・ディスクブレーキシマノ・油圧ディスクブレーキ
バッテリー容量36V - 5.4Ah36V - 7Ah36V - 8Ah
航続距離40km52km60km
バッテリーリチウムイオン、メーカーはSamsung, Panasonicから供給される見込み。別売で機内持ち込み可能な4.4Ah(航続距離30km)モデルあり。
充電器入力: AC100 - 240 1.8A、 出力: DC2.1 36V8A、充電時間は3.5~4時間
モーター250w ブラシレスモーター、最大出力35Nm、重量2kg
重量12.5kg
最大積載重量100kg
ライトLEDヘッドライト&テールライト
タイヤ16インチ x 1.75H—460BK、市販の16インチ用タイヤに交換可能
ケイデンス25km/hにおいて約72-75rpm
ボディカラーDARK GRAY、CLASSIC GRAY、IVORY
仕向け地US(北米)モデル、EU(ヨーロッパ)モデル、JP(日本)モデル
保証モーター:2年間、バッテリー:1年半、その他パーツには保証期間無し
推奨身長150cm~190cm

Jaunty Bikes、Song Of Youthとの関連について

主に中国のネットショップに見られる、THE ONEと同じデザインのeBike:Jaunty Bikes、Song Of Youthとの関連について、 United City Bikesは2019年10月19日に、下記のように説明するポストを投稿しました。
Here is a statement about “Jaunty Bikes” and “Song Of Youth”: ‘Jaunty’ a young Chinese start-up, is our manufacturer. Dirk has been working as a marketing expert in the bicycle industry for more than 20 years and got to know the young Chinese start-up 2 years ago. At that time there were the first developments of the predecessor of THE ONE. The cooperation started with a few prototypes that were not ready for series production and the international market at the time….. We have put together a team of engineers from our network who helped to produce THE ONE (Song of Youth) according to international standards. This crowdfunding campaign was launched in order to ensure comprehensive serial production and to finance the project. Since none of the participants could know whether this crowdfunding campaign would work, an agreement was reached with the manufacturer that he would only be allowed to market this product in Asia under his own brand “Song of Youth”….. This was a wrong decision, as we now know. We very much regret that there has been unnecessary unrest and speculation and assure you that THE ONE is a unique and unprecedented bike concept that deserves to be marketed worldwide to make this wonderful product available to everyone on the planet.
THE ONE has been improved for serial production and has all the certifications and technical specifications required for all markets outside Asia. The Song of Youth also does not have certification for Japan, Singapore etc. THE ONE has also installed a newer generation of the engine. The frame and the design are identical. THE ONE also comes with an international warranty.