サムイ島クリスタルビーチ(シルバービーチ)のサンゴ礁

  • 2017年08月11日(金)~2017年08月16日(水)
  • 使用エアライン:タイ国際航空(行き:TG661 HND-BKK B747-400、TG281 BKK-USM B737-400 /帰り:TG288 USM-BKK B737-400、TG682 BKK-HND B747-400)
  • ホテル:Crystal Bay Beach Resort

サムイ島で最も美しいクリスタルビーチへ


サムイ島にはビーチはたくさんありますが、スノーケラーの私たちは、サンゴ礁が発達していてサムイ島で最も美しいと言われるクリスタルビーチ(またはシルバービーチ、Haad Thong Takian)を選択。 ずっとここに滞在して楽しむことにしました。 ビーチの夜明けをドローンで空撮してきましたので、まずは動画で美しさを堪能してください。

サムイ島クリスタルビーチ ドローン空撮

YouTubeの大画面で見る

往復羽田夜便で効率的に時間を活用


クリスタルベイ ビーチ。正面奥の白い建物がクリスタルベイ ビーチリゾートホテル
今回は往復ともタイ国際航空の夜便を利用。夜出発で翌朝に着くので効率的に時間を活用できました。 バンコクでの乗り継ぎは行きが2時間、帰りが4時間となります。 行きはともかく帰りの4時間は長いと思っていましたが、いざ行ってみるとバンコクの国際線コンコースにはとても多くのショップであふれており、軽食をとる時間も含めると、4時間でも足りないくらいでした。
タイ国際航空はバンコク乗り継ぎでも荷物の途中ピックアップは不要。終点まで運んでくれます。 行きはバンコクで入国審査時に、服の上からC.I.Q(税関、出入国管理、検疫)済みを示すシールを貼り付けられます。サムイ空港で荷物を受け取るまで、このシールははがさないようにします。 帰りはサムイ空港で出国審査を行い、同様にシールを貼ってもらいます。バンコク空港で国際線乗り継ぎゲートを通過するまで、はがさないようにします。

サムイ空港からクリスタルビーチへ


クリスタルビーチには、リーズナブルな Crystal Bay Beach Resort ホテル(3つ星)と、その系列でちょっと高級(コテージ中心)な Crystal Bay Yacht Club ホテル(3つ星)、 Silver Beach Resort & Restaurant ホテル(2つ星)の3件のホテルがあります。 いずれもビーチに直接つながっており、オーシャンビューの部屋を確保すれば朝から夜までクリスタルビーチを堪能できます。 抜群のロケーションである代わりに、いずれのホテルも古くからある老舗のため設備はやや古く、3つ星以下となっています。 しかしそのおかげで、サンゴ礁の海をリーズナブルにどっぷりと楽しむことができます。 私たちは今回、この中から Crystal Bay Beach Resort を選びました。というか、予約が遅かった(5月下旬)ため、ここしか確保できませんでした。
クリスタルベイ ビーチ

空港からビーチへは乗り合いのミニバンで40分弱、一人170バーツです。 チケットは空港出口のカウンターで。ホテル名を告げると、行先方面別に色の異なるチケットがもらえます。 同じ色のチケットを持つ乗客が5人以上そろうと出発。私たちの場合は約15分くらい待つと出発できました。 他の交通手段としてプライベートリムジンやタクシーもありますが、ほとんどの乗客がミニバンを利用しています。
空港からホテルに着いたのは10:00。ホテルのチェックインは14:00のため、初日は荷物を預けてチャウエン・ビーチでショッピングを楽しみました。 滞在中に飲むビール6本セットと飲料水、そして定番お土産の香り付きの石鹸やドライマンゴーなどを買って、あとは夕食までホテルで昼寝です。

ホテル:クリスタルベイ ビーチリゾート


クリスタルベイ ビーチリゾートホテルのレストランとプール。奥にある階段を降りるともうビーチです。
ビーチの最も西側に建つホテルで、道路とビーチの間に張り付くように建っています。 土地が少ないためか道路に面してすぐ レセプション 。その奥がレストランと小さなプール、その向こうはもうビーチです。 リゾートホテルにありがちな立派な車寄せや広々としたロビー、庭園などはありません。お土産や日用品を扱うショップさえもありません。 なお、客室はビーチ側と道路側に1列ずつあり、道路側はすぐ横を車が走っているのであまり良い環境ではありません。 ここはぜひともビーチ側の「SEAVIEW(Beach Front)」な部屋を選択したいところです。
レストラン も小さく、ビュッフェ形式の朝食メニューの品ぞろえも多くはありませんが、毎日メニューが変わるので、そこそこ楽しめます。 タイ料理とクロワッサン、パンケーキまたはワッフル、そして果物とヨーグルトといったところです。 朝食は7:00頃から楽しめますが、宿泊客の朝は遅いのか、8:30以降になると徐々に混んできます。
クリスタルベイ ビーチリゾートホテルの朝食
また、1日中ランチ・ディナーメニューを提供しており、タイ料理以外にもいろいろ取りそろえています。 私たちは一度、夕食にランチメニューの中からバーガーとサンドウィッチを選びましたが、味はOK。なかなかおいしかったです。 ただ割高で、スタッフもあまり愛想がよくなかったりします。 また、夜にマンゴージュースを頼んだところ、氷が切れていたのか、冷たくないマンゴージュースでした・・・。
クリスタルベイ ビーチリゾートホテルの部屋 (Beach Front Deluxe Double Room)。ベッドの上にタオルでオブジェが作られています。
部屋の内装は清潔できれい。 シャワールーム にはシャンプーとボディソープのディスペンサーは供えられていますが、リンスはありません。 シャンプー・リンス・ボディソープはお気に入りのものを持参したほうが良いと思います。 ミネラルウォーターは毎日500ml程度のボトルが2本無料で補充されますが、洗面・歯磨きなどで使ってしまうので、別途飲料用をスーパーで買っておく必要があります。 またドライヤー、スリッパはなく、櫛、歯ブラシ、石鹸、かみそりなどのアメニティも一切ありません。 代わりにクーラーはガンガンに効きますし、テレビ・DVDプレイヤーもあります。 冷蔵庫も、ジュースがシャーベットになる勢いで強力に冷えます。
クリスタルベイ ビーチリゾートホテル。オーシャンフロントの部屋からの眺め。

また、蚊が気になる人は、蚊取り線香・ライター・アルミ皿を持参するとよいと思います。 蚊取り線香とライターは近くのコンビニでも買えますが、アルミ皿が無く、私たちは備え付けの小さな灰皿を苦労して使っていました。
インターネットは全室無線LAN(Wi-Fi)が使えます。 チェックイン時にIDとパスワードがもらえるので、それを使ってログインします。 しかしレストランの利用客にも開放しているようで、日中は混雑してWebページ閲覧もままならないほど遅くなることもあります。 日中もバリバリネットを使いたい人は、別途日本からポータブルWi-Fiなどをレンタルしていくとよいでしょう。 朝夕は十分な速度があるのですが・・・

ホテルから観光地への交通手段


ホテルにはレンタサイクルとしてマウンテンバイクが2台、無料で準備されていますが、整備状況は良くありません。 またサムイ島の道路は起伏が激しく、さらに車とバイクの往来が激しいため自転車は危険、利用は現実的ではありません。 レンタルバイクはホテル、および周辺にあるショップで借りられますが、道路の砂で転倒する事故が多発しているようです。
タクシーについては、他のリゾートからも観光客が訪れる人気のビーチのため、常に数台がホテル前の道路わきに待機しています。また、ソンテウも良く通っています。 ホテルからの交通手段はこれらを利用することになります。 ホテルから北のチャウエン・ビーチのショッピングセンター:CentralFestival Samuiまではタクシーで約20分、400バーツ。 逆に南の観光スポットHin Ta Hin Yaiまではタクシーで約15分、300バーツ。 ソンテウだと、2人でいずれもタクシーの半額程度となります。

Hin Ta Hin Yai & 巨大スーパーマーケット


観光スポットHin Ta Hin Yai
滞在3日目となる8/13には、観光スポットHin Ta Hin Yaiを訪れました。 タクシーで10:00頃に到着すると、ちょうどツアー客が集まる時間らしく、多くのミニバンやらサファリツアーのジープやらが集まっており、狭い道路が大渋滞でした。 また海岸までにはちょっとしたお土産物屋が集まっているのですが、そこも観光客であふれかえっていました。 ただ、そう長居する場所でもなく、団体ツアー客は早々に次の観光スポットに向かったのか、数十分もするとすっかり人がいなくなりました。
Hin Ta Hin Yaiそのものは単なる岩の集まりでしかないのですが、心地よい風が吹く中、ちょっと高いところからラマイ・ビーチが見渡せ、景観は良いところです。 帰りはお土産物屋街にある Leonardo Ice Cream ショップでジェラートを楽しみました。 購入前には各フレーバの味見ができ、小奇麗な店内で食べているとミネラルウォーターのボトルをサービスしてくれました。 このショップはサムイ島のあちこちで見ることができます。 帰りは表通りまで歩くとコンビニ前にタクシーが止まっていたので、200バーツでラマイの街にあるスーパーマーケット:Tesco Lotus Lamaiまで送ってもらいました。 とても巨大なスーパーで、食料品から日用品まで何でもそろいます。 バラまき用のお土産の購入にも便利。 各種専門店や、銀行・両替商もあるので、パスポート(のコピー)を持っていれば両替も可能です。 買い物のあとは、しばしラマイの街を散策した後、ソンテウでホテルまで戻りました。

近所のショップ・レストラン


交通手段が限られるサムイ島ですが、クリスタルビーチから徒歩で行けるショップ・レストランは以下の通りです。

ファミリーマート


ホテルから南へ徒歩4分。ビーチを横断し、Crystal Bay Yacht Clubのレストランのわきを抜けて行くと、やや遠回りになりますが、ほとんど危ない車道を歩かずにたどり着けます。 店の作りも品ぞろえも日本のそれと遜色ありません。 店内に入ると日本に戻ったのかと錯覚するほど。飲み物、お酒、お菓子にカップヌードル、そして日用品まで大概そろいます。 ただし、おにぎりなどの日本食はおいしくないとの噂です。
なお、コンビニやスーパーでは日清のカップヌードルのタイ料理フレーバーが買えます。なかなかおいしいのですが注意事項がひとつ。中に入っている小袋はスープではなく「辛味」です。最初から全部入れてしまうと大変なことになります。少しずついれて辛味を調整ましょう。

Romantic bamboo


レストランRomantic bambooの店内
ホテルから南へ徒歩3分。ファミリーマートのすぐそばにあります。イタリア人が経営する、イタリア料理&タイ料理のお店です。 お店の外見 は手作り感あふれるラフな感じですが 料理は見た目もきれいで 味は確か。スタッフも愛想がよく、価格も良心的でとてもおすすめです。 日曜日はお休みです。

Tarua Samui Seafood Bar & Restaurant


シーフードレストラン:Tarua Samui Seafood
ホテルから北へ登り坂を徒歩10分。 店先にはいけすがあり、新鮮なシーフードが楽しめます。 ただしいけすの魚を使ったお造り料理は、価格は重さ次第となっており、ちょっと冒険が必要です。 価格が決まったメインディッシュは各380バーツほど。 他にタイ料理も取りそろえがあり、こちらはリーズナブル(各230バーツ程度)に楽しめます。 お店は高台にあり、壁のないテーブルからは海が一望できます。 ディナーも良いですが、景観も楽しみたいならランチに行くのもおすすめです。私たちは14:30頃にランチに訪れましたが、この時間はとてもすいていました。

The Cliff Bar & Grill


レストラン:The Cliff 横の見晴らし台からの眺め
ホテルから北へ徒歩3分。高級レストランです。 今回「リーズナブルな旅」を標榜する私たちは利用しませんでしたが、レストランの横はちょっとした見晴らし台になっており、クリスタルビーチを一望することができます。 このほかにもCrystal Bay Yacht Clubホテルのレストランはおいしそう。また南に向かうと道路沿いにはローカルなお店が何件かあるようです。

クリスタルビーチ(シルバービーチ)を楽しむ


クリスタルベイ ビーチの浅瀬。美しい砂紋の上を、小さな白い魚が泳いでいるのを見ることができます。
白砂が広がる、いかにも南国のビーチが楽しめます。 ところどころ岩が顔を出しており、美しい景観を創り出しています。遠浅で入り江になっているためか、波はほとんどありません。
クリスタルビーチのサンゴ礁
浅瀬の透明度は1~2mといったところ。水遊びするには十分な透明度です。 沖のサンゴ礁まで出ると透明度は4~5m程度。スノーケリングにはやや不満足ですがまあまあ楽しめます。
ビーチのアクティビティはカヌーが数隻あるのみ。 また各ホテルではマッサージサービスを行っており、30分200バーツ程度から。どのホテルもとても繁盛していました。 しかしビーチには日陰が少なく、テントなどもないので、宿泊客でないと長時間滞在は難しいかも。 木陰で過ごしたいなら早めの場所取りが必要です。
クリスタルビーチのサンゴ礁への行き方

海は遠浅で、沖合に50m以上進んでもせいぜい腰までの深さしかありません。 白砂の海底は歩きやすく、小さな魚が泳いでいるのが見られます。 また、岩の周りには熱帯魚なども見ることができます。
ビーチ中央部の浅瀬にはサンゴ礁が広がっており、干潮時には広く水面に顔を出します。 しかしこのあたりのサンゴ礁は結構傷んでおり、また水温が高いせいか透明度も悪く、景観はいまいちです。 この辺りで遊ぶにはスノーケリングシューズAmazon.co.jpで買うがないと危険です。
クリスタルビーチのサンゴ礁
クリスタルビーチの目玉は沖合に広がるサンゴ礁。ここでスノーケリングをしなければ、このビーチを訪れる意味がありません。 スノーケリンググッズの貸し出しは無いので、自分で準備が必要です。 サンゴ礁はビーチの東側沖に広がっており、ビーチから数分で到着できます。 ただし中央部浅瀬のサンゴ礁を抜けていくのは大変なので、エントリはクリスタルベイ ビーチリゾート ホテル前の白砂のビーチから。 そのまままっすぐ水深が2~3m程度の深さになるまで沖にでて、続いて右に折れて、東の海岸に見える白い三角形の岩を目標に泳いでいくとサンゴ礁にたどり着きます。

スノーケリングの楽しみ方


スノーケリングに必要なもの。3点セットにスノーケリングシューズ、防水ポーチとスマートフォン用防水ケース。
スノーケリングに必要なものは、まずはマスク(水中メガネ)、スノーケル、フィン(足ひれ)のいわゆる「3点セットAmazon.co.jpで買う」。 マスク、スノーケルはスポーツショップでセット売りしている安いものも使えますが、初心者の人は、水面から顔を上げるだけで水が抜ける、弁が付いたものを使うのをお勧めします。 フィンは「AQA ショートトレッカーAmazon.co.jpで買う」など、旅行の持ち歩きにも便利な短いものを。 これに岩場で足を保護してくれるスノーケリングシューズAmazon.co.jpで買うを合わせるのがおすすめです。
クリスタルビーチのサンゴ礁
そしてホテルのカギを入れる防水ポーチ、スマートフォン用防水ケースと水に浮くストラップがあると便利。 あと、肌をサンゴ礁で傷つけないために、水着の上からサーフィン用の長袖ラッシュガードAmazon.co.jpで買うを着るのがおすすめ。 8月のクリスタルベイは水温が高いので、ラッシュガードを着るならウエットスーツは不要です。 また初心者の人は、サンゴ礁に手をついてけがをすることがあるので、スノーケリング用グローブAmazon.co.jpで買うもあったほうが良いかも。 また事前にスノーケリングのガイドブックAmazon.co.jpで買うなどを読んで、マスククリア、スノーケルクリア、耳抜きなどのテクニックを学んでおきましょう。

ビーチの朝焼けを楽しむ


クリスタルビーチの朝焼け
クリスタルビーチの朝焼け
ビーチフロントのホテル宿泊者の特権が、ビーチの朝焼け鑑賞です。 クリスタルビーチ(シルバービーチ)は北東に向いているため、ビーチの中央右寄りから朝日が昇ってきます。 8月の日の出時刻は06:10頃。06:00に目覚ましをセットすると、日の出前からの空の色の移り変わりを楽しめます。 私たちの滞在中は残念ながらすっきりと晴れる日はありませんでしたが、逆に空の雲が赤やオレンジに染まる幻想的な景色を見ることができました。

天の川と星空を楽しむ


クリスタルビーチから見るさそり座。iPhoneの「星撮りカメラくん」アプリで撮影。露光30秒。
南の島での夜の楽しみは、天の川と星空の観察です。 ビーチは明かりも少ないため、晴れるとくっきりと天の川を見ることができます。 8月であれば白鳥座を中心とした夏の大三角形、そしていて座、さそり座を中心とした、最も星の密度の濃い天の川である、銀河の中心方向を見ることができます。 iPhoneに星空観察アプリと星空撮影アプリを入れておけば、より楽しむことができます。

最終日はチャーターガイドで観光&空港へ


最終日の飛行機は17:15発。ホテルのチェックアウトから、かなりの時間が空くので、チャーターの観光ガイドを頼むことにしました。 サムイ島ではいくつかの会社がチャーターの観光ツアーを催行していますが、今回はスキューバブルーワールド社の サムイ島観光ツアー「プライベート 行きたい所にGo! 日本語ガイド」ツアーを頼みました。 5時間 2人3,200バーツでミニバンを貸し切り、ホテルからスタートして、好きな観光地を巡った後、空港に送り届けてくれます。 ホテルを10:00にスタートして15:00には空港着の予定で申し込み。行先は事前にメールで相談しておきますが、当日時間が余ったりすると柔軟に行先を追加・変更してくれます。 私たちは下記の観光ポイントを巡ってもらいました。

ヘビ寺(シラグー/シラング寺院):Wat Sila Ngu/Wat Ratcha Thammaram


ヘビ寺(シラグー/シラング寺院)内部
ホテルから車でほんの10分で到着。 階段の手すりなどにヘビがモチーフとして使われていますが、その最大の特徴は 全体がピンクの建物 と、全体に施された精緻な彫刻(?)/彫像(?)です。 事前に写真で見て知っていても、あらためてピンクの実物を見ると「おおっ!」と感激してしまいます。 おそらくタイの言い伝えなどをモチーフとしている彫像はとても迫力があり、じっと眺めてしまいます。 しかしあまり観光客には人気がないそうで、閑散としていました。おかげでその神秘的なたたずまいをゆっくりと堪能することができました。

マミー寺/ミイラ寺(クナーラーム/クラナム寺院):Wat Khunaram


マミー寺/ミイラ寺(クナーラーム/クラナム寺院)
ヘビ寺から車でほんの10分で到着。 住職であった高僧が、自ら望んで死後にミイラとなってまつられている寺院。 その話題性から観光客にも人気が高く、次々とツアーのミニバンが訪れます。 ただ、特に大きな寺院でもなく、見学はすぐに終わります。 ミイラのかけているサングラスは後になってあてがわれたものだとか。これがないと結構エグイ外見になっているらしい。

ナムアンの滝1:Na Muang Waterfalls


ナムアンの滝1
マミー寺から車でほんの6分で到着。 駐車場から、ちょっとしたジャングルの中を数分歩くと滝に到着します。 季節や天候によって水量が変わり、時にはほとんど枯れてしまうそうですが、私たちが訪れたときは十分な水量で、ダイナミックな姿を見せてくれました。 ただ滝の周りは狭く、あまり散策する場所もないので、見学はすぐに終わります。 ここでは象の背中に乗って散策するアトラクションもあるようです。 さらに山奥に入ると「ナムアンの滝2」があり、こちらではいろいろな動物とも触れ合えるようです。動物好きの観光客にはそちらが人気とのことでした。

スーパーマーケット:テスコ・ロータス:Tesco Lotus Samui


あまりにもサクサクと観光が進んでしまったので時間が余り、スーパーマーケットで時間をつぶすことにしました。 ラマイのテスコ・ロータスはすでに体験済みだったので、今度はチャウエンビーチ側のTesco Lotus Samuiです。 店の造りや取り扱っている商品はラマイの店舗とほとんど同じですが、こちらは売り場面積がやや小さく感じました。 ただ、ガイドさんがお菓子やスパイスなど、商品をいろいろ詳しく説明してくれるのでとても楽しめました。 お土産のために空けておいたスーツケースは、ここでの買い物でいっぱいになりました。

カオフアジューク寺院:Wat Khao Hua Jook


カオフアジューク寺院
空港のそばの高台にある寺院です。 空港に到着した飛行機の窓から見える金ぴかの建物がここです。 屋上(?)からは空港から飛び立つ飛行機、チャウエン・ビーチと周辺の市街、ビッグ・ブッダまで見渡す大パノラマが広がります。 屋上に登るには入場料が必要、ですが窓口に誰もいないときもあります・・・

タイ料理レストラン クルア・ボプート:krua bophut


タイ料理レストラン クルア・ボプート
タイ料理レストラン クルア・ボプートの店内
昼食は、ボプットビーチ沿いにあるクラシカルなタイ料理レストラン:クルア・ボプートで摂ることにしました。 開店が13:00からなので、時間を調整して開店直後に入店。 豪華な木造のインテリアの中、窓からビーチを眺めつつ、タイの民族衣装(?)に身を包んだスタッフのサービスで、優雅に食事をとることができます。 おもにシーフード料理を3品と ココナツアイスクリームのデザート 、ビール&マンゴージュースを楽しみました。 開店直後13:15には入店したので料理も比較的早く出てきたのですが、それでも食事にはたっぷり1時間と10分はかかりました。 おかげでこの後の観光は早送りで進めることになりました。

ビッグ・ブッダ(プラヤイ寺院):Big Buddha temple/Wat Phra Yai


ビッグ・ブッダ(プラヤイ寺院)
ボプットビーチから車で約12分で到着。 どの観光ガイドにも載っている定番観光スポットです。 良くも悪くも写真で見た通り。とりあえず階段下からコミカルなブッダの顔を拝んだら、すぐ踵を返して車に戻ります。観光時間はたったの約4分! あたりにはいろいろなお店とお土産物屋が並んでいるので、時間があればこちらを眺めて回るのも面白そうです。

パイレーム/プラーイ レーム寺院:Wat Plai Laem


パイレーム/プラーイ レーム寺院
ビッグ・ブッダのすぐ近くにある寺院です。 派手なカラーの寺院と 観音像(?) は、かつて香港にあったタイガーバーム・ガーデンや、レパルス・ベイの寺院(?)を彷彿とさせます。 また、道のわきに作られた「 ブッダの足跡 」はハトのフンがついていたりして、余り手入れもされていない様子、どことなくおざなりな感じで哀愁漂います(笑)。 こちらもものの数分で観光を終えて、サムイ空港に向かいました。 空港到着は15:05分。ほぼ5時間をいっぱい使い切っての密度の濃い観光となりました。