アメリカズカップ 2016年 福岡大会を観戦する

  • 開催日:2016年11月18日(金)~2016年11月20日(日) 13:00~14:30 (18日は練習日)
  • 開催場所:福岡市中央区地行浜(じぎょうはま):福岡ヤフオクドーム前
  • 使用ホテル:ヒルトン福岡シーホーク

アメリカズカップ観戦計画

今回初めて日本、いやアジアで開催されることとなった、海のF1こと世界最高峰のヨットレース:アメリカズカップ(第35回)の予選となるルイ・ヴィトンカップ。 過去に東京で開催された「ボート・ショウ」で見たニッポンチャレンジ・チームの紹介と、「アメリカズカップ」トロフィーの現物展示が興味をもつきっかけでした。 その後長らく日本からの参戦はなく、すっかり忘れかけていましたが、今回まさかの参戦、さらに日本での試合開催。 ぜひとも見に行くべく観戦計画を立てました。 このページでは、レースそのものに関する情報より、観戦するのに便利な情報を集めています。
The final showdown: Louis Vuitton America's Cup World Series Fukuoka

YouTubeの大画面で見る

アメリカズカップ公式アプリをインストール

iPhone/iPadで使用できるアメリカズカップ公式アプリが公開されています。 関連ニュース記事、各大会での成績、今後のスケジュールが読めます。 さらに「AC+」に参加(ログイン)してアプリ内課金で大会ごとに960円を支払うと、試合の実況データやビデオも楽しむことができます。
  • America's Cup

    America's Cup スポーツ 無料(アプリ内課金あり)

    海のF1とも呼ばれる世界最高峰のヨットレース:アメリカズカップの公式アプリです。 今回16年ぶりに日本からのチャレンジもあり、2016年の本戦は盛り上がる予感。 当時巨大な銀のトロフィーとヨットのスピードに魅了されたファンも、新たに興味を持った人も、このアプリで最新情報をゲットしましょう。

飛行機の予約

11月の飛行機チケットの発売は8月末。まだ試合の詳細もなにもわからないまま、とりあえず飛行機とホテルを確保しました。 日程は11月18日(金)~11月20日(日)の2泊3日。利用ホテルは会場の真ん前にあって、今回のオフィシャルホテルともいえるヒルトン福岡シーホークを選びました。 9月4日にANA SKY WEB TOURの往復飛行機+ホテルのプランを申し込み、2人での料金は、東京発で12万4千円ほどでした。

選手と会える:ヒルトン福岡シーホーク

ヒルトン福岡シーホークは、選手やスタッフなども宿泊したホテル。 レストラン やロビーではそこかしこにアメリカズカップのロゴが入ったウェアや、関係者パスを身に着けた人であふれ、選手にもすれ違ったりしました。 高層階行きエレベーターの扉にはレースの写真があしらわれ、宴会場や高層階にあるラウンジでは、連日関係者向けのイベント等が開催されていた模様。
また日中はロビーでグッズ・アパレルの販売もありました。 一日中アメリカズカップにどっぷりつかりたいなら、このホテルの利用がおすすめです。
なお、我々はホテルの都合で30階のエクゼクティブ・ツインにアップグレードしたのですが、昼は軽食、夜はアルコールが無料で自由に楽しめるエクゼクティブ・ラウンジが利用できてとてもGoodでした。 33階のエクゼクティブ・ラウンジからは、アメリカズカップの会場もよく見えます。

観戦チケット

9月末にたまたま見かけた 福岡市 サイトの情報で10月1日(土)13:00からの観戦チケット発売開始を知りました。 当日は13:00きっかりに近所のローソンに駆けつけ、 2Daysチケット\8,000 を確保しました。 しかし、ただ砂浜に入るだけにこの価格、ちょっとお高くありませんかねぇ。
また、会場真正面にあるホテル ヒルトン福岡シーホークでは、練習日の18日を含め、複数のレストランで 観戦つき応援特別メニューが準備されたようです。 おいしい食事のあと、ヒルトンホテル最上階にあるスカイチャペルでレースが観戦できるプランです。
なお、チケットは入場時にリストバンドに交換して腕に着けます。このリストバンドを見せれば、会場への出入りは自由です。 山ほどグッズを購入しても、ホテルの部屋に戻って置いてくることができます。

テレビ放送・YouTube

下記の日程で、レースの様子がテレビ東京で放送されました。
11月19日(土)午後4時~午後5時15分(テレビ東京系列全国ネット)
11月20日(日)午後4時~午後5時15分(テレビ東京系列全国ネット)
CSスポーツチャンネル:GAORAでは11月30日、12月6日、12月14日に福岡大会の様子が放送されます。 また、YouTubeにも公式チャンネルが開設され、ビデオが楽しめます。 また上にも書きましたが、 アメリカズカップ公式アプリ のアプリ内課金でも試合のビデオ(開催地域ごとに約90分×2本)を楽しむことができます。
Mind and machine: Creating an America's Cup challenger

YouTubeの大画面で見る

レース会場へのアクセス

公式サイトにもアクセスの説明はありますが、 会場の目の前のホテル、ヒルトン福岡シーホークのアクセス紹介ページが詳しくて役に立ちます。 これによると空港からのおすすめコースは、地下鉄で空港-博多駅(5分)へ移動し、西鉄バスで博多駅バスセンター-ヒルトン福岡シーホークホテル前(約20分)だそうです。 博多駅バスセンターからは、バス停「博多バスターミナル」6番乗り場から【行き先番号306:福岡タワー(TNC会館)、藤崎、藤崎・金武営業所】に乗車します。 その他、行き先番号300・301・303・305でもOKです。 下記の「にしてつバスナビ」アプリの利用が便利です。 西鉄バスの料金は交通系ICカード「nimoca」が使用可能。 地下鉄(福岡市交通局)の料金は交通系ICカード「はやかけん」が使用可能。 どちらも「Suica」をはじめとした全国の交通系ICカードも使えます。
なお、天神のルイ・ヴィトン福岡店ではアメリカズカップデコレーションが行われ、アメリカズカップのロゴをモチーフにした限定アイテムの販売と、12日~16日(14時~17時)の間、時間を限って「アメリカズカップ」の展示が行われました。 また地下鉄の駅には ポスター が掲示されたりしました。
  • にしてつバスナビ

    NISHI-NIPPON RAILROAD CO.,LTD. ナビゲーション 無料

    「西鉄バスは分かりにくい!」というお客さまのご不満を解消すべく、開発いたしました。目的地までのバスを、地図や位置情報を利用して直感的にお選びいただけます。これまで公式Webサイトのバスナビでは、直通のバス情報しかご案内できておりませんでしたが、西鉄の"バス+バス"、"バス+電車"の乗り換えなど、さらに便利なルートをご案内いたします!このアプリで西鉄のバスや電車をもっと身近に感じていただければ幸いです!

近辺の移動にはレンタサイクルも使えます。

練習レースの見学

今回18日(金)は公式練習日ということで、チケットの販売もなく、観戦エリアにも入れなかったのですが、会場の隣、福岡タワーのある「ももち海浜公園」から良く見ることができました。 はたしてファン・サービスだったのか、たまたま風向きのためか、ももち海浜公園の東寄りの沖にスタート/フィニッシュラインが設定され、人も少ないため砂浜から良く見えました。 練習レースは13:00頃から14:30頃まで4レース(トライアルレース3本、予備レース1本)実施され、沖には本番同様多くの見学艇も来ていました。 しかし残念ながら天気は下り坂、13:00には晴れ間も出ていたのが、ほんの1時間程度で本降りとなってしまいました。 なお、各チームはそれよりずっと前から艇を出して思い思いに練習していました。

入場/当日券

入場の列は、ヒルトン福岡シーホークの西隣、樋井川沿いの小さな公園に作られました。 開場時刻は両日とも予定の10:30から前倒しされ、土曜日は10:20、日曜日は10:00より入場開始となりました。 見学場所取り、グッズ購入ねらいで早く入りたいなら、09:00~09:30頃には列につく必要があります。
一方、気軽に楽しみたいのであれば、11:00頃到着すれば、ほとんど並ぶことなく入場できます。
また、両日とも当日券の販売もあったようです。ゲートの左にチケットブースが設けられ、呼び込みを行っていました。

グッズ/公式パンフレットの購入

当日は会場の物販エリアで、多くのアメリカズカップグッズ、アパレルが販売されました。 事前に公式サイトで発表された「大会公式グッズ」「SoftBank Team Japan公式グッズ」の他にも3~4のブランドがロゴ入りのアパレルを販売していました。 グッズの購入のベストタイミングは、初日の開場直後です。 初日は、開場直後から各物販ブースに列ができ、時間が進むにつれ列は長くなり、レース後の15:00頃がピークとなります。 翌日も開場直後から列が伸び始めますが、お昼ごろには売り切れが出始めます。このため列は短くなりますが、買えるものも限られてきます。 いずれも開場直後にお目当てのブースに並べば、10分程度の待ち時間で購入できると思います。
また、公式パンフレットが、各物販ブースで1冊1,000円で販売されていました。
なお、ヒルトン福岡シーホークの4Fロビー、エレベータの近くでも、09:00過ぎからグッズ、アパレルが販売されました。 種類は限られていますが、会場よりずっとゆったりと買い物できます。 アパレルは随時補充されており、サイズがなくてもあとで追加されたりします。

見学ポイント

今回会場にはスタンドなどの設置はなく、砂浜がそのまま見学エリアとして使われていました。 このためレースをよく見るには、早く入場して、砂浜に設けられたフェンスの前に陣取るしかありません。場所取りが必要です。 また、逆に、物販・飲食エリアにある並木まわりが一段高くなっているので、ここに陣取っても、比較的よく見えます。 (ただしテントなどにさえぎられて、全部は見えません)

両日とも前日までの悪天候の天気予報とは打って変わって、晴れ間も見える好天に恵まれました。 気温もなんと20度まで上がり暖かい11月。観覧艇は170艇、陸上の観客は6,000人を超えたとのこと。 1日めはそこそこ風もあり、各艇ともフォイリング(水中翼を使って浮上航行すること)する姿が楽しめました。
また会場の東端にはステージと大型スクリーンが設けられて、開会式&ドックアウトショーなどのイベントの他、レース中はオンボードカメラの映像なども組み合わせて映像で解説も行われました。 初日のドックアウトショーでTeam Japanのメンバー紹介時には、SoftBankの孫 代表も駆けつけて応援していました。 そして両日とも、レースの前、12:00からは砂浜の目の前で RedBullエアショー が行われました。迫力の曲芸飛行も楽しめました。
アメリカズカップ 2016年 福岡大会 Team Japan トップ

YouTubeの大画面で見る

当日のイベントの日程

イベントは、レースの他にもいろいろ準備されていました。
11月19日(土)
時刻イベント説明
10:30開場実際には10:20となった
11:00開会式&ドックアウトショーPepperによる開会宣言、「アメリカズカップ」トロフィーの展示、全チームメンバの紹介。SoftBank Team Japanの紹介時にはソフトバンクの孫氏も登場。
12:00RedBullエアショー飛行機による曲芸飛行
13:00レース1~レース3本戦:第1~第3戦の3回実施。
15:00ステージイベント
17:00閉場
11月20日(日)
時刻イベント説明
10:30開場実際には10:00となった
11:00ドックアウトショーPepperによる開会宣言、全チームメンバの紹介。Softbankホークスのキャラ、ハリー、ハニーも登場。
12:00RedBullエアショー飛行機による曲芸飛行
13:00レース4~レース6本戦:第4~第6戦の3回実施。
15:00ステージイベント
16:00表彰式
17:00閉場
Louis Vuitton America's Cup World Series Fukuoka Event Highlights

YouTubeの大画面で見る
America's Cup World Series Finale in Fukuoka

YouTubeの大画面で見る

第35回アメリカズカップの日程

バミューダ諸島で実施されるQUALIFIERS、CHALLENGER PLAYOFFS、本戦のチケットは、2016年12月9日から発売開始となりました。
No.日程大会説明
12015/07/25- 2015/07/26Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
PORTSMOUTH
予選シリーズ。英国・ポーツマスで実施。参加6チームの一斉参加レース。各回4~6戦実施。ポイント制で順位を決する。
22015/08/29- 2015/08/30Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
GOTHENBURG
予選シリーズ。スウェーデン・イエテボリで実施。
32015/10/17- 2015/10/18Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
BERMUDA
予選シリーズ。バミューダ諸島で実施。
42016/02/27- 2016/02/28Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
MUSCAT OMAN
予選シリーズ。中東オマーン・マスカットで実施。
52016/05/07- 2016/05/08Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
NEW YORK
予選シリーズ。ニューヨークで実施。
62016/06/11- 2016/06/12Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
CHICAGO
予選シリーズ。シカゴで実施。
72016/07/23- 2016/07/24Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
PORTSMOUTH
予選シリーズ。2回目のポーツマスで実施。
82016/09/10- 2016/09/11Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
TOULON
予選シリーズ。フランス・トゥーロンで実施。
92016/11/19- 2016/11/20Louis Vuitton America's Cup WORLD SERIES
FUKUOKA
予選シリーズ。福岡で実施。
102017/05/26- 2017/06/05Louis Vuitton America's Cup QUALIFIERSチャレンジャー選抜レース。参加6チームの1対1総当たり戦が2回。バミューダ諸島で実施。
112017/06/07- 2017/06/12Louis Vuitton America's Cup CHALLENGER PLAYOFFSチャレンジャー選抜レース。上位4チーム(防衛除く)の1対1決勝戦。5戦先勝。バミューダ諸島で実施。
122017/06/17- 2017/06/27AMERICA'S CUP MATCHアメリカズカップ本戦。防衛と上位1チームの1対1決勝戦。7戦先勝。バミューダ諸島で実施。

次回第36回アメリカズカップの日程

2017年1月25日に、今後のアメリカズカップのFramework Agreementが公表されました。 これによると、今後第36回と第37回は2年ごとに開催されることになりました。 第36回(AC36)は2019年、第37回(AC37)は2021年に開催されます。 第36回のThe America’s Cup World Series (ACWS) は、2017年のQ4にはスタートする見込みです。 ボートは第35回(今回)使用されたものと同じAC45Fが使われます。 2018年には、ボートを第35回のQUALIFIERS戦以降で使用されたAmerica’s Cup Class (ACC)に切り替え、その後AC45Fは使用されなくなります。 しかし2017年9月28日に正式発表された36th America’s Cup Protocolによると、上記Framework Agreementとは全く異なるものになっています。 第36回アメリカズカップは2021年3月に開催。 その前のチャレンジャー戦はプラダがスポンサーとなり、 The PRADA Cup Challenger Selection Seriesとして2021年1月~2月に開催。 さらにその前には2020年12月10日~20日にAmerica’s Cup Christmas Raceが開催されます。 またAmerica’s Cup World Series Preliminary Eventsが2019年後半から全部で5回、世界で開催される見込みです。 またボートも双胴艇ではなくモノハルのAC75クラスを使い出場国での建造が必要。許されるのは2艇まで。 選手もチームの20%または3名が出場国国籍であることが求められています。